キャバレー

先日、舞台を観ました。

  キャバレー 話題の色っぽいポスター
  長澤まさみ・石丸幹二・小池徹平・小松和重・村杉蝉之介・平岩紙 ・秋山菜津子

それにしても。
舞台中に携帯が鳴る~という不快なことによく当たります。
アナウンスで「電源を落として」と云われているのに、静かな場面に限ってブーブーとバイブ音を響かせる人が必ずいるんですよね。
だ~か~ら~マナーモードも禁止だってば!(#^ω^)ビキビキ

しかし!
今回は、携帯を上回る事件がありました。

舞台中。
後方から「カシャ」という音。
しかも何度も。何度も。何度も!


気になって舞台に集中できな~い!!!!!

途中休憩でトイレに立ったら、前に並んでいた2人連れが
 「あれって写メの音だよね」「信じられない!」「せめてもっとコッソリ撮れっての!」
と話していたので、
「気になりますよね~!」と、つい参戦。

スタッフが注意したのか、二幕からは音がなくなったのが幸いでしたが、
ホント信ジラレナ~イ!!!(>_<)

  キャバレー 入り口ポスターいっぱい

と、まぁ。
何だかスッキリしない観劇となりましたが、以下感想デス。
まだ公演中みたいなので閉鎖しますm(__)m

 


ギリギリでチケットを抑えたので、3階席。遠いわ~(^^;)

時は、第二次世界大戦直前のドイツ・ベルリン。
アメリカから来た売れない作家の男と、キャバレーで働くロンドン出身の女との
出逢いから、戦争が始まるだろう・・あたりまでの話。ざっくり。


隣席の女性2人(推定・大学生)はどうやら初観劇らしく。
女性がブラを取ったり、お尻を出したり~というシーンごとに
「え?脱いだの?」「今のいいの?」と、乗り出して反応。

3階席なのでそれほど見えないんですけどね~(^^;)

最初のうちウルサイわ~(-_-)と思っていたのですが
なんか・・一所懸命観ている姿に、ガンバレよ~(^^;)と微笑ましく思えてしまうから不思議(笑)


演者だけでなく、オーケストラの衣装
舞台下ではなく舞台セットの2階部分にいるオケの女性が
キャバレー風の下着の様な衣装

スゴイわ~! 演出が徹底していていいわ~(^^)
スタイルが良くて、あの衣装で演奏できる女性がよくいたものだわ~と感心←?

演出と云えば・・今回の演出は松尾スズキ(有名人は敬称略)
ミュージカルではなくストレートプレイでは何度も観ていますが、
どちらかというと・・・・万人受けしないというか、好き嫌いがかなり分かれると思われる舞台のヒト。

ミュージカルはどうなることやらと、心配していたのですが、
奇をてらわないちゃんとした舞台でした←なんて言いグサ・・・褒めてますのよこれで(^^;)


ミュージカル初舞台だったらしい長沢まさみは・・・・頑張っていました。
華のある女優さんですね。
出てくるだけで目を引きます(^^)


そして、やっぱり石丸幹二が圧巻!

右へ左へ上へ下への大活躍
歌っていたかと思えば、サックスを吹き~ダンスをして~って、活躍しすぎだろ!というくらいフルに動き回り(・_・)
それでも全然息が切れてないんだからスゴイわ~!
彼だけでも価値があったな~と思える舞台でした。

  キャバレー 花輪もいっぱい

キャバレーの明るく楽しい楽曲と・・
身一つで働く女たちの現実と・・
ユダヤ人の八百屋のオジサンの未来と・・
ちぐはぐな感じで心がザワザワする話。

・・・・もう少し歌が聴きたかったな~(-_-)

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

20年以上前、数人の友達とビデオ屋に行き、自分が見たいヤツを1本ずつ借りて見る、というイベントを開催。
何本目かがライザ・ミネリのキャバレーでした。深夜で疲れて半分寝てたので、終盤『そっちかいっ』と突っ込みを入れたのは覚えてますが、ストーリーは覚えていません(笑)

2017/02/25 (Sat) 14:31 | エイミ #- | URL | 編集
Re:

エイミ様

ライザミネリのキャバレー!そんなビデオがあるんですね!?
観てみた~い!
すごく・・・・濃そう(笑)

『そっちかいっ』とツッコミを入れそうとすれば・・・主役格の小説家がバイセクシャルなので、何かやらかした・・・ところじゃないでしょうか?
もっとも舞台ではあまりホモ感を出さずに話が進んでいましたし、たぶん昔の映画とは違うんだろうなとは思いますが(^^;)
 

2017/02/25 (Sat) 23:08 | きと #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する