小さな幸せ

小せぇ~!と云われることは百も承知だが、
箱モノを潰さずに捨てられるのを見ると、ちょっとイラッとする。

例えば職場で
使い終わったボックスティッシュの箱。
箱の形のまんまポンとゴミ箱に投げたら、それだけでゴミ箱がいっぱいになってしまう。

ゴミ袋は有料なのだ。
仙台市指定だと、大きいサイズ(45リッター)10枚で400円。
業務用にいたっては1枚300円以上。

そのティッシュ箱分、スペースを無駄に使ってしまうではないか。
空洞分のスペースが勿体ない~(-_-)

そもそもゴミ袋をいっぱいにするなんて環境に優しくない。

  ジュースだモン

たとえ小さなジュースの箱でも

潰して捨てればちょっとだけ良いことがある。

  どういたしましてだモン

どういたしましてだモン(^^)

 
スポンサーサイト

キャバレー

先日、舞台を観ました。

  キャバレー 話題の色っぽいポスター
  長澤まさみ・石丸幹二・小池徹平・小松和重・村杉蝉之介・平岩紙 ・秋山菜津子

それにしても。
舞台中に携帯が鳴る~という不快なことによく当たります。
アナウンスで「電源を落として」と云われているのに、静かな場面に限ってブーブーとバイブ音を響かせる人が必ずいるんですよね。
だ~か~ら~マナーモードも禁止だってば!(#^ω^)ビキビキ

しかし!
今回は、携帯を上回る事件がありました。

舞台中。
後方から「カシャ」という音。
しかも何度も。何度も。何度も!


気になって舞台に集中できな~い!!!!!

途中休憩でトイレに立ったら、前に並んでいた2人連れが
 「あれって写メの音だよね」「信じられない!」「せめてもっとコッソリ撮れっての!」
と話していたので、
「気になりますよね~!」と、つい参戦。

スタッフが注意したのか、二幕からは音がなくなったのが幸いでしたが、
ホント信ジラレナ~イ!!!(>_<)

  キャバレー 入り口ポスターいっぱい

と、まぁ。
何だかスッキリしない観劇となりましたが、以下感想デス。
まだ公演中みたいなので閉鎖しますm(__)m

 

パン屋さんへ行く

もうすぐ先代犬あるサンの命日。
  (先代犬あるサンの話→当ブログ「バターロールをお供えに」

先のお休みの日。

あるサンの大好きだったパン屋さんへバターロールを買いに行こうと
リュックに財布と除菌ウェットティッシュを入れて準備。

ところがこの日。

朝から風がビュービュー

ろくサンに「パン屋さんへ行くよ~」と声を掛けてはいたものの
う~ん・・・・これではとてもムリ(^_^;)

風が大っ嫌いなろくサン連れでは、とても辿りつかない。
途中で「もう歩かない」と云いだすに違いない。
パン屋に着いても、ゆっくり座って食べようね~とはならないし。

ま、仕方ない。今日は諦めるか~。
ゴメンね、あるサン、また今度ね。

が、

・・・・あれ?あれ?

ろくサンは「歩かない」どころか、どんどんパン屋さん方向へ
「いいよ~今日はもう帰ろう」と声を掛けても、勝手にテクテクいつもと違う道へ~

パン屋さん・・・・前回ろくサンと行ったのは半年以上前。
・・・・道おぼえてるの?(・_・)

結局。
パン屋さんまでたどり着きました。

  パン屋さん おやつにパン耳♪

着いた時には風も弱くなっていました。

ろく、
ある姉サン、そんなにバターロール食べたいって云ってた?(^^)

 

やっぱり今年もゆりあげ朝市から

書きそびれていましたが、先月のこと。
ゆりあげ朝市へ行きました。

  ゆりあげ朝市
  にぎわってます(^^)

毎年年末に、正月用の買い出しをして、
抽選券をたくさん貰って、
1月中に抽選結果を見るために朝市へ・・・というのが恒例。
ま、だいたい100円券あたりになってその場で使って来ちゃうんですけど(^^;)

今年の抽選は・・・・1枚も当たらず。
残念賞でミカンを1個をもらいましたさ(。-_-。)

  ゆりあげ朝市
  ミカンだけでなく~ゆりあげ来たら海産物を食べましょう

ゆりあげ朝市のことは何度も書いてますが。

名取市閖上(なとりしゆりあげ)は仙台市の東南に位置する海沿いの町で、震災の時にとても大きな被害のあった場所。

震災以前は、周りは住宅地でした。
前は、海の町特有のコチャコチャした細い道に、時々「アレ?朝市はどこ曲がるんだっけ?」と道を間違えたりしたもんですが。

それが、住宅もアパートも店も無くなり、
草ボーボーの空き地で周りに残るコンクリから住宅の区画が判り
道は間違えようもなく見晴らしがよくなって~

という状態になり。

その先は、何も変わらない状態で、今に至る。


と、毎度のように「何も変わらない」と書いている気がしますが
今はちょっと違う・・・・みたい。

周りが、少~しずつ、変わってきたみたいです。 ・・・・やっと

  ゆりあげ朝市
  自分で好きなモノを買って好きなように焼く♪

まず、朝市会場へ行くまでの道。
あちこち嵩上げされ、急に坂道になったり蛇行したり・・・・
まだ作り途中なんだな~と感じられます。

道が新設されたところもあり、
アレ?あそこの道って繋がっていたっけ?という感じで。
たまに見る人間には、間違い探し、みたいな(^^;)

そして、
野っ原の中に大きな建物の姿が。
住宅地はまだまだありませんが、工場がポツポツ建ち始めました。

2階建ての新しいプレハブには、いかにも土建屋スタイルなお兄さんが煙草をふかしていたりして。
このプレハブは工事用事務所なのね~
ここに腰を据えて工事が始まっているのね~と。


ゆりあげ朝市前には、防波堤を作って海が見えなくなると聞いていましたが、
ここはまだ出来上がらないもよう。
工事がずれ込んで、出来上がりは3月位になるとか。

  ゆりあげ朝市

これからどう変わっていくのかな~。
良くなるといいんだけどな~。
・・・・でも、良いってどういう状態をいうんだろう・・・・。

もうすぐ6年目。

 

招かれざる客

庭にパン屑などを撒けないこの冬。
実は~カラスよりももっと厄介な相手と闘っています。


始まりは・・・・たしか昨年の初冬・・・・。

夕食後、家でまったりとしていたろくサンが、急にムクッと起き上がり
「まど開けて!早く!」の催促。
  注:ろくサンは中には勝手に入って来るのに、外に出る時は自分で開けない(^^;)

窓を開けてやると、
いつものんびりのろくサンが、庭の隅へ猛ダッシュ!

黒っぽい“何者か”がピュ~ッと駆けて行きました。
大きさ的に・・・・野良ネコ?

珍しいね、ろくサンが野良追いするなんて。
その時はそう思ったのですが。


その後すぐ、
隣家で干し柿が“何者か”に食べられるという事件があり。

それからしばらく、
近所では、外に置いてある干し柿や白菜・大根などの被害が多発

ウチは幸い被害はありませんでしたが
ろくサンがピリピリしています。
時々あらぬ方向をジッと見つめたまま動かなくなることが(-_-;)

どうも野良ネコではなさそう。

  こそっ こそっと
  早くもどっておいで~(^^;)

有力情報アリ。

幹線通り沿いにあった眼鏡屋サンが閉店するらしい。
建物が古くなり、リフォームを迫られていたけれど、
屋根裏部分に“ある生き物”が棲みついていて、とてもリフォーム出来る状態でもなかった
・・・・・・と。

その店からは離れてはいるけど
生き物が移動できない距離ではない・・・・かも。

カラスが大群で引越してきたように、
ウチの御近所は適度な木々があって適度な住宅地なのです(-_-)


今年の冬。
被害にあった隣家は、干し柿を吊るすのを止めることにしたようです。


そして、先日。
とうとう“何者か”を確認することが出来ました。

夜、出先から車で帰宅の途中。
道を曲がりもう少しで家~という所で・・・・車の前にはヘッドライトに照らされた黒っぽい物体

ヤツだ!

慌てる風でもなく、並んでタタタ・・・と家と家の間の細い道を小走りに去って行くケモノ。
タヌキのような風体の黒っぽい体。
長い尻尾。
・・・・振り向いた顔の真ん中に・・・・白い筋


  ヤツの正体 木登りも出来る面倒なヤツ
  ウィキペディアからお借りしました

やっぱりお前だったか・・・・ハクビシン。

しかも大きいのと小さいのと・・・計4匹!
繁殖してる!?

見た目で「可愛い~」なんて云ってはいけません(-_-)
雑食のハクビシン。
農家にとっては敵です。敵!
外来種にして害獣

現在冬眠中のウチのびっき達が被害に遭わないように、しばし闘いは続きそうです。

 

大群

あらら・・・・1週間も空いてしまいました。
仕事は落ち着いたのですが、プライベートが落ちつかなくてバタバタしておりました。

あ、でも、風邪にもインフルにもならず頑張っています。
エライぞ!私! ←目標が小さい・・・(^^;)



先の土曜日・・2月11日。
まだ布団の中にいた早朝
ユ~ラユ~ラと揺れを感じ目が覚めました。

地震。

震度はそれほどでもなかったけど
久しぶりに長い横揺れだったので、しばし様子見。

収まってすぐ、津波は大丈夫かな?と、確認のためラジオを点けようとした
まさにその時!
ものすごい数の羽音とカァーカァーカァーという声!!!

カーテンを開けたら、
黒い大群が窓の外を横切って行きました。
何百?何千??
薄暗い空をさらに黒くするように、バサバサバサバサいつまでも続いて。


いやぁぁ~ビックリしたぁぁぁ~・・・・・・・・(-_-;)

鳥は好きだけどさ~・・・・
さすがに怖いわ。
また大きな地震が来るんじゃないかと思って身構えちゃったわい。


このカラスたち
朝の地震のせいで、たくさん飛んできた~という訳ではなく。
ここのところ我が家の周りでは、カラスの数が異常に増えているんです。
休日夕方ろくサンと散歩をしていると、カラスがあっちからもこっちからも飛んできて。

その数が、半端ない(-_-;)

どうも棲家を追われて、まだ森や林が残っている御近所に集団で引っ越してきたらしいです。
そもそもの棲家を追われた訳は、
震災後の集団移転とか住宅開発とかで、山をあちこち切り崩しているから・・なので、
地震のせい・・・・ではあるのだけど(-_-)


いつもは、
雪が降ったら、エサの無い子たちのためにパンくず御飯粒を撒いてあげるんですが・・・・。

何かをちょっと撒こうものなら、
いつのまにやらやってきた黒い子が隣家の屋根の上から覗き込んでいます。
ろくサンが居てもお構いなし・・・・舐められてる(-_-;)

かわいそうとは思うんだけど、
これ以上増えてもらっても困るので、今年はエサになりそうなものを撒かないようにしてます。

いつも来るスズメやハクセキレイ達が居ない寂しい冬です。

  イソヒヨドリ
  カラスは撮れないので、パン屋であったイソヒヨドリ氏

みんな、頑張って冬を生き抜いてくれ(T_T)

 
Tag: トリ

小さいリンゴ大きいリンゴ

昨年末、新しく出来た果物屋(兼スイーツ屋)。
隣のスーパーにも、そのまた隣にも八百屋が入っているので
まったくもって余計なお世話だが、
ここで新しく店を出してもお客さんが来ないだろうな~と、ちょっと心配になるようなお店(^^;)

通り掛かりに何となしに見ると、美味しそうなリンゴの写真が。
フムフム・・・・品数は少ないけどなかなかこだわりがあるお店らしい。

  こみつ
  こんな感じの写真でした

拳くらいのサイズの、見た事ない小さなリンゴ
「コミツ」というんだそうな。

アレルギーが色々あるので私は果物類はあまり食べないんですが
私以外は、果物だ~い好き一族。
どれ、買って行ってみようかい。

リンゴ~リンゴ~と見ていたら、
キャップをかぶった背の高いお兄さんが、ニコニコ寄ってきました。
 蜜が多いんです~
 蜜自体は糖度が高くはないんですがこれは果肉も甘いリンゴなんです~
 でも“時期”が過ぎているので甘味は減っています~
と。丁寧な説明。

フムフム・・・・お兄さん、果物が好きな人らしい。信用しよう。
試しにコミツを1個購入。


帰って、ワクワクしながら小さなリンゴを切ると
蜜の部分が・・・・半分黒っぽくなってる・・・・(T_T)

残念。お兄さんの云う通り“時期”は過ぎてたよ。
思ってた以上に過ぎすぎてた
ガッカリ(>_<)


次にその果物屋(兼スイーツ屋)を通り掛かり時・・・・キャップのお兄さん発見。

半分はダメだったけど、半分は食べてしまったし
現物を持ってるわけじゃなし
別にクレームを云おうってんじゃないんです(^^;)
ただ、せっかく選んでもらったけど半分黒くなってたよ~
一言云おうと。

一言くらい云わせてくれぃ(-_-)


お兄さん、レシートも持っていない怪しい客に
丁寧に謝ってくれました

まぁいいか。
ガッカリした分は、お兄さんの誠実な態度でスッキリ。
元々「金返せ」とか云う気は無いし←そもそもレシートも持ってないくらいで。

スッキリと、さて帰ろうとした私を引き留め、
 「コミツでしたらまだありますので代わりをどうぞ!」と。
お兄さんが持ってきたリンゴは、オレンジサイズの大きなリンゴ

 ・・・・・・・・? 

札を見ると「コウミツ」という品種らしい。

違います!違います!
私の買ったのは「コーミツ」じゃなく「コ・ミ・ツ」!
こんな大きなリンゴじゃなく、もっとずっとずっと小っちゃいヤツ!(゚д゚)

「コミツ!?あれ、もう下げちゃったんですよね。スミマセン!」とお兄さん。


結局、
大きな「コウミツ」を戴いてしまいました。

  こうみつ でっかくなっちゃった

お兄さんゴメンナサイ。
また買いに来るからね(^^;)

 

豆まきと恵方巻き

一昨日のこと・・・になってしまいましたが。
今年も節分にはちゃんと(?)豆まきしました。
「鬼は~外!」なんて云って可愛い子どもは居ませんけど、行事は大切にしなきゃね~(-_-)

こちらの豆まきは落花生・・・・って毎年同じこと云ってるわね。

  豆まき (1) 豆たべる~?
  豆まき当日は夜だったので写真ありません。後日昼写真

雪の中でも拾いやすくて合理的(^^)
・・・・って、庭に雪ないケド。


それにしても昨今スーパーでは、
マメ売場よりも恵方巻き売り場の方が、幅広くスペースをつかってます。
ここ数年であっという間に『節分=恵方巻き』になってしまって。
すごいな。宣伝の力は伝統をも凌駕する(^^;)

  豆まき (2) ←豆好き
  とりあえず座ってみる

節分の翌日。職場内でもその話題になりました。
スーパーにあんなに並んでいるのに、意外と食べていない人が多いらしい。
へぇ・・・・単身赴任者には手を出しやすいと思っていたんだけど~?

転勤族の多い職場ですが、
どうやら東日本側出身のオジサン達には
 「あれはこっちの風習じゃない。食う必要なし」
という意見多し。

  豆まき (3) まだ?まだ?byろく
  座りながら豆が見えるところ~見えるところ~にヨコ移動

そんなこと云ったら
 クリスマスもバレンタインもこっちの風習じゃないじゃ~ん
と思うけど・・・・大人なので、口にしないでおこう。


数年前に、このブログで恵方巻きについて
海苔業者サンがやり始めたみたいだよ~と教えていただいて。

なるほど。1年に1度くらい海苔屋サンが儲かるならそれもいいかな~と(^^)

  豆まき (4) あっ!

年寄り世帯には、鶏肉を食べた後にケーキ・・なんて風習よりも
受け入れやすくていいみたい。

県内には、東松島市という海苔の産地があることですし。
少しでも海苔屋サンが潤っているといいな~(^^)

できれば、恵方巻きに「東松島産海苔使用!」って書いてくれないかな。

  豆まき (5) うま♪うま♪byろく

ところで、ろくサン?
去年の豆まきの時には自分で殻を剥いて食べてたよね?

なんで人任せに戻った?
貰ってから「剥いて~」って持ってくるのは、犬として如何なものかと(-_-;)

 

黒いクツ

新年早々。
伯母が亡くなり、礼服の出番となったのですが
困ったのが、履いていく靴が無いこと。

いや、喪服も黒い靴も、有るといったら有るんですが。
無けりゃ恥ずかしい年齢だし(^^;)

履けるには履けるんですが・・・・
ピッタリだったはずの靴が、どんどん合わなくなって、
前回法事に列席した時に
「これはイカン、新しい靴を買おう」と思っていたんでした。

大人になって足が大きくなるなんてある訳ないだろ~と思います?
あるんです。
靴屋のベテランのオジサン曰く
「甲の高かった足が、年齢と共に変形してきて幅広くなったりしてサイズが変わるんだよね~」
だ、そうデス。・・・・そんな歳ってことね?

そんな訳で黒い靴さがし
探す時間はそれほどありません。
「新しい靴を買おう」と思ってから今まで、なぜ買っておかなかったんだ自分(-_-)

黒い靴で、疲れない高さで、布製。
会場で脱いだ時に自分の靴が判るように、ただの黒いパンプスでない飾りか形であること。
金具やキラキラのついていないもの。
出来れば冠婚葬祭以外の通常時でも使えるようなもの。


正月セールの雑多な中、黒い靴~黒い靴~と見ていたら、
長い茶髪にヒール靴の、オシャレなお姉サン風店員サンが、ニコニコ寄ってきました。
推定40歳。

いらっしゃいませの後は放っておいて欲しい派なんだけどな(^^;)
黒いのをお探しでしたら~と、頼みもしないのに「コレなんかどうですか~」と持ってくる。
う~ん・・・・ちょっと苦手なタイプ。

次々と持ってきそうな気配なので、
 いえ・・あの・・実は不祝儀に履く靴が欲しくて・・・・
云ってみました。
と。「ではコレなんか~」とニコニコ持ってきたのが・・・黒い革のパンプス

いえ・・あの・・・だから・・・・。
葬式に履くので、革の靴じゃないのが欲しいんです。


ニコニコしていた店員サンの顔が
一瞬で・・・・・・・・ゆがんだ


最近は気にしない人が多いらしいですね。
実際に、革のバッグや靴の人をよく見ますし。
・・・・さすがに葬式でヘビ革バッグの女性を見た時はギョッとしたケド(°_°)

ヘビ革ワニ革はどうかと思いますけど、そんなに気にすることもないのかもしれない・・・ですが。
じゃあ、まぁいいか~とは思えないんですよね~・・・・・。

自分のオシャレの為じゃないのよ。
喪服を着るのも、革を避けるのも、意味があること。
亡くなった人に恥をかかせちゃいけないよ~って云われてきたんだもの。


「今どき革じゃない靴を扱う靴屋はないと思いますけどね」
と、店員サン。

ハイハイ。どうもお邪魔しました~(-_-)

  白い足 黒いクツでなく白い足

時期的にブーツは多いんだけどな。
希望に当てはまるし、もういっそブーツにしちゃおうかと心が動きましたが(^^;)
結局、時間切れ。

さて、次までにのんびり黒い靴を探すか~。