梅雨曇

暑いくらいの良い天気でした。
梅雨に入ったばかりなのに、もう中休み?
長雨なのも困るんですけど、こう降らないと夏の水量は大丈夫か~なんて考えてしまうんだから勝手なもんです。


昼休み。
御飯を食べた後、調べものをしようとスマホを開いたら
「あなたにお奨め」と、
歌舞伎役者の顔写真が入った記事が、上の方にピックアップされていました。

この人のブログ・・・・有名なのは知ってるけど、読んだことはないのよね。
やっぱり「乳癌」と検索ワードに入れることが多いから、勝手に拾っちゃうのかしら~。

サクッと無視。


昼休み明け。
席に戻る途中、ネットを見ていた人のパソコン画面が、目に入りました。

あぁ。
私が“興味ありそうな話題”だから拾ったんじゃなく、
“今の話題”だから表示されていたんだ、ということを、そのとき知りました。


小林麻央サンの訃報。

有名な彼女のブログもまた、読んだことはありません。


きっと、絶対、治る と、本気で思っていても
やっぱりダメかも と、思えてしまう恐怖が無かった訳がないよね。

それでも、痛みや恐怖から解放されて良かったね・・・・とは思えない。


ご冥福をお祈りします。
・・・・と書くべきなんだろうけど、
ここで私が冥福を祈りマスって、なんか違うだろ~という気がします。


彼女と私とでは、症状も含め色んなことが違うけど、
違うのに、
他人事とは思えません。


ご家族に。
お悔やみを申しあげます。

 
スポンサーサイト

バラ祭り

東北地方、本日やっと梅雨入り


職場と家・・時々病院、という日々。
人と楽しい話をするでもなく、遊びに行くでもなく・・・・(-_-)
えぇい!こんなんじゃ鬱になっちゃうyo!!

・・・・ってことで
先週の休み、仙台市農業園芸センターへ出掛けて来ました。

  バラ祭り ろく連れ


「バラ祭り」開催中。


  バラ祭り ちょうど良いうす曇りでした

昔から、この時期に「バラ祭り」をやっています。

昭和35年からバラ園が整備され
チラシによると、バラ200種 1200株 なんだって。

  バラ祭り シッポ落ちてます

のんびりしよ~と来たつもりが、意外と人がいっぱい

入口近くでは生バンドの演奏があり、ろく(と私も)の苦手な大音量
あまり“のんびり”という感じでは・・・・(-_-)

お昼に、園内の屋台で買おうと思ったオニギリも売り切れ。
他も食べ物は軒並み売り切れ。
お客さんが多くて昼前には売り切れたんだって。

  バラ祭り なぜ目をつぶる?

何度か来た事あるけど、いつも 全然 そんなに人がいなくてのんびり出来る所なんだけど・・・・。
バラ好きって多いんですねぇ(^^;)

大音量の入口から早々に離れ、園内の人の少なめな所を散策。
犬連れも多くいて、シッポ股下INだったろくも段々調子が上がってきた!良かった良かった(^^)


それにしても、客数だけでなくて
園内がだいぶ変わっているような~・・・・・

そういえば来たの久しぶり。

  バラ祭り 見ているのは花ではなく犬の後ろ姿

ここは仙台市の南東。海の近く。

震災で、津波の大きな被害を受けました。


人ゴミを避けて歩いていて、遇った
作業中のスタッフのオジサンが教えてくれました。

津波は80cm位だったそうで、当時は建物の2階で過ごしたんだとか。
植物のほとんどが塩害にあい、
大温室もボイラー等が壊れ、中の植物は壊滅だったと。

あ、そういえば温室が無い。

  バラ祭り 人が居ない所は楽しそうね

管理していた財団法人は震災後に解散

その後、施設を潰すのはどうなの?・・と、復旧が決まったものの
事業所が一旦決まった後で不祥事が発覚してキャンセルになり、
再度事業者の選定。

さらに大温室の解体に時間がかかったり・・・・と、ドタバタあり。

2016年4月再オープン
復旧に丸5年かかりました。

  バラ祭り お花いっぱい
 
バラ綺麗だな。
また秋の四季咲きの頃に来られるといいな。

  バラ祭り だからなぜ目をつぶるのよ

あ・・でも次は、人があまり居ない、通常の時に来ようっと(^^;)


  仙台市農業園芸センター
  仙台市若林区荒井字切新田13-1

乙女寮の野球応援

病室には、一人一台カード式の小さめテレビが据え付けてありました。
観る時は必ずイヤホンを付けるという規則。

イヤホンが好きではないので、あまりテレビを観なかったのですが、カード代もったいないし
時々~ご飯時にニュースを見ていました。

あとは、時々ある楽天中継

  楽天応援 (1) 仙台一番町商店街

音が無いので、カーテンを閉めていると、誰が何を観ているかは解りません。

けど、
朝にスポーツニュースを観ながら「あぁ~昨日は勝ったんだ~」と、つぶやくと
「ナニ?先発は美馬だっけ?」なんて、どこかしら返ってくる。

ウィーラーが打った!の後に、「やった!」と小さな拍手が聞こえてくるし、
女性だけの病室ですが、野球の話で盛り上がる変わった部屋でした(^^;)


嶋がホームラン!では、Sサンベッドに越境して
「見た?」「もちろん!!」 ハイタッチ(^o^)/\(^o^)

9時の消灯後も、カーテンを閉めてこっそり試合観戦。
勝ち試合。
こっそりカーテンを開けると、他もこっそりカーテンを開け、
顔を見合わせてガッツポーズo(^▽^)o(^_-)-☆ 


県外出身のYサンには「こっちの人ってそんなに野球好きなの?」なんて
不思議そうに云われましたが、
周りを見渡してみて・・・・そんな事はないんだけど。
たまたま集まったみたい(^^;)

  楽天応援 (2) 点々と応援フラッグが

好調の楽天イーグルス。
首位だ~!と喜んでいたら、関西出身の上司に鼻で笑われました。
 今からそんなんで喜んでも最後に勝ってなきゃ意味ないで
だってさ(^^;)

さすが何年も優勝がなくても罵倒しつつ応援している人は違いますな(笑)

それにしても、則本・・・・・
連続2桁脱三振記録が8試合で止まってしまいました。
世界更新ならず。 くぅ~!残念(>_<)

 

アップルパイ

看護師さんもどれから片付けていいのか悩むバタバタなスケジュールの中、
あっち行ったりこっち行ったりの入院初日

それぞれの場所が離れてて移動が大変(>_<)

そうこうしているうちに時間はお昼
バタバタしてても昼ごはんは待ってくれない。
「昼食の準備ができました。歩ける患者さんは取りに来てください」の放送が入りました。

食事は、
大きなワゴン(?)に乗せられて所定の場所に来ます。
一人一人の分がお盆に乗っているので、自分の分のお盆を引き取りに行き、
自分の場所(ベッド脇の机)で食べるというシステム。食堂はない。

“歩ける患者さん”ですが、バタバタしていて取りに行けません。
食いっぱぐれる~と思っていたら
いつのまにかベッド脇の机に、私の名札のあるお盆が。
誰かが運んでくれたようです。

まだまだ予定アリ。
「とにかく早く食べちゃって」と看護師さん。

とにかく急いで御飯を食べなきゃ・・・・
・・・・食べ・・・・・・

・・・オカシイな。ここの病院は「結構美味しい」と聞いていたんだが・・・・(-_-)

 ボタニカルガーデン
 今回もボタニカルガーデン写真で。本文とは全く関係ないですが。

さて。
検査も診察も説明も一段落した夕方

ベッドに戻ってきてホッと一息。
一息ついてのんびり~していたら、お腹が減ってきました

お昼ごはん全部食べられなかったからな~(-_-)

こんなことなら普段は食べない高級な菓子でも持って来れば良かった!
手術前、こんな時に食べる高級な菓子って何だろう?

・・・・・・・・・・。

う~む、普段高級なモノを食べないから具体的に思いつかない。

いや、もう高級じゃなくてもいい!
饅頭でも大福でも雁月でもチョコでもクッキーでも煎餅でも。
あぁ!なんで何か持ってこなかったんだろう!

手術で明日は食べられないってのに!
せめて昨日美味しいモノいっぱい食べとけば良かった~(T_T)

人はひもじいと悲しい気持ちになるものですよね。
“寒い” “ひもじい”は、“惨め”の2大要素。(byきと)


ハラヘッタ~!ハラヘッタ~!と泣いていたら(←心の中で)
お隣さん(隣のベッドの人)がやってきて
「大丈夫?良かったら食べて(^^)」と、アップルパイをくれました。心の声ダダもれだった(-_-)


おぉ!女神!!

 ボタニカルガーデン
 病院の写真はないですし。そもそも院内は撮影禁止でした(^^;)

ケーキ屋で売っている物ではなく
スーパーで売ってる○○パンの袋に入ったアップルパイアップルパイというかアップルデニッシュ。

これってこんなに旨かったっけか~と思いつつ
遠慮せずバクバクと食べ終えたそのすぐ後、
「夕食の準備ができました。歩ける患者さんは取りに来てください」と放送が入ったのでした。

 

手術前日はバタバタだった

入院前にあんだけ色々と検査をやったし
あとは手術に臨むだけ!と思って、病院入りした初日。

来るように指定された時間は、午前10時。
そんなに早く入院してどうするんだろ?と思ってました。


受付をして、部屋に案内され、ベッドに荷物を置き、
パジャマに着替えて、ベッド周りの整理して、お向かいサンの窓を閉めていたら、
看護師さんに呼ばれました。

ナースステーションへ。
手術の同意書やら必要書類を渡して、
手術やその後のスケジュールの説明、アレルギーの有無確認・・・・等々。

看護師さんの説明を受けていたら、主治医が呼んでいる・・と。
手術前の診察と、手術の準備・・・もろもろあるんだそうな。
主治医がいるのは外来の診察室とな。

ええ!!もうパジャマに着替えちゃったのに!?

仕方なく、パジャマに上着を引っかけて外来へ。


それから、麻酔医からも話があるという。
これまたパジャマで麻酔科へ。

それからそれから、
口腔外科へ行って、手術前にチェックがあるという。
手術中、麻酔管を口に入れるので歯のグラつきがないか等の確認をするのだとか。

それからそれからそれから、
リハビリ医へ行って、現在の状況をチェックするという。
手術後に腕が使いにくくなるのは前に書いた通り。
なので、手術前の握力や腕の上がり具合を測っておいて、術後の参考にするのだとか。

ついでに、合間に本日分のシャワー
手術後は風呂に入れないから。

もう一つついでに、セキの症状があった私はレントゲンを受けてくるように・・との指示。
レントゲン室・・・・遠い(-_-;)

 ボタニカルガーデン (7)
  引き続きボタニカルガーデンにて

看護師さんもどれから片付けていいのか悩むスケジュールの中、
あっち行ったりこっち行ったり・・・・・。
それぞれが結構離れているんですけど~(-_-;)

周りは乳がん患者ばかり、
パッと見で、30代~おばあちゃんまでの入院患者。
・・・・コレ、高齢の患者さんは手術前日に疲れちゃうんじゃないかね~?ヤレヤレ(-_-;)

 

窓を閉める

さて、入院初日。

受付で「呼びに行くまで部屋に居てください」と云われていたので
しばらくタオルやらパジャマやら入院用品を、棚に片付けていました。

と、お向かいのベッドから「ちょっと手を貸して~!」と声。
お向かいサンへ行ってみると
「窓が閉められないのよ~手伝って~(>_<)」と。
暑かったので窓を開けたものの、一人で窓が閉められなかったもよう。

 あ、ハイハイ、窓を閉めるんですね。お安いご用です。

病院の窓は
スライドさせてガバッと開ける家窓のような形ではありません。危ないからね。

縦長で、窓の左右に黒いハンドルが付いていて
片側を外へ押し、反対側を内へ引いて開ける・・・というタイプ。
必ず両手を使わなきゃ閉められない。


私が一人で窓をガチャンと閉めたら
お向かいサンが「やっぱり力が無くなっているのねぇ」と溜息をつきました。

 ボタニカルガーデン (3)
  写真は本文とはまったくもって関係ありません

乳がんは、脇のリンパに転移しやすいので、
手術の時に、乳房の他に必ず脇のリンパを取ります。

転移の具合によって、人それぞれで
検査のためだけに少し取る場合もあるし、
全部取り除いてしまう場合(腋窩リンパ節清)もあります。

で、リンパを取るとどうなるかというと、
リンパの流れがなることで、色々な弊害があるんですよね。

本当に色々あります、が、
分かりやすいところだと、手術が終わってすぐは

腕が上がらなくなる、上がりづらくなる
  ・・・・とか、
手が握りづらくなる、握力がなくなる
  ・・・・とか、

とにかく取った方の腕が使いづらくなる

 ボタニカルガーデン (4)
  昨年の写真。ボタニカルガーデンにて

私が難なく閉めた窓が一人で閉められなかったお向かいサン。
もうすぐ退院。

う~む・・・・
手の力が無くなったり動かしづらかったり・・というのは、手術の説明の時に聞いたけど、
本当に無くなるもんなのね~。
しみじみ現実を見る(-_-)

とりあえず~・・・・
「しばらく返信できないと思う」と友達にメールを入れておきました。
・・・・そんなことしか思いつかないもんだな(^^;)

手術前日のこと。

 

入院生活は大部屋で

退院して1ヶ月がすぎ。
あっという間ね~(-_-)


え~~~・・・・どこから話したらよいやら。
入院中は毎日“ネタ”だらけで、
早く書きたくて、何ならツイッターでも始めようかと思ったもんですが、
いざ書こうと思うと・・・書けないもんですねぇ~(^^;)

どうにも上手くはまとまらないので、
まとめずに、ちょこちょこと思い出したことを書きます。
・・・・オチがなくてもゴメンナサイ(^^;)

 ボタニカルガーデン (1)
 近頃写真を撮っていないので昨年の今ごろ「ボタニカルガーデン」へ行った時の写真

まずは。
入院&手術の話が出た初めの時。遡りますな(-_-)

検査結果を一人聞きに行って、がんが確定した診察のあと、
「説明がありますので」と看護師さんに呼ばれ
手術や検査について等々、別室で説明を受けました。

そして入院についての話。
看護師さんに部屋の希望を訊かれました。

部屋の希望とは?
「大部屋と3人部屋と個室とあるんですが」と、看護師さん。

看護師さんが「どうします?大部屋は・・」と説明しようとした「おおべ・・」辺りで
「大部屋でお願いします!」と答えていた私。


だって、差額ベット料金は別料金なんだよう~!
保険の対象外なんだよう~!(-_-)

  ボタニカルガーデン (2)

入院は手術前日
午前中に入院病棟へ行くと、予約していた(?)大部屋に案内されました。

部屋に5つのベッド。
先住は2人。
私が入る前に退院した人がいたそう。たまたまこの日は3人部屋に。差額ベット代は出ないよね?ドキドキ(笑)

病棟は、手術を受けるために入院している人ばかり。
長期療養部屋ではないので、私の入院中だけでも人数の変動が結構ありました。


名札のあったベッドに荷物を置いて、
同じ部屋の人達に「今日から同じ部屋でお世話になりま~す!」と御挨拶を。

後に「とても翌日手術と思えない人が来たわ~と思った」と云われました。
だって・・・・しばらくは同じ部屋で寝起きするんだもん。
第一印象が大切よね~と。
せっかくだから引越し蕎麦でも持っていけば良かった(^^;)


そんな感じで始まった入院生活。
ちょうど桜が満開の頃のことでした。