PET検査

簡単に乳がんの経過を書くつもりだったのに、“簡単に”書けず、早々に“簡単に”書くことは断念。
自分の記録として書いておこう~と(^^;)

しかし!入院前に書き終わるかビミョ~になってきて慌ててる私(>_<)

連日ですが、検査の続き、の話。
・・・・嫌だって云ってたのに、病気ブログになってしまってるわ~(-_-)

  ヒメオドリコソウ
  ヒメオドリコソウがいっぱい咲いてました(^^)

PET検査なるものも受けました。

全身を撮る特殊な検査です。
・・・・人間ドックで使ったりするらしいです。
全身に転移してないかが、判るんだそう。
特に乳がんはに転移することが多いので、その辺を診るのにもいいらしいです。

この特殊な機械(?)は、私の行った大きな病院には配備されていないので、
別の機関に紹介状を書いてもらいました。
画像検診クリニック。
撮ることに特化したそんな病院があるのね~知らなかった(^^;)


検査は半日がかり。
検査費3万円也
高っ!・・・・治療じゃなく検査のくせに(T_T)
それでも人間ドックだと10万円とかするらしいので、がん検査で・・これでもまぁ安いんでしょう(T_T)

検査前は8時間食事が出来ないというので、昼からの検査に朝飯ヌキ。
腹ヘッタ・・・・検査ってお腹すくものが多いですね~(-_-)

受付して、
前払いして、3万円~っ(T_T)
身長・体重・血圧等々・・いつもの基本検査があって~から
お医者さんの問診説明

 これから体に入れる注射は放射線物質です。
 放射線物質に糖を加えてあります。

 この放射線物質は光って写る特殊なものです。
 “ガン”というヤツは、とても糖分を必要とするヤツなので、
 糖を与えるとガンに集まり、結果的にガンのある部分が光って写るようになってます。


だそうです。

スゴイですね~!
どこのどなたか存じませんが、ガン細胞が糖に集まるなんて発見した人や
放射線物質が光る~なんて発見した人が、いるんですね!(^^)


さて、看護師さんに連れられて検査着に着替え。
そこでケータイ電話と水のペットボトルを渡されました。

そして注射

注射針の元は、通常の液体パックではなくて、
ヘアスプレー缶みたいな、ゴツイ金属が横倒しになっている容れ物に繋がっていました。

放射線物質を体に入れるって~~~~これって被曝ってヤツですかね?(・_・)
X線を何回やるの~どころじゃないよね?
直接体に注入、ですもん。
「すぐに体外に排出されますよ」というのを信じるしかないですが・・・・
・・・・検査って体の為に良いんだか悪いんだか・・・・・・・・(-_-;)

注射してくれたのは看護師さん?技師さん?は
こんなモノを毎日扱うなんて大変だな~(-_-)

  邪魔モノ
  写真を撮っているとわざと前を横切る邪魔モノが!(^^;)

注射が終わったら、別室で休憩

うす暗い部屋に連れて行かれ、リクライニングチェアで一休み
アコーディオンカーテンで一人ずつ区切られていて漫画喫茶みたいな仕様ですが、
漫画なんか読んじゃダメ!なんだそうです。
↑頭に糖が行っちゃうから(^^;)

とにかく何もしないで、うつらうつら15分ちょっと。
先に看護師さんに渡されたケータイにピピピ♪と着信がありました。

「水を飲んで下さ~い」
なるほど。この指示の為のケータイだったのか!
云われた通り、もらったペットボトルの水を飲みほして、
トイレに行って余分なホーシャセンブッシツを出してから、PET-CT撮影室へ。

結構高い場所にある担架のような細い所に寝て
 ・・・・って、これ年寄りは受けられない検査ですね(^^;)
ガラガラ機械に入れられて、撮影開始!


長い撮影が終わる頃には、クタクタで立っているのがやっと(-_-)
あぁ!腹ヘッタ!!! 


着替えて受付まで戻ると、
「そこから好きなの取っていいよ~」と看護師さん。
冷蔵ケースに入っていたサンドイッチセットをガツガツ残さず食べて、
検査は終了したのでした。

 
スポンサーサイト