仙台市博物館で「プライス・コレクション展」をしています。
5月6日迄。
プライス・コレクションというのは、米国に住むプライス夫妻が集めた日本の貴重な美術品の数々。
大きな呼び物にもなっている伊藤若冲のほか、鈴木其一や長沢芦雪、円山応挙、河鍋暁斎・・・私でも知っているようなビックネーム揃いです。

ただ、ひたすら、スゴイな~スゴイな~スゴイな~と感動しました。
どこがどうスゴイのか理解しているとは云えませんけど、ね(^_^;)
ず~っと見ていても飽きない。
スゴイ絵を見られる幸せ。


今この時期に東北にコレクションを持って来てくれたのは、プライス夫妻の・・・何と云っていいのか、まごころ、かな。
開催に際してプライスさんのインタビュー、
「テレビに映る東日本大震災の惨状を夢中で見ていました。募金運動がすぐ始まったのでよく出席していましたが、“これでいいのかな、お金だけ送って”と常に考えていました。
そんなとき瓦礫の中から顔を出した梅の枝に白く花が咲く光景を見て衝撃を受けました。なんて美しいのだろう。私にも力が出てくるのです。美しいものを東北の人に見せてあげたい。この梅と同じ慰めと安らぎを、皆さんの心に送り届けることになるかもしれない・・・。」

コレクションを被災地に持って行くと云いだした時、周囲には反対されたそうです。
何があるか分からない。危ない。
でも暴動が起きるどころか、一つのおにぎりに礼を云い、分け合って食べる姿を見て、誰も反対しなくなったのだそう。
・・・みんな必死だったけど、暴動が起きるなんて考えもしなかったなぁ。
なんだか泣きそうになりました。

会場にご夫妻の姿。
コレクションを持ってきていただいたことが本当に嬉しい、と伝えようと思いました。
何人もの人が、握手をし、お礼を云っていました。
たぶんみんな同じ気持ち。

   若冲が来ました


前期が見れなかったので、福島会場に見に行こうかなぁ。
    5月18日~7月15日 岩手県立美術館
    7月27日~9月23日 福島県立美術館

関連記事
スポンサーサイト

元気!

精鋭たち

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)