西洋の神様

仙台市内の某・アウトレット。
館の中も外もオレンジ色がキラキラしていました。

  ハロウィン

なんだか感心するわ~(^^)

少し前まで、「はろういん?なんじゃそりゃ??」だったのに
今では、さも“昔からある定番行事”のように飾り付けされていて、
誰も「なんでカボチャ?」なんて聞かないのね。

そりゃまぁ、七福神の神様たちを見ても、
インド出身、中国、日本・・・・結構バラエティーに富んだ神様が、
さも“昔から日本で神様やってます”って顔しているしね。

今さら西洋の神様が一人増えても、あまり驚かないっていうか、
 あ、そうですか、いらっしゃ~い
という感じですね。これぞ日本(^_^;)

・・・・でも、なぜ子どもに菓子をやらねばいけないのが祭りなのか、
イタズラされるリスクを負わねばいけないのか、理解できない私。

悪いことすると、もっと早くから居た秋田の神様に喰われるぞ?子どもたちよ。

    ワリゴはイネが~! ナグゴはイネが~!  
      なまはげ様

 
スポンサーサイト

腹十二分目

隣県・山形県は、蕎麦の一大産地です。
この時期になると、毎週末どこかで「新そば祭り」

ためしに、今月ある「新そば祭り」を調べてみたら、
  先々週末に 村山市
  先週末は 大石田町・小国町・尾花沢市・鶴岡市宝谷地区・・・
11月に入ってからも、 
  戸沢村・最上郡大蔵村・鶴岡市温海・大江町・新庄市・鶴岡市朝日地区・・・

10月初めに蕎麦の収穫が始まり、その後は毎週どこかで「新そば祭り」
・・・・とにかく、蕎麦といったら山形、山形といったら蕎麦。


そんな選び放題の「新そば祭り」ですが、
昨年なんとなく行って、蕎麦をたらふく堪能した大石田へ今年も行きました(^^)
   (昨年→当ブログ「大石田そば祭り」

  大石田新そば祭り (1) 快晴!

昨年は“なんとなく”でしたが、
今年はしっかり前売り券を買っておきました(^.^)
 前売り券、蕎麦チケット2枚(2杯分)で、1000円也。

青空に誘われ、結構な人出です。

「受付」で整理券を貰うと、1100番すぎ・・・・、
掲示板を見ると、今は600番台。
え? 約500人待ち!?

  大石田新そば祭り (2) 大盛況!

9時前から並んだ人もいたのだそう。
「当日券も売り切れた~」とのこと。

待っている間は外のテントで。
特産物を見たり、会場内で食べる天ぷら等を物色したり、
地元の方の民謡や花笠を見たり・・・・。

待ち時間、近くの温泉で過ごすための臨時バスも出ているようです。

  大石田新そば祭り (3)

着いたのは12時ちょうど
で、会場に入れたのが1時半頃・・・・う~む、恐るべし蕎麦好き人口(^^;)
・・・・なるほど温泉にも行ける時間だわ。

さて。
番号を呼ばれたら、入口でMY丼ブリを受け取り、

 いざ!新そば!!

  大石田新そば祭り (6)

「蕎麦の渡し口」「そばがき」「下膳口」が、コーナー別に分かれてあります。
あっちで蕎麦を打ち、そっちで蕎麦を茹でています。
どこのコーナーでもせっせと働いている法被姿の地元の人たち。

テーブルでは、女性たちが、漬物を運んだり、蕎麦湯を運んだり、片づけたり・・・
見れば、先ほど「花笠」を踊っていた方たちではないですか。

 昨年も思いましたっけ。
 大石田の女性は本当に働き者です(^^)


「蕎麦打ちコーナー」では、ずっとずっとず~っと蕎麦うち。

  大石田新そば祭り (7)

時々交代してはいますが・・・・この客数・・・・・・。
蕎麦を打っていた職人サンが、入口の受付担当サンへ「あと何人くらい?」と聞きに行ってました。
おつかれさまです(^^;)


蕎麦、とても美味しかったです。
・・・・美味しかったのですが・・・・2杯は食べ過ぎです。

1杯で軽く一人前ですよ?(>_<)

  大石田新そば祭り (4) そば1杯

  大石田新そば祭り (5) 納豆そばがき

持ち帰りできないものかな(^^;)

来年、一緒に行って半杯くらい食べてくれる方を募集します(笑)

 

歩けない道

強い風が一日中ビュービュー吹いていた本日。

ろくサンとの夜散歩。
あまりに寒くて、ダウンジャケットを出しました。
はて手袋はどこに仕舞ったかな・・・。

山では雪が降ったようです。
本格的に冬の始まりですか。
 ・・・・そろそろタイヤ交換しなきゃな~(^^;)
ちょっと前まで、紅葉の話をしていたような気がするんだけどなぁ。

すっかり色付いていた街路樹も、強い風にだいぶ葉を落とされたようです。

時々通るイチョウ並木。
・・・・以前の記事のコメントに「銀杏を見たことない」とあったので、写真を撮ろうかと思ったんですけど、もう大部分の実が落ちてしまっていました。

  銀杏の道 (2)

ここ、小中学生の通学路なんですケドねぇ(-_-)

きっと今日一日の強い風で、さらにスゴイことになっていることでしょう。
しばらくここは散歩できません。

     銀杏の道 (1)

 

冬が来る前に 2

庭でウロウロ遊んでいたろくサンが、何やら「見つけた~(^^)」と呼びに来ました。
またビッキを見つけたの?
あのさ、冬眠前で忙しいんだから放っといてあげて?

白怪獣に見つかって、さぞ困っていることでしょう。
ろくサンに付き合って、庭へ・・・・。

ジョウロの下に・・・・

  カナギッチョ (1)

おや、ビッキではありませんでしたか。

  カナギッチョ (2)

小っちゃい!!
前に見た子の子どもかな? (前に見た子→当ブログ「かなぎっちょ」へ)
カナギッチョはいつ頃が繁殖期なんでしょう~?

よく見ると恐竜みたい(^^)

  カナギッチョ (4)

指が長いんですね。

  カナギッチョ (5) 興味しんしん

大人しいので測らせてもらいました。
・・・・7cm位でしょうか。

  カナギッチョ (6)

君も冬眠前で忙しいんだよね。
ガンバレ! 
  ・・・・できればろくサンに見つからないようにね(^^;)

 

はじめての文楽

先日、文楽を観ました。
文楽です、ブンラク。 「人形浄瑠璃」です。

落語の次に文楽って・・・どんだけ伝統芸能好きなんだよ、という感じですが、
そんなことはないです(^^;)
文楽には、まったく興味ありませんでした。

観てみたいな~と、ちょっと興味を持ったのが、コレから。

     双葉文庫
  文楽の世界に入ったばかりの若い太夫(語る人)が主人公
  世界は伝統芸能だけど、現代を生きてる若い男の子が
  普通に(?)仕事に悩んで恋に悩んでジタバタする青春小説デス



そういや、文楽って観たことないなぁ、と思っていたら、地元で公演。
「食わず嫌いをしない」がモットーです。
よし行ってみよう!
 そんな訳でド素人です。以下、言葉など「おいおい違うぞ」ということがあってもご容赦を(^^;)

毎年、地方公演をしているものなんですね。
伝統芸能も大変だ。

お題は、「菅原伝授手習鑑 ~寺入の段・寺子屋の段~」「釣女」
 「菅原伝授手習鑑」は、歌舞伎で、
 「釣女」は、狂言で、観たことあり。 
よし!話は知ってる!大丈夫!

   文楽

会場
上手(かみて)には、客席に張り出して床。
あぁ、あそこに太夫や三味線の人が座るんですね。

下手(しもて)には、大きく縦長な電光掲示板。
字幕が出るようです。
なるほど。歌詞が解るようになっているんですね。


そして開演
ソロソロと着物姿の男性が登場。
超イケメン!!
・・・・・・え~と、姿から察するに“太夫サン”ですよね?
戦隊モノとかライダーとかに出ている俳優サンじゃないですよね?
そんな感じの和装イケメンさん。

へぇぇ・・・浄瑠璃の太夫って、タコ坊主みたいなオジサン達ばかりだと思っていました(失礼!)
小説の中だけでなく、若い人もいるんですね。

イケメンの太夫サンが、
文楽のこと、人形について、三味線について、これから始まる話のあらすじ等々、
面白~く解説(前説し慣れてる!)して下さいました。

初心者OK!至れり尽くせり。


上手の床に、太棹の三味線と太夫サンが座り。
はじまり、はじまり。


子ども人形は1人で使っているのもありますが、
主役級の人形は、一体に付き3人の黒衣サン。


浄瑠璃・・・・途中で寝るかな?と思っていましたが、全然眠くならず。
メーンの舞台の人形を見て、上手床の太夫たちを見て、下手掲示板の字幕を見て・・・・
忙しい!

途中から、字幕を見なくなりました。
見なくても、内容は分かるし、そこまで難しい言葉で喋っていない!大丈夫!
字を追う間に舞台を観ていたい。

 思うに・・・・、
 簡単なあらすじを配るとか、歌舞伎みたいに副音声を付けるとかは出来ないのかな~?
 大きな掲示板むしろ邪魔なんじゃないかな~?
 せっかくの舞台に集中できない。


文楽、面白かったです(^^)

真面目顔のオッチャン(さらなる失礼!)が操るヤンチャな子ども人形が、なんかおかしかったり。
よよよ・・と泣いている母親人形が、本当に泣き顔に見えたり。

内容は、
正直、「寺子屋」は嫌いな演目(!)なので・・・まぁ、正当な評価はできないのですが・・(-_-)
  だって!・・・罪を負った元主君の子息を救うために、
  他の子どもを差し出し犠牲にするという話なんですよ~?
  そりゃ時代劇は好きだし、武家の“正義”は分かるけど、
  子どもと犬が犠牲になる話はどうにも・・ね・・・・(-"-)

「菅原伝授手習鑑」のお涙頂戴悲劇に対して、
「釣女」はドタバタ喜劇。

「菅原伝授・・」では、太夫サンが場面毎に代わるので、昔の無声映画みたいな感じ。
「釣女」では、人(人形)ごとに太夫サンが違うので、アニメの吹き替えみたいな感じ。

太夫サンも、
すごく感情豊かで、一人で唄っているのを忘れそうなくらいの太夫サンだったり、
ガンバレ~(^^;)と応援しちゃうような太夫サンだったり。

「文楽ってこういうものか~」というのを堪能しました(^^)

  お出迎え お出迎えしてくれた人形&人形使いサン

 
Tag: 芝居

冬が来る前に

久しぶりにビッキ(ヒキガエル)の話。
秋になって、いそいそ動き出した庭のビッキたちです。

ビッキは基本、夜行性。
ここのところ夜は“涼しい”を通り越して、すでに“寒い”くらいで。
・・・・ちょっと動きが鈍いかも。

大丈夫かな。冬に間に合うかな。

これからの季節は、夜の散歩途中に、懐中電灯で警備体制のワタクシ。
・・・・道路の真ん中で固まっている子がいたりするものですから。

食事に出てはみたものの、思ったより気温が低かったのか、そのままその場で半分寝ちゃっている(固まって動かなくなっている)ビッキがいるのです。
草むらへ強制移動っ(-_-)

どうして自然の中で生きているってのに、そうノンキなんでしょうねぇ(>_<)


昨夜、庭でチビッ子を見つけました。

  冬が来る前に

今年の子!
体長は・・・3cm弱というところでしょうか。

カエルになったばかりの頃は、1㎝なかったからねぇ(当ブログ「旅立ちの日」参照)
今や、5~6倍くらい・・・かな。

夏を乗り越え、よくぞ無事にスクスク育ったね!
感無量(T_T)

  冬が来る前に

さぁ冬眠までラストスパート!

 

新しい首輪と食欲の秋

機嫌の悪いPCのままですが、とりあえずウィルス原因では無いので、
地味~に、要らないモノを消去したり・・色々試してみています。
一度初期化するかぁ(>_<)



飼い主に似てオシャレとは縁遠いろくサンですが、
可愛い新しい首輪を頂きました。

秋らしい色合いで可愛い~(^^)
どれ、写真を・・・・

  新しい首輪

 ・・・・・ろ~くサ~ン・・・・・
 写真を・・・・・・・・・・・・・(-"-)

  新しい首輪

 あのさ、かわいく微笑んで~とは云わないから、せめて真っすぐ向いてくれないかな?

相変わらず写真キライなろくサン(-_-)
撮られると魂が抜かれると信じているようです。

 仕方ないですね。
 では、きちんとモデルが出来たら、頂いた“手作りマグロ血合ジャーキー”をあげましょう。
 手作りですよ。手作り!!

 ハイ、ろくサン・・・・写真・・・・・・・・

  早く!

 勝手に「お手」「おかわり」「フセ」までワザを繰り出してますが、
 「お手」なんて云ってませんよ?・・というか何の命令も出してません(-_-)

 しかもどこ見ているんですか?

・・・・物干しに置いているジャーキーに夢中。

  早く! いいから早く!

・・・・・・・・負けました。

  食欲の秋

 超絶不器用&無精飼い主のところに居ては、一生口に入らない代物ですよ。
 ココロして戴きなさい。

自分の陣地に持ち帰り・・・・・。
 ・・・・取り上げたりしないわぃ(-_-)

  食欲の秋 ガツガツ

  食欲の秋 ガツガツ

あっという間・・・・。

小さい頃は“食に興味のない子”だと心配していたんですけどねぇ。
今や「それ誰のこと?」(^^;)

食べても食べてもお腹のすく今日この頃です。
お腹のすくのは元気な証拠だよね(^^)
  ・・・・・・は!マグロジャーキーの写真撮るの忘れた!!(-_-)

 

不調

J2に下がるかどうか崖っぷちからわずか5㎝位の場所にいるベガルタが、
首位の赤軍団をくだすというジャイアントキリングな昨日、
他方では、ジャイアンツキリングがあったとかなかったとか。


パソコンの調子が悪いです。
すぐにバッテリーは無くなるわ、勝手にストライキに入るわ・・・・・。
できることをやってみたのですが、直りません(T_T)

カメラの調子も悪いです。
こちらもバッテリー切れが早い早い・・・・・。
実は“リコール”になり、一度メーカー回収のち返って来た物なのです(T_T)

そんな訳で、更新に苦労しそうです。
もしかしたらPCは入院が必要かも?(T_T)


季節の変わり目。
人も機械も、いろいろ不調が出るものなんでしょうか。
  ベガルタは正念場。不調とか云ってる場合じゃないケドね(>_<)

 

秋色の街路樹

街路樹も、すっかり紅葉してます。

 ケヤキ
  秋色 (2)

 モミジ
  秋色 (3)

 イチョウ
  秋色 (4)


あぁ、ろくサンそれ以上進まないで(>_<)

       秋色 (5)

先週にはもうヒドイ状態でしたが、
2週続きの台風のおかげで、イチョウの下は歩けない事態になってます。

昔は、朝早くに銀杏拾いをしているお年寄りを見かけたものですけど・・・・
そういえば最近は見ませんね(^^;)

 

夢の国からの招待

トマトが大好きで、
この夏、せっせとトマトジュース(&野菜ジュース)を飲んでいました。

・・・・で、
せっせと飲むついでに、せっせとバーコードを貯めたら、こんなモノが当たりました。

   招待状

初めに封書を見た感想は、「へぇ・・本当に当たるもんなんだぁ」でした。
テンション低めでスミマセン。

ネズミ王国に行ったことないんですよね。
   え~と・・正直・・・・あまり興味なかったので・・・(^^;)
 タダで入れるならいいかな~なんて考えたら当たった訳です。何だかスミマセン。

東北ひきこもり中なんですケド、
いいんでしょうか、当たってしまって。

友人にメールをしたら(←よく考えたらただの自慢メール)
 「せっかくだから楽しんでおいでよ。行ったら行ったで楽しいよ、夢の国なんだから」
と。

・・・・う~ん・・・・・・・・。
何だかスミマセン。

 

仙台空港

台風一過。
なのにスッキリと晴れ・・・とはいかず、強い風の残る一日。

昨夜から朝まですごい雨でした。
バケツを引っくり返したような」というか「ドラム缶を引っくり返したような」雨でした。
ヤレヤレ(>_<)



先日、久しぶりに仙台空港へ行きました。
飛行機に乗って空の旅に・・・ではなく、迎えに行っただけです(^^)

「仙台空港」という名ですが、仙台市にはありません
住所は名取市。仙台市の南隣の町の海沿いにあります。
まぁ、私が「仙台」と使う時のように、仙台藩領内(宮城県内~岩手南部)・・・みたいなイメージでしょうか。

滅多に行くことはありません。
なぜって・・・・飛行機に乗らないからです(^^;)
  飛行機は苦手なんですよねぇ。
  フォルムは好きなんですけどねぇ・・・・。

旅は、できれば、自分運転の車か、電車。
時刻表も地図も読める女(^^)v

そんな私が、前に空港を使ったのは・・・・、
え~と、4年前か。
福山の友人を訪ねた時に、広島空港から飛行機に乗ったな。

本当に久しぶり。
同市内にある閖上朝市からは、飛行機が飛び立つ様子をよく見ていたんですけど。

  仙台空港 (2)

キレイになりましたね。
・・・・・震災であんなにひどかったことが判らないね。



2011年の3月12日。
土曜日。

バックパッカー族の妹が、アジア某地に飛ぶ予定でした。
「仙台空港まで送って」と云われていました。


海沿いにある仙台空港の様子を知ったのは、しばらくたってからの事でした。


地震が一日違ったら、
あの時刻、車と私はあそこで流されていました。



空港の周りには駐車場が沢山ありました。
旅から帰ってくるまでの間、数日車を預かっていてくれる日割駐車場。

個人経営が多く、広い庭先や畑を駐車場に直して営業している所も多かったです。
車と一緒に、数日犬を預かってくれる所もありました。


滅多に行かない仙台空港ですが、
使う時はいつも利用していた駐車場が無くなってしまいました。

  仙台空港 (1)
  タイミングよく飛行機が飛んで行ってくれたりはしないもんですな

 

ドキドキのドッグラン

いつの間にか「体育の日」ではなくなった本日ですが、
やっぱり快晴でした(^^)


そんな秋晴れの今日・・・・ではなく、少し前の週末。
青空に誘われて、ドッグランへ行きました。

県内犬飼いサンの間では密かに名の知れた「ドッグラン・サム」
・・・・ドッグランは久しぶりです。
ドキドキドキ・・・・どんな子がいるかなぁ(^^)

以前ペットショップ併設の無料ドッグランへ何度か行ったことがあるのですが、
震災で、倒壊したり液状化したり・・・で、行かなくなっていました。

 まぁ・・・そこは、汚れやすい土質だったし、
 他の犬に吠えかかられたり、・・・で、
 ろくサンは、あまり好きではなかったケド(>_<)

もし、ろくサンが遊べないようなら、すぐに帰ってこよう。

私と妹とろくサンと、
ドキドキしながら出かけたら・・・・おや?誰もいない?
たまたま誰も居ない時に到着したようです。

  サムにて (1) フンフン♪

 ワタシ、残念!
 ろくサン、ラッキー!

安心して自由に歩き回る犬。
まずは匂いチェック。尻尾フリフリ♪
・・・・初めに誰も居なくてむしろ良かったかも。

  サムにて (2) フンフン♪

広場に柵がめぐらされ、
いくつか戸があって、区切られるようにもなってます。

自然満載。手作り感も満載。

  サムにて (3) ヒャッホー♪

良かった。楽しそうね(^^)

少しすると、大きな子がやってきました。
お友達になれるかな~♪・・と、出鼻を挫かれ「ワンワンワン!」
・・・・・大きな子に吠えられて、いっきにショボンとなる箱入り白ワンコ(^^;)

裏の山も歩けるようなので、まずは散策してこようか。

“知らない所だと、警戒してなかなか歩かない” 
を、ビックリするほど覆し、
終始フンフン尻尾を振って、はずんで歩くインドア派ワンコ(・_・)

  サムにて (5) ♪♪

タッ タッ タッ タッ  軽快に先へ進み。
こらこら、腰の悪い飼い主を置いていくなよ。
 「ろく~!」と呼ぶと、
 「なぁ~にぃ?」
タッ タッ タッ タッ  一応戻って来るのね(^_^;)

山道を何度も行ったり来たり。
だいぶハァハァしてるけど? 
テンションが上がって、疲れてるのに気付いてないね?

  サムにて (6) まだなの?

はしゃぎまくり。
こんな楽しそうな姿が見られるんだったら、もっと早く来れば良かったなぁ(^^)

オーナーさん曰く「上まで行っても10分くらい」の里山ですが、
ゆっくり歩く飼い主に合わせ、多めに山を歩き、
広場に戻ってみたら・・・・・・・
  ・・・・犬が増えてました・・・・(+_+)

  サムにて (7)

動揺するろくサン。
場所には慣れたケド、どうかな?・・・・ドキドキドキ。

常連ワンコが多いみたいで、節度を保ってます。
皆、仲良しのようで、ホッ(^^)
飼い主サン達も慣れているみたい。
常識的な人ばかりのようで、ホッ(^^)

気が付いたら、開け放してあった戸が閉められ、
周りには、比較的マイペースな子たち。
ろくサンもゆっくり歩き回れているようです(^^)

  サムにて (9)
   群れるワンコs&オーナーさん

隣の敷地では、活発な子たちが、追いかけっこやプロレスごっこ。
あっちには、シベリアンハスキーもレトリバーもいますね。
ジャックもボーダーも柴も・・・・・。

 ・・・・・・・・。
ろくサン、そろそろ慣れた?
隣の広場に行ってみる?色んな子がいるよ?

戸を開けて、隣へ移動してみました。
・・・・・すると、
ワワワ~ッと寄ってくる犬たち。

色んな子が入れ替わり立ち替わりで挨拶にくるので、ド緊張のろくサン。
初顔なので、皆が挨拶(犬の挨拶は匂い嗅ぎ)に来るんですね。
・・・・スンマセン。
みんな仁義を通してるのに、挨拶も出来ないミソッカスでm(__)m

  サムにて (8)
   あっという間にその場から消えて写っていません白ワンコ(^^;)

「あ~あ、ろくちゃんの為に、あっちの大人しい子と分けたのに」とオーナーさん。
「スミマセン、そろそろ慣れたかな~と思って」と私。
 ・・・・・・・・。
ウソです。
私が大きい子を撫でたかったからです。
オーナーさんは気づいたことでしょう・・・・ダメ飼い主(#-"-#)

妹の斜め後ろ(後ろ且つ顔が見える場所)「犬型の石像」を装うヘタレ白ワンコさん。
時々、大きなモノに襲われているかもしれないダメ飼い主(私)のために、石像から犬に戻りウロウロする忠義の白ワンコさん。

しばらく社会勉強をしたのち、帰りました。
ろくサンも、とても楽しかったようです。(最後は緊張したケド)
えぇ、私もとっても楽しかったです。

また行こう!(^^)

 

月蝕

ろくサンと夜散歩。
カメラ片手に空を見上げる人に行き遇う日。
「だいぶ欠けましたね!」が挨拶。

雲一つない皆既月食日和でした(^^)

  皆既月食 (1)
  欠け初め

  皆既月食 (2)
  肉眼では三日月

  皆既月食 (3)
  薄~いお月様  光量が足りずブレブレ

  皆既月食 (4)
  皆既月蝕中  赤黒くてイマイチ・・

  皆既月食 (6)
  あ、明るくなってきた!
  上の方に昇ったせいか形がボンヤリしてきました

・・・・うん、コンデジの割に、よく撮れた! ←自画自賛(^^;)

それにしても 寒~い!!!

 

ぼんやり

台風18号の被害が出ているようですね。
大丈夫でしたか?


昨日夕方より雨
「仙台クラッシックフェスティバル」(通称:せんくら)に行こうかと思っていたのですが、
腰が重くて(←実際にも心情的にも ^^;)
ぼんやりと過ごしてしまいました。

 大好きなF1日本GP(鈴鹿)が、昨日でした。
 レース後半、
 雨が契機の、重大事故がありました。
 信頼のある鈴鹿で、レーサーの誰もが好きと云ってくれる鈴鹿で、
 そんな事故があるなんて・・・・・・・・。
 どうかドライバーが助かりますように(>_<)


本日夕方まで雨
昨日からの雨が、朝にはザバザバと大きな音を立てて横殴りでした。
昨夜のうちに県内の幼稚園~大学の休校が決まっていたらしいです。
近所に人影なし。

ろくサンは家の中。

  めざせ凱旋門賞 安寧

夕刻、
「まだまだ降ってるな~」と外を見ていたら、グラグラ。
地震のオマケ付きでした。

海沿いは大丈夫かな・・・・。
こんな日は、毎回心配になります。
・・・震災から地盤沈下している箇所が多くありますので・・・・。

  めざせ凱旋門賞
   走り出す犬!

大降り小降り、繰り返しつつ、
15時過ぎには空がだいぶ明るくなりました。
思ったよりは早く過ぎたようです。

ところどころ道が水たまりになっていて、
なかなかスリリングな道路になってました。

  めざせ凱旋門賞
   めざせ凱旋門賞!・・・・の夢?

・・・・御嶽山の噴火ニュースを見るたびに、
私があの場に居たら、
「わぁ~噴火したぁ」と、噴煙にカメラを向けているだろうな、と思うのです。
きっと、噴火したことをきちんと捉えることが出来ずに、ぼんやりしているだろうな・・・と。

こんだけ災害に遭ってるというのに、未だ自分の危機管理に自信ないのって、どうなんだろうね?

災害が多く感じる今日この頃。
どこで何があるか判らない・・・ですね。

 ぼんやりしていてはいけないんでしょうが。
 ぼんやり出来るのって幸せだな~とも思う。

  ぐっすり 必死?

・・・・明日も、穏やかな犬の寝顔が見られますように。

 

乙女ごころ

先月、ギックリと逝ってしまった腰。
「腰が重いな~」とは感じながら、動き回り、晴天に誘われての布団干しが最後の一押しでした。
働き者はツライね(-_-)

あれから、
接骨院通いでだいぶ良くなりました。
重いモノ(14㎏の犬とか)を持ったり、ずっと同じ姿勢のままは、まだ・・・ですが、
立ったり座ったりは普通になりました。


元々、ギックリしなくても、姿勢が悪いせいか、歩き方が下手なせいか、
肩だの腰だの首だの・・あちこちにガタがきているので、
時々、職場近くの整体院にお世話になっている私。

今回は、家で腰を痛めたので、
いつもの整体ではなく、家から近い接骨院へ行ってみました。


木のぬくもりのある一軒家に、整然と並ぶ治療用ベッド。
・・・・良い印象です。

「どうしたんですか?」と優しく話を聞いてくれる先生。
大丈夫かこの人で?と思うような若さでもなく、年寄り過ぎでもない。
・・・・良い印象です。

初診時に、体を曲げ伸ばしして診察。
そうそう!そうなんですよ~という体の不具合をズバリ云い当て。
・・・・・大変良い印象です。

そして治療。
ピンポイントで痛い所を探し出し、
「あぁ、ココは酷いね」と、気を配りながら軽く揉んでくれる。
「余計に炎症をひどくしちゃうから」と、実際に痛めた腰そのものではなく、腕や首などを揉む。
局所を揉んでいないのに不思議と軽くなります。
・・・・・大変良いです。

首や腕・脚など繋がった先の筋肉を揉み、調節することで、良くなるものなんですね。
柔道整体師の、ギュウギュウ押して
  「痛いくらいじゃないと効かないんだよ」
  「揉み返しがあるのは当たり前」
というタイプの先生は苦手なので、ツボを軽く丁寧に揉んで調節してくれるこの先生は合っているようです(^^)

・・・・・・ただ、ですね。
室内に3つ4つ並んでいるベッドの間に、仕切りが無いんですよね・・・・。

先日、隣のベッドには同じくらいの男性患者。
「ハイ、右むいて~」と云われましても・・・ね・・・・・。
とりあえず、ひたすら目を合わせないように苦心する患者2人(^_^;)

   蛙ライター 写真は本文とは関係ありません(^^;)

それと、
マッサージ用機械を、肌に付けるのに、
服の背中を、そのままベロンと上げるのは・・・・何とかなりませんかね?

治してもらってる身ですしね、「上げますよ」って確認されても「イヤです」とは云えませんしね。
そりゃあ腰をやってしまうような“オバサン”年齢ですけど、
もう少し“でりかしー”とか“ぷらいばしー”とかいうヤツを尊重していただけると、大変嬉しいんですけどね?(^_^;)

 

秋深し

一気に涼しくなり、街路樹がだいぶ色付きました。
アッという間に10月!?
気づいたら周りが衣替えしてたわ(^^;)

家の中はまだゴザ敷きの夏仕様だけど、
お前もそろそろ冬毛仕様に衣替えしないと。

   天日干し
   晴れの日シャンプー のち天日干し中!

マダニの増える頃でもありますし、出来る時に洗っておかねば♪
晴れていても・・・そろそろ天日干しは厳しいかなぁ(^_^;)


涼しくなり、花もたくさん、散歩にも行楽にも良い季節ですね。
 ・・・・なのに、頭が重~く、目はカサカサ、喉はイガイガ、時々鼻水・・・・
意外と知られていないみたいで、「え?なんで?」と云われることもありますが、
秋は秋で、秋草のアレルギーがあるのです(>_<)

秋はでなくが多いせいか、春の花粉ほど遠くへ飛ばないみたいですが、
空き地で我が物顔に勢力を伸ばしている秋雑草sを見ると、
燃やしたい衝動に駆られるワタクシ。

いつか、ヤギを飼って、近所中の空き地へ放してやる・・・・(-_-メ)