多賀城の「あやめまつり」へ行ってきました。
   多賀城市(タガジョウシ):仙台の東隣のまち。
    都が平城京だった頃に建った多賀城跡がある(今は原っぱに柱跡)

多賀城跡あやめ園。多賀城碑や東北歴史博物館のすぐ近く。

3年ぶりの開催です。
震災後お休みしていました。
多賀城は海沿いの町です。

  全国各地から支援をいただき町の佇まいも戻りつつあるなかで3年ぶりに開催します。百花繚乱のあやめ園から元気な姿を発信します。(パンフレットより)
・・・・だそうです。

  あやめ園
   あ、ウチの“おのくん”はお留守番。
   里子に出した友人のおのくんにモデルになってもらいました。

約200種・200万株 ← 書いてあるものによって数が違う(^^;)
前日の雨で、花弁がシナッとしている花もありますが、ちょうど見頃。
白青紫のグラデーションが綺麗ですねぇ。

列ごとに並んでいる同じ品種。名札を見るのが面白い♪
一つ一つ色んな名前がついてます。
「清少納言」「白鷺」「末の松山」「琴の夕日」・・・たまに「ええ?何でその名前?」ってのも。
名付け親は品種改良した人なのかな。
名前考えるの、楽しいだろうなぁ。
「江戸系」とか「肥後系」とか「古種」とか・・菖蒲にも色々系列があるんですね。

   あやめ綺麗 匂い無いんだね

「多賀城あやめまつり」7/7まで。
まだ蕾の株もあったので、もう少し楽しめそう。


ところで、アヤメと花ショウブの違いってどんな??

 
関連記事
スポンサーサイト

旅立ちの日

母の想い

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)