手術前日はバタバタだった

入院前にあんだけ色々と検査をやったし
あとは手術に臨むだけ!と思って、病院入りした初日。

来るように指定された時間は、午前10時。
そんなに早く入院してどうするんだろ?と思ってました。


受付をして、部屋に案内され、ベッドに荷物を置き、
パジャマに着替えて、ベッド周りの整理して、お向かいサンの窓を閉めていたら、
看護師さんに呼ばれました。

ナースステーションへ。
手術の同意書やら必要書類を渡して、
手術やその後のスケジュールの説明、アレルギーの有無確認・・・・等々。

看護師さんの説明を受けていたら、主治医が呼んでいる・・と。
手術前の診察と、手術の準備・・・もろもろあるんだそうな。
主治医がいるのは外来の診察室とな。

ええ!!もうパジャマに着替えちゃったのに!?

仕方なく、パジャマに上着を引っかけて外来へ。


それから、麻酔医からも話があるという。
これまたパジャマで麻酔科へ。

それからそれから、
口腔外科へ行って、手術前にチェックがあるという。
手術中、麻酔管を口に入れるので歯のグラつきがないか等の確認をするのだとか。

それからそれからそれから、
リハビリ医へ行って、現在の状況をチェックするという。
手術後に腕が使いにくくなるのは前に書いた通り。
なので、手術前の握力や腕の上がり具合を測っておいて、術後の参考にするのだとか。

ついでに、合間に本日分のシャワー
手術後は風呂に入れないから。

もう一つついでに、セキの症状があった私はレントゲンを受けてくるように・・との指示。
レントゲン室・・・・遠い(-_-;)

 ボタニカルガーデン (7)
  引き続きボタニカルガーデンにて

看護師さんもどれから片付けていいのか悩むスケジュールの中、
あっち行ったりこっち行ったり・・・・・。
それぞれが結構離れているんですけど~(-_-;)

周りは乳がん患者ばかり、
パッと見で、30代~おばあちゃんまでの入院患者。
・・・・コレ、高齢の患者さんは手術前日に疲れちゃうんじゃないかね~?ヤレヤレ(-_-;)

 
スポンサーサイト