FC2ブログ

年に一度、眼科の世話になる私。
春のパン祭り時期に合わせ、眼がカユイ~頭が重い~肌がガサガサ~という恒例の症状に(T_T)

カルテを見ながら「今年も来たね?」とにこやかな看護師サン。

スミマセンね。年に一度の七夕のような患者で(^^;)
眼は良い方だし通常は用事はないんですよね。

産まれてこのかた“眼は良い”が自慢の私でしたが、このところ・・少し前から・・・イヤだいぶ前から、気のせいか新聞が読みづらくなってきました。
世間的には、そんなお年頃。
気のせいかも読みづらくなりました。・・・・気のせい気のせい(-_-;)

眼科で一通りの検査後、
看護師サンに「そろそろ眼鏡作りますか?処方箋だす?」と訊かれました。
むむ・・・・まだ大丈夫な気がするのよね・・まだ本だって読めるし・・・・読むのだいぶ遅くなったけど。
本当に遅くなって、読む物リストの山がどんどん高くなっているけど。


本といえば。

ブログ横に、応援している「ゆめプロジェクト」のバナーを貼っています。
津波によってなくなってしまった陸前高田市(岩手県)の図書館を再建しようというのが目標で、古本を送ってそのお金で図書館を建設する・・というプロジェクトでした。

今年3月11日。「ゆめプロジェクト 新たな歩みを始めています。」というメールが来ました。
昨年7月に念願の図書館再建になった・・・とのこと。

  ゆめプロジェクト
  メールより

新しい図書館!
いいな~!キレイ~!明る~い!!(^o^)

当初の目標の図書館は出来ましたが、プロジェクトは今後も続くそう。
これからプロジェクトの寄付金は、書籍購入費等のために役立てられるそうです。


メールは、こう結んでいました。

こうして日本中の「少しでも被災地の皆さんのお役に立てればうれしいです。」という気持ちによって、素敵な図書館を再建することができたことに、私たちもとてもうれしく感じております。

これからも、皆様のあたたかなお気持ちを確実に陸前高田市へ届けられるように真摯に取り組んでいきます。

これまでに本当にたくさんの大切な本をお贈りいただきありがとうございました。


  ゆめプロジェクト
  メールより 2017年撮影

「たくさんの大切な本」なんて、ハードカバーは買わない私の本なんて、申し訳ないくらいお金にならなそうな文庫本ばかり。
そのうえ読むのが遅くなったケド。

3月に引越しを控えている方へ。
必要なくなった本の処分にはこんな方法もありますよ(^^)

   「陸前高田市図書館ゆめプロジェクト」→http://books-rikuzen.jp/index.html


・・・・やっぱり眼鏡を作るべきか?(^^;)
 
関連記事
スポンサーサイト

三寒四温

7年目に

comment iconコメント ( 2 )

ゆめプロジェクト
本当に良かったですよね。
最近、きとさんよりも、もっともっと目が悪くなり、さっぱり本を読まなくなりました。
古い本はボロボロで、とても売りに出せる状態じゃないし、娘につきまとっては、「ねえ、何か売れる物なーい?」と言って嫌がられています(笑)

名前: 万見仙千代 [Edit] 2018-03-16 21:40

Re:

万見仙千代様

良かったですね(^^)
昔から“本の虫”なもので、図書館がなくなったのは本当に寂しいよな~と思っていたので・・・再建されて良かったです!

娘サンは視力は大丈夫?
じゃあ私の分もがんばって読んでプロジェクトに送って下さいね~(笑)
 

名前: きと [Edit] 2018-03-16 23:21

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)