今度の結果はクロだった

大きな病院で針生検を受けてからさらに2週間たって。

結果が出た頃に、また病院へ。

結果。
 「悪性でした」

そりゃもうサラっと「虫歯ありますよ」くらいな感じで(笑)


実のところ、あまり驚きませんでした。
「あ、やっぱり?」という感じで。

だってその頃には胸のゴロゴロがあるな~って分かるくらいの存在感になってました。
この大きくなり方は、まぁ良性じゃないでしょうよ~(-_-;)

良性のしこりの場合、割と増殖がゆるやかと云われています。
悪性の「乳がん」の場合、増殖し続け、3ヶ月もすれば倍増するんだそう。

何となくの違和感から、はっきりと触って解るゴロゴロになったコイツは、
そりゃまぁ~乳がんでしょうよ~という感じ。

むしろ2週間も待たずに、解ってるんだから早よ切ってくれぃ!という気持ちにすらなりますが
「悪性でした。さぁ取りましょう!」とはいかず。

手術の日は、コレコレです。
その前にコレコレの検査があります。
コレはこの日に、コレはこの日に・・と、勝手に予定が入っていき・・・・

「じゃあ、そういう訳で、今日はコレコレの検査を受けて行ってください。」
主治医との会話は事務的にあっという間に終了。

え?え?
検査結果は?種類は?サブタイプは?

色々質問があったのにそのまま流され~看護師さんに「大丈夫よ」なんて云われ~
イヤイヤ違うんです、疑ってるとかじゃなくて。
検査結果を知りたいのでちゃんと紙で下さいよ~~っ(>_<)


どうしてガン宣告された患者は皆動揺していると思われるのでしょう。
そりゃ、怖くて話も出来ないって人もいるのかもしれないけど。
ちゃんと理解が出来ないと納得できないじゃないか。
調べものも出来ないじゃないか~(ーー゛)

何だかスッキリしない二度目の検査。
大きな病院は大きな病院で良し悪しあるものね・・・う~ん・・・・(-_-)
 
  
スポンサーサイト