やっと

紫陽花だいすき。

先代ワンコの定位置が、紫陽花の下でした。
暑い日はよく紫陽花の下に穴を掘って寝ていたっけ(^^)

  おやすみ
  以前に出した写真  咲いている花と写っている写真が無い・・・・


ここんところの各地の大雨災害の報道を聞くたびに、なんだかな~という思いをしていました。
全国的に大変そうなのに、
なぜか東北地方、なかなか入梅せず。

大雨は困るけど、
このままでは水不足になるんじゃないか!?と
作物は大丈夫か!?と。

  額紫陽花 これは・・まだ蕾?

 26日 南東北 梅雨入り

平年より14日、昨年より21日遅いそうで、
史上最遅記録タイだそうな。


 27日 北東北 梅雨入り

平年より13日、昨年より21日遅く、過去4番目に遅い・・・・とな。

  額紫陽花 満開
 
で、
梅雨明けはいつになる予定?(-_-;)

 
スポンサーサイト

レディースデー

久しぶりにコボスタへ行きました。
一週間以上前の話。
  写真多めにつき画像を小さく荒くしてます。クリックしても大きくなりません(^^;)

今年初めて。
ここだけの話・・現監督が好きではなくて・・な~んか足が遠のいていたんですよねぇ~(-_-)

  コボスタ

では何故行く気になったかというと・・・・
「レディースデー」とのことで、割引チケットが手に入りまして。
じゃあ、まぁ行ってみようかいな、と。

残念なのは、せっかく割引チケットがあっても野球観戦に付き合ってくれる女友達が居ないってことだなぁぁ(-_-)
 

久しぶりに行ったら、広いグッズ売り場が出来ていたよ!
ネズミ王国並み!←大げさ

  コボスタにて

子どもの遊び場も増えてるし、昨年から結構変わっているような。
雑多な様子に、幅広い世代が楽しめるよう色々と苦心しているのが伝わりマス。

バッティングコーナー「則本の球を打ってみよう!」も気になりますが、
今回は「レディースデー」に合わせてこんなコーナー

  レディースデーなので

スイーツ♪

  野球のお供にスイーツ

美味しそうなものばかり!
イヤ、しかし、ビールにスーツか!?(悩)

クラッチーナ(マスコットの犬鷲)の「お菓子の家」なんてものもありました(写真なし)
製菓専門学校の生徒サンが作ったらしいです。
・・・・色々と苦心してますね(^^;)

そんなこんな、球場に入る前に試合が終わりそうですが、
レディースデー特別チケット引き換え抽選会で、お決まりのポケットティッシュを貰ったあと、
席へ。

  一塁側 一塁側

時は交流戦のころ。

この日の夕食はカレー。
 旨♪ 旨♪
コボスタ、旨いもの多し(^_^)

  コボスタカレー スパイスが効いててンマイ!

同じく「レディースデー」で割引チケットを手にした人なのか、前後左右に女性。
球場には初めて来ました~みたいな女性も多そうな・・・。

隣は同じ年頃の女性グループ
前列は、年齢層お高めな女性グループ

私のお隣サンが、バンバン棒をバシバシバシバシ打ち鳴らしていたら、
前列の年配の女性が振り返って、 
「それ、売っているの?」と。

  バシバシ棒 隣のバンバン棒

 「ゲート入る前にスタッフが配ってたんですよ~?」
 「風船みたいなものを貰いませんでしたか?」

口々に説明する隣グループ&私。

「貰わなかった」というので、
「使わないのでどうぞ~(^^)」と渡すと、
隣の女性が、「あ、じゃあ私が膨らましますよ~(^^)」

この連帯感。
レディースデーも悪くないね。

  応援!応援!

反対側(3塁側)には小学生の団体がたくさん来ていました。
合間に、○○小学校・・××小学校・・△△小学校・・と紹介されてました。
遠足か修学旅行か。結構な数。

まぁ、その賑やかなこと!
高いキーでまとまって応援。

あまりに見事な応援で、応援に拍手したくらいw


その応援のお陰で勝ったよ!

WIN! 勝どきの白風船

松井カズオのホームランが出た時は、大大大歓声!
隣のグループ、前列のグループとハイタッチ!ハイタッチ!
「面白いわね~」と、前列の年配の女性。

そうですね。
勝ち試合だとこんなに面白いんですね(^_^)

  若守護神
  昨年は先発で見た話題の彼もいつのまにやらすっかり抑えになってるねぇ

延長もしていないのに、長~い試合。
しかし。
ここまで付き合ったからには、最後まで見ていきましょう!

試合後のヒーローインタビュー@番外編

  勝ち試合の後は

同じ思いの客でいっぱい。

  ヒーローズ

試合終了後、
隣グループ・前列グループと「おつかれさまでした♪」と挨拶してお別れ。

試合は面白かったし、
周りの知らない女性との交流も楽しかったし、
子どもたちの素晴らしい声援は良かったし、

良い日でした。
レディースデーも悪くないね(^^)

  夜のコボスタ

 

歌姫様とお医者様

「医は仁術展」を見に行った、東北歴史博物館

  東北歴史博物館

適度に広いし、天井が高くて圧迫感がなく、建物としても良い博物館だと思います。

常設展では、
縄文時代の住居模型なんてものから、
現代まで受け継がれる東北の文化。たとえば藁神さま("なまはげ"とか。怖いよぉ)、
など等。

今回の特別展は激混みでしたが、いつもはそれほど人がいることも無く。
周りに聞いても、「行った事ある」という人の方が少ない・・・というか、居ないくらい(^^;)

そんな、あまり有名とは云えない博物館ですが、
ここにこんなお宝が。

  歌姫のカップ

ティーカップです。
ガラスケース入り。厳重。

ただのカップではありませぬ。
レディガガのキスマーク付きティーカップ。


東日本大震災の後、
直後からいち早く動いた世界的歌姫さま。
ブレスレットを作り、巨額の寄付をしてくれたりした。
・・・・なんて話を知ったのはずいぶん後になってのことだけど。だって電気なかったからテレビ見てなかったも~ん

震災からまだそう遅くない時期、
外タレが原発事故の影響で軒並みキャンセルしていた時期に来日して、「みんな美しい日本へ!」とアピールしてくれたりもした。

その歌姫さまが・・ひと月後位だったでしょうか、チャリティオークションにかけた代物。

宮城県の歯医者サンが落札しました。
結構な価格でした。
この品を、好事家に渡さず、震災復興のために・・との思いだったとか。

その後、
このお医者サンは病に倒れ。
カップは復興の為に役立てて、との意思を示されました。

そして本人に代わり御家族が県に寄贈した翌日、亡くなられました。

  歌姫の口づけ

大きな病院のエライ医者の悪質な事件ばかり耳にする気がするけど、
ちゃんと「仁」のあるお医者サンもいるのね~という話。
 ん?歯医者と医者は違う?そんな細かいことは気にしない♪


そうそう。
宮城県内に「ガガ温泉」という温泉がありますのよ ←正確には峩々温泉(^^)


  

医は仁術展

東京や大阪でやっていた時に「面白そう!」と思っていた展示会。
「宮城で開催」と聞いて、いち早く前売り券を買ったのに、危なく終わるところだったよ。
 ・・・・いつもこのパターンだな(-_-;)

医は仁術展

タイトルを見て「あれ?」と思うだろうこの展示会は、
人気だった某・時代物医療ドラマ(?)にひっかけているもよう。

入口の音楽は、某ドラマのテーマ曲がエンドレス。
音声ガイドは大沢たかお氏。


場所は、仙台の南東・多賀城市(たがじょうし)にある 東北歴史博物館

決して行きやすい場所とは云えないし、
ドラマが終わって数年たつし・・・・。

もう少し早くやればもっと評判になったのにね~・・なんて思っていたら。
そんな心配全然無用!
  激 混 み !!!

一つの展示物に、2~3人ずつ。
半歩ずつ横移動・・・・という感じで、ダラダラ進む客の群れ。

日曜日。
ただでさえ混み混みの展示会。
ただでさえ他人様より倍時間のかかるワタクシ。

昼に入り、館を出る時には閉館の放送が流れていました。
・・・・・・・・ツ・・・ツカレタ(-_-)zzz

医は仁術展 入口で詰まってるし(^^;)

内容は、
江戸時代の医療関係の巻物や書物など。
苦労して翻訳した医学書や、日本初の腑分けの絵巻物や。

色んな医者や研究者がいて、色々と試行錯誤しているんですね。
「解体新書」ひとつとっても、昔は海外の方が優れていたような気がしますが、
どうして日本人だって、
カンシを鯨の髭で作ったり、麻酔を作ったり、スゴイもんです。

それが今のES細胞なんかに続いているんですな。


こんなものもありました。

大人の心臓 大人の脳
   大人の心臓  &  大人の脳 を持つ

重~!(>_<)
3Dプリンターってなスゴイなぁぁ。

 あ、コレは江戸時代のモノではありません。

 

霧の夜に

ムシムシ暑いと思ったら、
明日の最低気温は20℃ですって!
そして最高気温が20℃ですって!
・・・・・・考えようによっちゃ、変化が無くて過ごしやすいか?(^^;)

夕方から、雲がドンヨリ。湿度高し。

そんな夜の庭。
いつものことながら、ろくサン尻尾フリフリ探索♪

夜の探索

暗くなるとどこからどもなく出てくるビッキ(ヒキガエル)を探すのが好きなろくサン。
見つけた先から拾い上げて遠くへ移動させる私。
よくまぁ、こんなところの見つけるわね!ってくらい遠くでも、雑草地でも見つけます(^^;)

フリフリ♪ が、さらに倍。
・・・・また見つけたの?

あっ!(◎o◎)

見つかった!

チビっこ!

この大きさは・・・・・昨年の子!

昨年、上陸した子は約108匹。
 (詳しくは、写真タグ「おたま日記2014」からどうぞ ^^;)
うち少なくとも1匹は、生き延びていたようです.

良かった、良かった(T_T)

祝!一才!

啓蟄から今まで、結局"お母さん"を見ることはなかったので、
代替わりしたんだろうな~と思われます。

チビ、
これから立派に、庭保安部隊の仕事を果たせよ。

一才児と ♪ ♪

あ、あと、白怪獣には気をつけて(^^;)

 

梅雨入り前

わわ!カウンターが5ケタ超え!
サボりがち且まとまりない当ブログに、沢山の人が来ていただけた事を、ありがたく思いますm(__)m

誰かと順位を競う気はないので、ランキングには入っていません。
どのくらい読んでくれる人がいるのかな~という目安のためにカウンターを置いてます。

なので、何ケタだろうが別段構わない・・・・ハズですけども。

始めた頃は、オタマジャクシ育て記録を読む人なんか居なくて、
 興味ある人いるかな?
 イヤイヤ・・読む人がいなくてもいいか~!記録だ記録!
と思いつつ書いてましたけど、
話を聞いて(読んで)くれる人がいて、
「そうだよね」て云ってくれる人がどこかに居るんだな~と思えるのってスゴイですね(^^)



各地で梅雨入りしていますねぇ。
・・・・・と思ったら、沖縄は梅雨明けですか。

こちらはまだ梅雨入りしていません。
暑い日続き。


ところで。

散歩道にあるこの木。

食べられる?

たわわになっているのに誰も採らないので、ボタボタと落ち放題。

下にはアリンコ行列。
上にはヒヨドリ。

食べられる?

ろくサンはそれほど興味はなさそう・・・・
拾い食いしないのは良いことだ(^^)

コレって食べられるんでしょうか?
色は桑っぽいですが・・・・私が知ってる桑とは葉っぱが違うような。

御存知でしたら教えてください。

食べられる?

まぁ、こんな場所にあるんですケドも(^^;)

 

OVO

書きそびれている間に、千秋楽を迎えていました。
全公演終了。

少し前に観てきました。

OVO (1)

↑のポスターを見ていたら、
隣で見ていた人が、「え、今までのファンタジーじゃないの?」とツッコミを入れてました。
・・・・同感!(^^)


 シルク・ド・ソレイユを知らない方に、簡単に説明をすると
  カナダが本拠地で、
  ラスベガス他、たくさんのところで常時公演をしているショー団体。
  中身は、芝居というよりサーカスに近い・・舞台。
 

シルク公演を観るのは3回目です。
前回の公演は、震災でまんまと中止になったんですよね~。
その後も来なかったし、
原発の影響ウンヌン・・云っていたので、もう仙台には来ないんじゃないかと思ってました。

OVO (2) 入口
  特設のテント会場

そこそこの客入り。
約ひと月半の公演&平日なのを考えると、結構な数。

 ◆

楽しみにしていた舞台だったのですが、
・・・・・・・・・・ちょっと・・・イヤな思いをしました(>_<)
 
真ん中より後ろ寄りの私の席は、舞台セットの一部が邪魔な事を除けば、それほど悪くない席。
 が。
目の前に、背の高いお兄チャン(T_T)

お兄チャンは悪くないのです。
背伸びしていた訳でも、前のめりになっていた訳でもなく。
むしろ気持ち背中を丸めてさえいました。気を遣わせてゴメンね、お兄チャン(^^;)

悪くない・・・・けど、見えないことには変わりないのよね。
舞台の半分が見えない(T_T)
私より見えない隣席はイライラMAX。

幸い、客は"そこそこ"。後ろ側はズラ~ッと列ごと空いてます。
途中休憩。
後ろの席に座って、ヤレヤレ後ろの方が見えるわい~とホッとくつろいでいたら、
スタッフの女性が、後ろから「お客様」と呼ばわう。

曰く、
 空席をチェック管理しています。席の移動は遠慮してください。

・・・・うん。まぁ、正しいと思います。
皆が皆、好きな席に移ったんじゃ、指定席の意味はないもんね。

といって、ここで「ハイそうですか」では、1万2千円の無駄です。
簡単に諦められる金額じゃないのよね(-_-)

そこの席ですが、前席の方が大きくて、舞台が見えないもので~・・・説明説明。
 が。
「ダメです」「管理してます」の一点張り。

あのね。
A席からS席に移った訳ではありません。後方に移ったのです。
しかもその後ろにも人のいない、他人様には迷惑をかけない席。

演技中に移った訳でもありません。休憩中です。

いっそ満席だったら「運が悪かった~!」と我慢しましょうが・・・・・・
 なんですかね? 何のための空席管理?(-_-)

今までに、舞台が"見キレ"だった場合、移動させてもらったことが何度かあります。
あっちから「こちらの席が空いておりますので・・」と声を掛けてもらったこともあります。
飛行機やバスだって、不都合があったら席移動するでしょう?

休憩が終わったら、
隣の席のカップルが居なくなっていました。
・・・・・イライラして帰ったか。

帰り道。
「リピーター割引」を盛んにアピールしているスタッフ群に、
金銭アピールより、もっと大切な事があるんじゃないかね?と思った次第。

 ◆

おっと、
舞台が悪かった訳ではないのです。

「サーカスに近い」といっても、動物は一切出てこず、出演は人間のみ。
身体を使った極限のパフォーマンス

今回テーマは「虫」
ストーリーはあるような、無いような・・・・。
虫たちが跳ねたり、踊ったり。
ストーリー重視の人だと「イミがワカンナイ」と思うみたいですが、
私としては別に「これにイミ必要?」という感じで(^^;)

すごいパフォーマンスそのものを観に来た~でいいじゃないか~と(^^)

OVO (3)
売店にはパンフやTシャツの他に、OVOクッキーにOVO煎餅・・・カオスな状態w

この日。
一番盛り上がったのが、
演目中にある、いわゆる"客いじり"のコーナー(?)でした。
役者一人(いわゆるピエロ役)が、客席から選んだ人が、何かをやる・・・というもの。
"何か"といっても、立って、役者サンのマネして同じフリをやって~というような簡単なこと。

3人目に選ばれた男性。サラリーマン風なお兄サン。
フツウそうな見た目に「大丈夫?できるのかな?」と思ったら、
そのハジケっぷりは、要求の倍以上。
場内大爆笑!

あまりのノリの良さに、要求がどんどんエスカレート。
それに完璧に応え、且、アレンジまで加えていたお兄サン
サラリーマンと見たんですが・・・どこかの劇団員だったか!?

一瞬にして、スタッフ対応のイライラが吹き飛びました。
お兄サンありがとう!(^o^)


あ、もちろん、素人なお客さんのパフォーマンス以外に、
プロの演者もスゴかったです(^^)
 ヒモ一本で優雅に空飛ぶ人(演目中は"虫"だけど)、
 有りえない高さのトランポリンジャンプの連続技
 目で追うのが大変なジャグリング
 これでもか!なバック転バック宙の嵐
次々出てくる超人技。

ヒトってやればここまで出来るものなんだ~(^^)

近くの席の高校生くらいの女の子は
 「スゲェ~!マジ、超スゲ~!!」「超ヤバ~イ!!!」を連発。
超満喫しているみたい(^^;)


人間のスゴさを堪能した舞台でした。

 

長~い友達の話

タイトルだけで何のことか解った貴方は40代以上・・・ですね?(^^;)


子どもの頃は、おさげにしても(そういや「おさげ」って聞かないな・・死語?)
極太で、「しめ縄」と云われたもんです。

それに、ひどいクセッ毛で、雨の日はもう朝から大変!
プールの日は一日憂鬱で、先生に本気で「帽子かぶってちゃダメですか」と相談したもんです。

帽子かぶって授業を受けた方がヘンだろう~という事は思い至らなかったんだな、小学生。

洗濯しました
  天気が良い日に洗濯されました

年を重ね、
クセ毛は相変わらずですが・・・・
いつの間にやら、しめ縄にならなくなりました。

おさげ二つ結どころか、一つに括っただけでも、スカスカのヘロヘロ。

美容院のオネエサンは
 「・・・・今は、皮膚科に行くっていう選択肢もありますよ」
と、遠慮がちな状況報告&アドバイス。

ハッハッハッハ(^o^;) 気づいてはいたんですよねぇ。
気づきたくはないんですけど・・・立派に・・ハゲが!(-_-;)

震災の後くらいから、髪の抜けが今時期のろくサン並みになり、
だいぶスカスカヘロヘロ度が増し、
まぁ、状況が状況だし、今だけストレスってヤツよね~・・・・な~んて思ってたんですが、
それから事態が好転することはなく。

乾燥中です
  自然乾燥中です ・・・・・えっと・・・おやつ まだかな?

そして、半年ほど前から・・・でしょうか。
頭にキラキラ光るものが。
・・・・・・・・え?この上、白髪!?(-_-)

突然、急激にキラキラ度アップ。

同い年の友人に話したら、「今まで染めたりしてなかったの?」と云われました。
え?そうなの?周りはいつの間にかそんな状態?

白髪染めって、いくつからなんでしょう?
CMを見ると、榊原某・菊池某・・高島某・・森口某に・・藤原某に・・・牧瀬某。
・・・・フム・・・・・・(-_-)


このハゲ有り頭(ハゲ頭に非ず)に白髪染めして大丈夫なのか、そもそもアレルギー持ちの私は果たして使えるのか。
戦々恐々。
笑ってはいけません。悩み深し。

もしも~し?
  もしも~し?洗濯がんばったのに御褒美まだもらってませ~ん!

いいなぁ~。最初から白いと白髪が目立たないねぇ(^^;)

・・・う~ん・・・・帽子をかぶって仕事していいですかね?

 

楽しいドッグラン

しばらく書いていませんでしたが・・・・ろくサンとドッグランへ何度か行っています。
"しばらく"がどのくらいか見直してみたら、前回ドッグランの記事が昨年の10月10日。
そんなに書いてなかったか~(+_+)

ドッグラン

他の犬が近くに来ると、
  ちがいます、ここにいるのは犬ではありません
  犬に見えますが、石像です
を装うろくサン。

いつも尻尾がすっかり"股下in"だし、
あまりドッグラン好きではないのかな~と思っていたのですが。
獣医サンにも「ドッグランが向かない子もいるしね~」と云われたのですが。

車に乗る時用のゲージを見ると、乗りたい行きたいアピールをし、
車の戸を開けていると、勝手に乗り込んでいる(!)白ワンコ。

本犬が行きたいならいいのよ。いくらでも行くよ?
たくさん犬が見られて、大好きよ、私は(^^)

ドッグラン (3)

「ドッグランサム」
ここは、常連サンが多いからか、みんな仲良くやってます(^^)
えぇ~なにソレ~という飼い主サンに今のところ当たったことがありません。
常識ある犬飼いサン達。


里山一つの広いドッグラン内、あっちもこっちも犬がいっぱい。

途中から敷地内に入った者は、まずは何者かのチェックをされます。
それが犬界のシキタリ。礼儀。
匂いをクンクン♪
 ほらほら、ちゃんと匂いを嗅いでもらって、ろくも挨拶しなさ~い!

ドッグラン (4)
  安全地帯へ緊急避難!

・・・・って、やっぱり。
他の子が来ると逃げて来ちゃうし。ヘタレっ子(^^;)

ラブラドールの飼い主サンに
「ごめんね~大きい子は怖いかな~」と云われましたが、
いえ違うんです。大きさ関係ないんです
中型犬に見えますが、中身はチワワよりもトイプーよりも小型なんです、この子。

寄ってきた小型犬からそっと逃げるろくサンに、「あ、ホントね」って(-_-;)

ドッグラン (2)
 せっかく遊びに誘ってくれてるのに・・・・アイサツくらいしろや(-_-) 

こんなですケド、
とても遊んでいるように見えないんですケド、
むしろ苦痛なんじゃないかと思うんですケド、
本犬は楽しいらしいです

「ドッグラン行く?」って云うと大喜び、
車に乗っていて、ドッグランの近くになるとキュンキュン喜んでいるんですよね~・・不思議(^^;)

ドッグラン (7)

仲良くなれそうな子もいるしね。
少しずつ慣れてはきた・・・ような気がするし、
尻尾in しないで皆と一緒に遊べるようになる日が来るかなぁ。


ろくサン、6歳になりました。