FC2ブログ

すっかり書きそびれてましたが、
「笑点」でお馴染み 桂 歌丸師匠が、慢性閉塞性肺疾患のため、今月2日に亡くなりました


昨年。
しばらく本堂の修復工事をしていた松島の瑞巌寺が、
修理後の落慶法要として、歌丸師匠の落語会を開いたんですよね。
・・・・行けなかったのが悔やまれます(T_T)

今年4月。
仙台に出来た念願の常設寄席「花座」の、名誉館長にもなってくださっていました。

  花座 花座


歌丸師匠は、宮城へ毎年来てくれる貴重な噺家サンの一人でした。


「抜け雀」や「ねずみ」「竹の水仙」・・・・いろんな噺を楽しませていただきました。

数年前から、円朝(※明治時代の噺家で、怪談の名手)の落語に取り組み出し、
ここ何年かは「真景 累ヶ淵」という長い長い怪談噺を一話ずつやってました。

入院のために“公演延期”なんてこともあり
一年一話じゃ、死ぬまでに終わらないかもしれん!ということになって(←本人が云ってマシタ)
ここのところ、一年に二回来てくれたり・・・・・で、
一昨年、無事完結!

やぁ、終わって良かった良かった!
毎回人が殺されて死ぬ噺なんざ、途中で終わったら気持ちが悪いよ~と思ったもんです。


「真景 累ヶ淵」が終わったあと、昨年も来てくれました

で、
長い怪談噺が終わった師匠がやったのが、「塩原多助」・・・・の第一話
継母やその愛人に殺されかけ、愛馬に助けられた多助少年が、家を出るまでの話。


・・・・・・・・・・(-_-)

歌丸師匠!!

続きモノちゃんと終わらせていってよ~っ!!!


   ご冥福をお祈りいたします。 
関連記事
スポンサーサイト

7月なのに

酷暑到来

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)