FC2ブログ

先日、三陸・大船渡(おおふなと)へ行ってきました。

三陸へ行ったと云うと、「え?北三陸市?」と云われました。“北三陸”という市町村はありませんよ~。
“三陸”とは、宮城~岩手のリアス海岸沿いのことを云います。
朝のドラマのあのモデルは久慈市です。
岩手は北海道に次いで2番目に大きな県。しかも南北に長い。
一口に“三陸”と云っても、久慈あたりは宮城からは遠いです(^_^;)


碁石浜。
  碁石海岸 誰もいない浜で佇んでみる

名の通り、碁石のようにツルツルの丸い綺麗な石の浜。

私の知っていた浜より小さくなりました。
穏やかな海。

浜の横を通る道沿いの建物はなくなり空き地になっていましたが、
坂を登ってすぐの市立博物館は無事。開館していました。
ここのメインは、巨大な地層のレプリカ群。
誰もいない博物館で、地層のレプリカや三葉虫の化石・・・自分がどこに居るのか分からなくなりそう。

碁石海岸は、自然が作り出した、それぞれに名前の付いた岩や島などが点在する絶景の地。
その後、碁石岬まで行こうと思っていたのですが・・・・・・運転疲れで歩けません。断念。
大船渡、鉄道でも車でも遠いわ~(泣)

鉄道といえば、南リアス線が今年4月に盛駅~吉浜駅まで運転再開したとか。
もらった観光案内冊子には、白地に赤と青のラインの新車両の写真。
支援をしてくれたクウェート国旗の色なんですね。とても可愛い(^^)


それにしても。立ち寄った「道の駅さんりく」で、“浜どこラーメン”も“めかぶ丼”も、それどころか“柿ソフト”も食べられなかったのが悔しい。
何しに行ったんだ私!?

また行かなきゃ。
次は三陸鉄道に乗ろう。


  (三陸の旅、続きます)
関連記事
スポンサーサイト

そして釜石

夏の声

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)