続けて閖上の話。


ゆりあげ朝市会場は、現在“野原の中”です。

以前は、家々が並ぶ、よくある海辺の狭い町並みを、
道を一本間違えては、笹かま屋・佐々直の看板を目印に、遠回りしたりしていました。

朝市会場から見える小高い丘は、日和山。

  日和山1 朝市から日和山を望む

今は、どこからも道を間違えようがない見晴し。
野原・・・空き地。

ずっと、よそ者の私がカメラを向けることが出来ませんでした。
バイクで来たお兄サン達が写真を撮っている姿に、今を撮ること知って貰うことって大切だよね・・・とは思いました、が、
それでも、何度来ても撮れませんでした。

・・・・・・やっと写真が撮れました。

日和山
  日和山2
  今は、閖上の象徴、かな。

瓦礫が無くなって、マシになった、といえるのかもしれません。
けど、まだやっぱりこの景色に慣れません。
今やTVで見慣れた光景になってしまった?
前を知らない人には、ここに住宅がザ~ッと並んでいたとは思えない、かも。

変わりすぎて、風景が重ならない。

山の上には神社が。
 日和山4
  
  (クリックすると大きな画面で見られます)
   日和山5

名取市、新聞等を読んでも、進捗状況は芳しくないようです。
今月になって都市計画が出ていたケド・・・本決まりしたのかな。
まだ“計画”。あれから2年4ヶ月。

朝市は戻って来たけど、人は戻って来るのかな。
この野原どうなるのかな。

  日和山3 日和山から閖上を望む

よそ者ですけど、よそ者として、見守っていこうと思います。

関連記事
スポンサーサイト

弟たちの近況

朝市に行く

comment iconコメント ( 4 )

ご無沙汰していました。
ごめんなさい。
お元気でしたでしょうか。

その後の震災後の様子、
政権が変わっても、あまり変化なしでしょうか?
あれから2年4ヶ月ですもんね。

何も出来ずに、わたしもおります。
皆さんが早く元気になりますことを祈るばかりで・・・
ごめんねぇ~

名前: くぅ [Edit] 2013-07-25 08:25

Re

くぅ様

こちらこそ、ご無沙汰しております。

そうですねぇ・・・あまり目に見えて変化はしているようには・・・・・・。
見えなくても、内部では動きが活発になってる!というような事を祈りたいですが(^^;

以前、折鶴つくりを手伝っていただいた仙台七夕がもうすぐ(8月6~8日)です。

名前: きと@管理人 [Edit] 2013-07-26 22:26

はじめまして

こんばんは。
『閖上』は震災があるまで全く知らない地名でしたが、あの日、叔父が閖上街道で津波に遭い亡くなってからは、私にとっては特別な場所になっています。
見覚えのある日和山と閖上の写真をみて、私の知らない震災前の閖上の風景を想像しました。

息子が仙台で暮らしているので、こちらのブログで仙台の情報を色々チェックし始めたのがきっかけですが、いつの間にかきとさんのハッキリとした語り口のファンになってしまいましたよ。

名前: ドルチェ♪ [Edit] 2014-02-14 23:40

Re

ドルチェ♪様

お越しいただき、コメントありがとうございます。
またお褒め頂きありがとうございます。
“ファン”なんて云っていただけたのは初めてです。素直に嬉しいです(^^)

・・・そうですか。叔父様が亡くなられたのですか。
お辛い体験ですね。
お察しします・・・とは気軽に云えませんが、どうか笑顔で叔父様の事を思い出せるように、お祈りいたします。

閖上のあの辺りは、雑草だらけの空き地ばかりになり、今でも家並みが戻る事はありませんが、
朝市会場の建物が出来上がり、朝市だけでも人が戻り、賑わうようになりました。
防波堤計画が出来、少~しずつですが、やっと動いているみたいです。
ぜひ機会がありましたら、お越しください(^^)

息子さんが、仙台で楽しく過ごせますよう、仙台を好きになってくれますように!

名前: きと [Edit] 2014-02-15 18:36

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)