ラダック舞踊団

もう一つ、少し前に観た舞台の話をば。

偶然見つけたチラシに「無料ご招待」とあったので、往復ハガキ申し込みをしてみました。
応募しといてナンだけど・・・・ラダックって何だろ?

どんなものなのかすら分からないケド、
知らないものを見てみたい欲が勝ってしまうのよね~(^^;)

チケットが当たりました。 あまり応募者がいなかったのかも・・・

  ラダック舞踊団

インドの中でチベット文化が色濃い地域の、歌と踊り・・・のようです。

チベットというと中国の一部になってしまった地域・・・という程度の知識しかありません。
そういえばダライ・ラマが亡命していたのもインドでしたね。


他で公演をしたことがないのか、舞台での進行に慣れていないもよう。

初めに、日本人の中年(以上)の男性が、舞台上にトトトと出てきて、
これから見ていただくラダックとは~と説明。
説明?
私が初めてこの地を訪れた時は~とか、昨日は温泉に泊まったんですよ~とか・・・・
オジサン・・・・そもそも自分がナニモノなのか名乗ってくれぃ(-_-)


オジサンが下がると、民族衣装を着た男性3人が舞台上下手に座って、
太鼓や鳴りモノ(←名称が解らない)の演奏

艶やかな衣装の女性が1人、その隣で
高音!

曲に合わせて、民族衣装の女性4人が出てきて並んで踊り~
1曲終ると次の曲、で、これまた民族衣装の男性4人が出てきて踊り~

並んで円を描くように踊る様子は、盆踊りのようです。
曲によって、花を持っていたり水差しを持っていたり。

MCはなし。
ただ黙々と、曲と踊り・・・・・・・・(-_-)

そして最後には、出演者全員と客席から上げた人達とで踊り。

  ラダック舞踊団 ここは写真OKだった

高い女性の声が、インド映画なんかで見る独特の女性ボーカルの歌の感じですが
曲調はゆったりめで、どことなく日本の民謡のような、
懐かしさを感じる、馴染みある曲のような~不思議な音楽でした。

チベット文化の知識はありませんが、
日本と近い感じがするのは、同じように仏教が基盤にあるから・・なのかな。

 スミマセン。詳しい方、違うよ!という場合教えてください。

聴いた事ない音楽と、見た事ない踊りを観られて、面白かったです。

ケド、

 この人達がどの辺の人達なのか?
 舞台に出るような芸能の人達なのか?
 インドのチベットとはどんな所なのか?
 曲はどういう時に歌う曲なのか?どんな意味なのか?

ま~ったく判らず・・・・。

興味を持って自分で調べろってことかしら~(-_-)

  ラダック舞踊団

舞台上、上に掲げられている看板を見ると、このイベントはインド政府が噛んでいるということは判りました。
タージマハルの写真に「インド政府観光局」の文字。

今年は「日印文化協定発効60周年」なんだそうです。

昨年、インド首相が訪日した際に、A首相との間で
「2017年を日印友好交流の年とする」と合意したんだそう。
日本・インド両国において、様々な交流事業をしている・・とか。

2017年、今年あと3ヶ月。
私は、他にインド文化に触れる機会はなかったけど~?(^^;)
他地域では“様々な交流事業”が、あったのでしょうか?
 
スポンサーサイト
Tag: 音楽

クラシック×ポップス

  アイシテルセンダイ

仙台フィルとMONマジ2人のコラボ。
4人中2人って・・・・あと2人くらい出してやれよ(笑)

仙台フィルのコンマスと2人が親交があって
「いつか一緒にやりたいね~」という話から実現した・・・らしい。

楽器が必要ないので、手ぶらの2人。
手をどうしていいか分からず
オーケストラ前で、手を前に組んだり後ろに組んだりしている姿がなんとも(^^)
 
Tag: 音楽

おしゃべりコンサート

むかし仕事でお世話になった人から久々の電話。
「クラシックのチケットあるけど興味ある?」
興味あります!好きです!

「聞きに行きそうな人~と考えていたら貴方のこと思い出したのよ」とのこと。
よくぞ思い出してくれました。
真面目に仕事していた甲斐があったというもの(←?)

  ・・・・前置き長すぎ(^^;)

そんな訳で、先日“この人”のコンサートへ行きました。

  おしゃべりコンサート

はい。
右の“この人”はゴーストライターで有名になった“あの人”
自己紹介は「・・あ・・え~と・・・元ゴーストライターです」から始まりました(爆)

バイオリンとピアノ。二人コンサートです。

  チャールダーシュ (Vモンティ)
  ゴリウォーグのケーキウォーク (Cドビュッシー)
  わが母の教え給いし歌 (Aドヴォルザーク)
  ヴァイオリンソナタ第3番 (Eグリーグ)

  即興曲 (新垣隆)
  ロンド (新垣隆)
  ひばり (Gディニク)
  白鳥 (Cサン=サーンス)
  黒鳥の歌 (Hヴィラ=ロボス)
  哀しい鳥 (新垣隆)
  ツィゴイネルワイゼン (Pサラサーテ)


副題は「おしゃべりコンサート」となってますが・・・・おしゃべり?

バイオリニストさんは、ラジオ番組を5年程続けているのだそうで、
お喋りもこなれたものです。
ま、元々女性の方が男性よりお喋りが達者な人が多いのかもしれませんが、
それにしても、影武者氏 新垣氏、口数少な・・・・・(^^;)

 「ええ・・・」「あ、はい・・・」「そうですね・・・」
柔らかく、ゆっくり、ボソボソと。

軽口でテキトーに返すことをしない。
本当に真面目な人なんですねぇ。
喋るのが下手というか、訊かれたことに対して真面目にいちいち考えて話すから、そんな返しばかりなんだな。

だいたいですね、
年齢の話で、「福山雅治サンの1コ下です・・・」と云ってから、「すみません」「すみません」と何度も謝るのはヤメましょう。
誰も怒ったりしてませんって(笑)

朗らかなバイオリンさんと、真面目に答えるけどどこか可笑しいピアノ氏の“おしゃべり”。
大爆笑ではないですが、クスクス笑える掛け合い。


演奏もとても良かったです。

本当に良かったです。

なんてキレイ~(#^.^#)

「即興曲」で、綺麗な曲だな~と聴いていたら、
途中・・・ハテ聞いた事ある節」?と思ったら「青葉城恋歌」のアドリブ。
地元向けですね?
・・・と思えば、
続けてメロディが、誕生日の近いバイオリンさんに向けて「ハッピーバースデー」。

「ひばり」という曲を演奏する前に、
「“ひばり”と云えば美空サンですね」と云ってしまい、バイオリンさんに「じゃあ美空さん入れてください」と無茶ブリを受け。
「えぇ・・?自信ありません」と云っていたのに、曲中、しっかり美空ひばりの曲のアレンジを入れて演奏する余裕。

華やかで楽しげで。
いいなぁ。この人ピアノ弾くのが大好きなんだろなぁ(^^)


勤めていた大学に辞表を出した時に、学生達が反対署名を集めたという報道がありましたっけ。
真面目な人柄といい、この綺麗なピアノ音といい、
・・・・なるほど。

つくづく・・・・あんな風に有名にならなければ、ねぇ(>_<)


終わって大拍手。
アンコールで2回も演奏してくれました。

クラシックのコンサートというか・・
堅苦しさの一切ない楽しい演奏会でした。

 
Tag: 音楽

冬の唄

ろくサンと散歩をしていたら、上からクオォクオォと聞こえてきました。
今年も近所に白鳥がやって来たようです(^^)

もうそんな季節。
少し前から灯油巡回車も来るようになりました。

    あったかいな うつら・・うつら・・

 ・・・・もしかして、西側には無いのかな?
トラックで、“来たよ”と分かる音楽を鳴らしながら、灯油を売り歩く“流しの灯油売り”
決まった曜日に来るので、通り沿いにポリタンクを出しておくと入れてくれます。
店頭より相場は高いですが、雪の中、ポリタンクを家まで運んでくれたりもするので、
年寄り・女子供世帯には助かるシステム。

「来たよ~」と判るように、音楽を鳴らしながら走ります。
トラックによって、「めだかの兄弟」だったり「どんぐりころころ」だったり「春の小川」だったり・・・・他にもあったような(^^;)

    ん?なに? ・・・ん?なに?

先代ワンコ・あるサン
なぜか「春の小川」にだけ、激しく反応。
遠くから音楽が聞こえてくると、通り沿いの、車の見える所まで出て行って・・・・

  ワン ワン ワン ワン ワン!!!

必ず吠えたんです(>_<)
「春の小川」の運転手サン(売り子サン)に何かされた・・という事実はありません。
理由は解らず。

ちなみに、他の音・・・豆腐屋サンとか焼きイモ屋サン、救急車には吠えません。

では、その「春の小川」の曲が悪いのかというと、そうではないようです。
近所の犬で、他に吠える子は居ません。
あるサンだけ。
 ・・・・救急車に遠吠えする子なら居るけど(^^;)

 「春の小川」、ウチの前を通る時は少しスピードをあげて通り過ぎるようになりました。

    ・・・・ねむ ・・・・・・。

今のワンコ・ろくサン
なぜか「春の小川」にだけ、激しく反応。
遠くから音楽が聞こえてくると、通り沿いの、車の見える所まで出て行って・・・・

  ワォ~アオォ~ワォォ~オォオォォ~♪♪♪

必ず歌うんです(>_<)
えぇ、「春の小川」の運転手サン(売り子)に何かされた・・という事実はありません。
理由は解らず。

ちなみに、他の音では歌いません。


先々週、
家で寝ていたろくサンが、急にすっくと立ち上がり、どうした?どうした?と思っているうちに庭に出ていき、
・・・・・歌い始めました。

今年初めての「春の小川」でした。
・・・あぁ、今年も始まっちゃった・・・・一週間に一度、数秒間のリサイタル。別名・近所迷惑(-_-)
一年ブランクがあっても覚えているんだね。

 「春の小川」、ウチの前を通る時は少し音を小さくして通り過ぎます。

    ・・・・うつらうつら ・・・・・うつら・・うつら・・

 ろくサンの考えていることは大概分かっているつもりだけど、
 なぜ「春の小川」だけ歌いたくなるのかは、さっっぱり解りません
 亡くなったあるサンから、何か引き継ぎがあったの・・・・・?
 お願い教えて? あるサン。ろくサン。 

 

ジャズフェス

先週のこと。
仙台市街地では、秋の風物詩「ジャズ・フェス」がありました。

正式には、「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」
市民主催の、楽しい楽しい音楽のお祭り。
   画質をかなり下げて小さくしてますが写真多いです・・・・ゴメンナサイm(__)m

     ジャズフェス2014 (1)
     まずはインフォメーションでパンフを貰い

始まった当初、ジャズがメインだったので、名前は「ジャズフェス」ですが、
今では、ジャズに限らず、ロック・ブルース・R&B・アコースティック・ゴスペル・・・
・・・音楽なんでもアリです(^^)

タイトルの「定禅寺(じょうぜんじ)は、通りの名前。
始まった当初、定禅寺通りを中心に行われていたのですが、
今では、定禅寺通りはもちろん、アーケード街内・ビル前の空きスペース・駅前広場・公園・・・
・・・広~く、広~くやってます(^^)

    ジャズフェス2014 (2)
     市民広場ステージではビッグバンド演奏中♪

昨年は、
  参加バンド 733組
  ステージ数 92 (46×2日)
  参加者  5008人
  観客数  68万人 ・・・・・だったそう。

2日間、街ナカあらゆる所あらゆる音楽

  ジャズフェス2014 (3)
   なかなかの迫力♪♪

だいたい1チーム30分~60分位で交代。
出場者は、中学生吹奏楽からオヤジバンドまで、老若男女、幅広く。

ビールやワイン・日本酒・カクテル等、呑みの屋台も充実。
 ・・う・う・う・・・・車で来るんじゃなかった(T_T)

    ジャズフェス2014 (12)
    屋台いろいろ in 公園

定禅寺通りは、お祭りのために片側を車両通行止め。
結構な人出です。

秋晴れの中、好きな演奏を探してプラプラ歩き♪

    ジャズフェス2014 (4)

    ジャズフェス2014 (5)

    ジャズフェス2014 (6)

    ジャズフェス2014 (13)

「あぁ・・・・残念・・・・」という“なんちゃって趣味チーム”から、
「おぉ!玄人ですね!?」という“この場でCD売って欲しいチーム”まで、幅広く。

心地よい演奏をタダで聴きながら、昼間っから酒を呑む(←私は呑んでないけど)
・・・・あぁ平和で幸せだなぁ~(^^)


途中、
のんびり聴いていたら、雨が・・・。
キツネの嫁入り。 しかも大行列らしい長さ(>_<)

今年は、晴れ予報なのに、一時ザーザーと水を差されたようです。
しかも両日。
雨の中でも演奏してますが・・・・楽器は大丈夫なんでしょうか~?(^^;)

とりあえず屋内に避難、避難!

避難先、仙台メディアテーク内でも演奏中。

    ジャズフェス2014 (7)

    ジャズフェス2014 (8)

ジャズコンボ。
屋内は照明があって、マイクも響いて、外とはまた趣が違います。


雨があがり、
さて次はどこへ行こうかな、とパンフを見ていたら・・・・おや?
軽快なジャズ♪
迫力の音が聴こえてきました。

  ジャズフェス2014 (9)

同じ方向に、ワラワラ大移動の人々。
客は正直ですねぇ(笑)

すでに観客がたくさん集まる街角バンド前。
前に背の高い人が居て、あまり見えませんが、
・・・・子ども!?

    ジャズフェス2014 (10)
    ジャズフェス2014 (11)

音楽大に通うジャズ専攻の奨学生と、石巻ジュニアオーケストラのセッションなんだそうです。
ほほぉ~。
良いモノが聴けました(^^)

振り返ると、通行止めの車道にまでたくさんの観客。
大拍手!
 ・・・・今CD手売りすれば100枚は軽く売れるのにぃ( ̄▽ ̄)


パンフには、どこで何を演奏しているか判るように、
場所ごとに、「演奏する時間」「バンド名」「主な活動地域」が書いてあります。
「活動地域」は、県内に限らず。
福島・秋田・・・東北6県はもちろん、東京・名古屋・京都・・大分・・・沖縄なんていうバンドもいます。
え?沖縄?(・_・)

夏の「七夕祭り」ほど知られていませんが、
秋の「ジャズフェス」も全国から人が来るようになったんですね。

 ジャズフェス2014 (14)
   定禅寺通りは人がいっぱい

46か所なんて、全然回りきれないけれど、
芸術の秋 満喫♪♪♪