月曜日。

大阪地震の後。
職場では、朝から関西にある支店の安否確認が逐一入り、
午後から得意先の状況確認が入った。

建物の破損で念のため確認だの、
ガスや水道が止まったことによる営業見合わせだの、
従業員が出社できないことによる業務ストップだの。

人的被害はないようなのが幸い・・・だけど、
なにぶん土地勘がないので、震源からどのくらいのものだか、どのくらい被害がありそうか、想像もつかない

想像つかないと、余計なことを考えてしまって不安になる。
職場にいたんじゃニュースも見られないしねぇ。
想像力がたくましいのが、こういう時は余計だ(-_-)

 薔薇

火曜日。

関西の支店の人から、いつもと変わらないメールが来た。

おぉ!出社できてるのね!

普段は返事をしない案件に、わざわざ返事をし、
ついでに地震見舞いを添える。←どっちが“ついで”やら


すると、さらに、いつもなら返事のこない案件の返事が来た。

部屋が大変なことになったこと、家族も無事なこと、
周りも皆大丈夫こと、
ガスが止まったけど戻ったこと・・・・等々。

そうか~そうか~無事でなにより。
余計な想像をしているより、生の声を聴いた方が(メールだけど)ずっといい。


メールの最後に、
 そちらも震災を体験されているんですもんね・・
とあった。

う~む・・・・心配してお見舞いをしたつもりが、
無駄な気を使わせてしまった気が・・・・・・・(-_-;)
 
スポンサーサイト

野球の話ばかり書いている気がしますが(・・あ、あとフィギュアもか)、
サッカーも好きなんです。

でもね。

今回のW杯は、始まる前のゴタゴタで、ちょっと醒めてしまって(-_-) パブリックビューイングにも行く気にならず。
まぁ~いいか~
あまり期待してないケド、1点くらい取ってくれるといいな~くらいな気持ちで。

まぁ~いいか~と云いつつ、21時にはTV前。
大事な初戦。相手はだいぶ格上コロンビア。4年前の悪夢が・・・・(-_-)

まぁ~いいか~と云いつつ、
友人とLINEで、アァでもないコゥでもないとギャーギャー応援。

まぁ~いいか~と云いつつ、
TVに向かって「行け~!」「そこ外すな~!」と、喚きたおし。


勝ち点1が取れればいいけどな、と思っていたけど、
まさか取れるとは!!!!!!!

ここのところ、毎日更新される暗いニュースばかりにどんよりしていたけど、
久しぶりの、これ以上にない明るい話題!

ありがとう!
神様!仏様!!選手の皆様!!!


・・・・いつも黄色いのを応援しているもので、時々コロンビアを応援しそうになったのは、ここだけの話(^^;) 危ない危ない(^^;)

  ベガッ太くん いつも応援している黄色いの。
  ↑UPできるような写真が無かったのでサッカー繋がりで。

朝、ジャンジャンと緊急地震速報が鳴った時、
「来たか!」と思った。

ここ1週間の有感地震が、
  静岡 ー 千葉 ー 群馬
と北上していたので、そろそろ東北に来るかな~と思っていたので。


「震源地は大阪」までの報は聞いたものの、
その後どうなったのか分からず、不安なままどんよりと仕事へ。

すぐに関西に住む友人に安否確認をしたいところだけど、グッと我慢、我慢。

直後にメールなんてしてはいけません。
安否確認なんて、「大丈夫です」と返事を貰いたいだけの迷惑な自己満足。

助けに行ける距離ならいざ知らず、今メールで訊いてどうする。
実際に大変だったら、それどころじゃねぇ!のは、よく知ってる。
無駄に通信回線を使ったらイカン。
救急を呼びたい人の邪魔になるかもしれない。


関西住まいのブロガーさんの安否も気になる。
顔も本名も知らないし、もし困っていても助けることもできないんだけどさ。

昼休みにブログチェック。地震に関する記事はナシ。
まぁ~そりゃそうか。揺れてすぐ「地震です」なんてブログに書かないよね。

こんな時はやっぱりツイッターなんだな、と思う。
でも。ツイッターは細かに情報が上がりすぎて、悪意あるニセ情報まで拡散されちゃうんだよな~と、これもよく知っている。


明日は雨天予報だとか。
余震はあるんだろうか。
どうか、これ以上被害が大きくなりませんように。


イヤだなぁ~地震。・・・・本当に、嫌だな。

  あべかん

阿部勘酒造(宮城県塩釜市)だから間違いないだろう・・と(^^)

今までの阿部勘さんとちょっと違う感じ。
とっても濃厚な甘~い華やかな香りと味!
うん。コレはコレで旨い♪

裏を見たら、

「なにかを変える」がコンセプトの蛙シリーズ

だって。

・・・ってことは他にも蛙シリーズがあるのね!?買わなきゃ!

  あべかん

梅雨に入り、庭保安部隊(=ヒキガエル)の面々が毎日出動しています。

最高気温が20℃を下回る日の続くこちらですが、
本日を見ました。
もうそんな時期なんですね・・・・(-_-)
 

郊外の大型スーパーへ行った。
出掛けると云ったら、行きたいアピールでごり押しのを連れて。


自分の用を済ませ、母を待つつつ店内の飲食ブースでお茶を飲んでいたら、
 「あら!きとちゃんじゃない?」
年配の女性2人に声を掛けられた。

はい?
いかにも私はきとですが・・・・はて?どちらさま?

自慢だが、私は人の顔を覚えるのが得意だ。
・・・・でも、私の名前をしっかり知っているこの2人は・・・・全く覚えがない

え~と・・・・ちゃん付で呼ぶなんて、仕事関係じゃないし??ご近所サンでもないし??
2人とも覚えがないなんて???

そこへ母が来た。
 「あら!きとちゃんのお母さん!?」
2人は母の事も知っていた。


謎の女性2人組は、なんと、子どもの頃に住んでいたアパートのご近所サン
そこにいたのが小学校2年生までだったから・・・・そりゃあ~もう~・・大昔の話。

さっき、店内で母を見掛けたからもしかしてと思って・・・・というが、
それにしても、よくまぁ・・私のことが判ったもんだよ(^^;)


実のところ、今までにも“昔の知り合い”から声を掛けられた事が何度かある。
高校生の頃に、幼稚園時のバスの運転手サンに声を掛けられたし、
社会人になって、小学校1年生の時の担任の先生に声を掛けられたし。

どうも、私は印象に残りやすいお子様だったようだ。
ちょっと変わった子だった・・ということだろうけど、
どうちょっと変わっていたかは、当人には分からない(-_-)

分からないけど、
小学校1年生の時につけられたあだ名が「ピッピ」で、
6年生のお姉サン達が付けたこの名前の由来が「長くつ下のピッピ」というところが
まぁ・・・・・・そんな感じ(^^;)


人に話し掛けるのが苦ではなく
幼稚園の周りにも、小学校の通学路にも“顔馴染み”がいた。

小学校帰りには、“イヌの道”だの“ネコの道”だのを、遠~回りして帰り、真っ直ぐ家に帰ったことがなかった。
車の整備工場に繋がれているイヌの所には毎日遊びに行っていたし、
庭にいるイヌをずっとナデナデしていて、家主サンにお菓子を貰った事もある。

子どもが工場に入り込んでも怒られなかったし、
知らない人に貰いものをしても問題ではなかった。

今のように「知らない人から声を掛けられたら通報」なんてことがあったら、何度警察沙汰になったろう(^^;)


ぜ~んぜん覚えてはいないが、
私の事を覚えていて声を掛けた2人も、何かしら子どもの私が世話になったようである。
数十年たっても名前を呼び掛けられる程に覚えているなんて・・・・よっぽどだよな~(^^;)

周りの、大勢の大人に世話になりながら生きてきたんだな。しみじみ。

  チビッ子 世話の焼けるチビッ子の頃

それにつけても。

今は周りに不可侵で、子どもに声を掛けるなんてもってのほかで。
ずいぶんと子どもが生きづらくなっているんじゃないかな~と思ってしまうのは、
私が、あぁいう大人たちに育てられた立派な“お節介おばサン”になったからなんだろうか。