ふるさとの風景

稲刈り日和の晴天が続き、県内の田んぼはだいぶサッパリしました。
半分以上が終わったのではないかと。

子どもの頃は、田舎の田植えだ稲刈りだと駆り出されていましたけど、
(まぁ、子どものやることなんて刈った稲を運ぶことと、イナゴ捕りくらいですが)
今は機械でババババ・・・とやってしまうので、手伝うこともなくなりました。

それでも「ふるさと」と云われたら、私の頭の中に出てくるのはこんな感じ。
心象風景ってヤツですね(^^)

 豊作 ほにょ

杭掛けしている田んぼも減りましたねぇ。

 
スポンサーサイト

雨雨大笑

先日の大雨の日。
「立川志の輔 独演会」へ行きました。

志の輔師匠といえば、国営放送でゲストに「合点」させている人ですが、
本業は落語家さんです。しかもかなりの人気者です。

毎年チケット取りが大変。
今年は、先行予約に抽選漏れ(>_<)
・・・・東京でも即日完売のプラチナ・チケットですが、宮城でもそんなに取れにくく!?

先行が往復ハガキの抽選(抽選に当たると振込みが出来る、席はチケットが来るまで判らない)ってのも、ナンダカナ~・・と思いますが、
・・・・・あれですね、
チケット販売会社のシステムってのは、どうも釈然としないものです。

 ・システム利用料
 ・発券手数料
 ・特別販売利用料

なぜ手数料ばかり、こんなにかかるんですかね?(-_-)


とにもかくにも無事にチケットが取れまして、
当日。
まさかの大雨でした(T_T)

時々雷が鳴り、道路は水浸し、
朝から、周辺地域は、JR不通の情報が流れてました。
ウチは大丈夫だけど、周りは大丈夫かなぁ~・・・・。

 ・・・・・・ん?・・デジャブー・・・・?(当ブログ「笑う時間」参照)


チケット完売なハズの会場は、見える範囲に空席3つ4つ。
せっかく取れたチケットを無駄にしてしまう無念を考えると・・・・・(>_<)

開演は10分押し。
遅れてくる人もチラホラ。・・・仕方ないですね、電車もバスも遅れてますし。

   志の輔らくご (1)

中入り(幕間)時、会場を出て休憩していたら、近くに座った方々の話が聞こえました。
どうやらお弟子さんの噺のサゲ(落語のオチのこと)が判らなかったようです(^^;)
「あれ、どういうイミ~?」に、「あれはね・・・」と説明するお仲間サン。
あはは・・・説明されても面白くはないよね(^o^;)

ははぁ・・・なるほど。こういう聞き慣れてない若者が来ていたからチケットが取りづらかった訳ね、と納得。
どういう経緯で「落語会へ行こう」となったのかは判りませんが、
落語好きが増えるのは良いことだ、
チケットが取りづらいのも我慢しよう、うん(^^)


師匠は、新作一席と、古典一席。
呵呵!(^◇^)

   志の輔らくご (2)
   「五貫裁き」に出てくる“徳力屋”は現存するって聞いたことがあるんですがね・・・

あぁ~楽しかった!
笑った!笑った!

予定より30分押し。
師匠曰く「この間に雨が止んでるといいんですけどね・・・」って、
それで長くやってくださったのですか?

全然、長さを感じませんでした。
なんならもう一席聴けますよ~(^^)

帰る頃には、雨は小降りになっていました。

  ・・・・来年はチケット取れるかなぁ(-_-)

 
Tag: 落語

昼顔

 それは 墓参りに行った田舎でのこと

 私は彼に出逢ったのです

 ・・・涼しげな目元 愛嬌のある口 力強い腕・・・

 一目見て 強く彼に魅かるのを感じました

 そしてその心をとめることは出来ませんでした

 彼は 私の愛を受け入れてくれました

 小一時間ほどでしょうか

 とても楽しい時間でした



       浮気相手


さぁ、家に帰ってからが大変(-_-)

ろく様の浮気(匂い)チェック。
ブシ!ブシ!と鼻息を荒くしながら、
いつまでもいつまでもいつまでも、全身を浮気チェック。

「お手」も「おかわり」も、おざなり。
 「ホラよ」って感じに・・・・・あ、でも御飯は食べるんですね?(^^)

一日たってもまだブシブシ文句を云いつつ、朝からチェックが入りました。
・・・・いいかげん許しておくれよ(^^;)

    不信 不信

 

お彼岸

ご近所サンに頂きました。

  おはぎ

毎年「作ったから食べてね~」と持って来てくれます。
ありがたや(^^)
旨!旨!・・・・・アッと云う間になくなる我が家。


餅類は大好き!で、
おはぎももちろん大好き!・・なのですが・・・・・実は餡子は“少なめ”くらいが好き。
餡子が嫌いな訳ではないんです。
半殺しの中身(あの中身部分って何ていうんでしょうか?)が、好きなの(^^;)

「餡子たっぷり」を売りにしているお店だと、
「えぇ~!中身たっぷりにしてよぉ(-_-)」と思うワタクシ。

団子でも餅でも、餡がたっぷりかかっていると、
薄く削いで、白身部分の味も解る比率にしたくなるのです。
しつこいですが、決して餡子が嫌いな訳ではないんです

TV番組等でも、タレントが「餡子たっぷり!」を誉め言葉に使っているところをみると、
私の好みは、かなりな少数派なんでしょうね。

 ・・・・・・同士はいませんか?(^^;)



先週の、ジャズフェス後日・・・・・腰に違和感
かなりの違和感
違和感を通り越して・・・曲がりません。立っていられません。階段が登れません。
・・こ・・・これは、久々の“ギックリ”!?

で、整体通いの日々です(>_<)


昨年の今日は「会津秋祭り」に行ったのでしたね。
今年のゲストは、綾瀬はるか嬢(@八重の桜)だというし、行きたかったけれど、
長旅には耐えられないと判断し、断念(T_T)

これも、「遊び歩いているんじゃねぇ!」という御先祖様のメッセージかな。
墓参りへ行って来ました。

 南無南無  腰が治りますように(^人^)

 

ジャズフェス

先週のこと。
仙台市街地では、秋の風物詩「ジャズ・フェス」がありました。

正式には、「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」
市民主催の、楽しい楽しい音楽のお祭り。
   画質をかなり下げて小さくしてますが写真多いです・・・・ゴメンナサイm(__)m

     ジャズフェス2014 (1)
     まずはインフォメーションでパンフを貰い

始まった当初、ジャズがメインだったので、名前は「ジャズフェス」ですが、
今では、ジャズに限らず、ロック・ブルース・R&B・アコースティック・ゴスペル・・・
・・・音楽なんでもアリです(^^)

タイトルの「定禅寺(じょうぜんじ)は、通りの名前。
始まった当初、定禅寺通りを中心に行われていたのですが、
今では、定禅寺通りはもちろん、アーケード街内・ビル前の空きスペース・駅前広場・公園・・・
・・・広~く、広~くやってます(^^)

    ジャズフェス2014 (2)
     市民広場ステージではビッグバンド演奏中♪

昨年は、
  参加バンド 733組
  ステージ数 92 (46×2日)
  参加者  5008人
  観客数  68万人 ・・・・・だったそう。

2日間、街ナカあらゆる所あらゆる音楽

  ジャズフェス2014 (3)
   なかなかの迫力♪♪

だいたい1チーム30分~60分位で交代。
出場者は、中学生吹奏楽からオヤジバンドまで、老若男女、幅広く。

ビールやワイン・日本酒・カクテル等、呑みの屋台も充実。
 ・・う・う・う・・・・車で来るんじゃなかった(T_T)

    ジャズフェス2014 (12)
    屋台いろいろ in 公園

定禅寺通りは、お祭りのために片側を車両通行止め。
結構な人出です。

秋晴れの中、好きな演奏を探してプラプラ歩き♪

    ジャズフェス2014 (4)

    ジャズフェス2014 (5)

    ジャズフェス2014 (6)

    ジャズフェス2014 (13)

「あぁ・・・・残念・・・・」という“なんちゃって趣味チーム”から、
「おぉ!玄人ですね!?」という“この場でCD売って欲しいチーム”まで、幅広く。

心地よい演奏をタダで聴きながら、昼間っから酒を呑む(←私は呑んでないけど)
・・・・あぁ平和で幸せだなぁ~(^^)


途中、
のんびり聴いていたら、雨が・・・。
キツネの嫁入り。 しかも大行列らしい長さ(>_<)

今年は、晴れ予報なのに、一時ザーザーと水を差されたようです。
しかも両日。
雨の中でも演奏してますが・・・・楽器は大丈夫なんでしょうか~?(^^;)

とりあえず屋内に避難、避難!

避難先、仙台メディアテーク内でも演奏中。

    ジャズフェス2014 (7)

    ジャズフェス2014 (8)

ジャズコンボ。
屋内は照明があって、マイクも響いて、外とはまた趣が違います。


雨があがり、
さて次はどこへ行こうかな、とパンフを見ていたら・・・・おや?
軽快なジャズ♪
迫力の音が聴こえてきました。

  ジャズフェス2014 (9)

同じ方向に、ワラワラ大移動の人々。
客は正直ですねぇ(笑)

すでに観客がたくさん集まる街角バンド前。
前に背の高い人が居て、あまり見えませんが、
・・・・子ども!?

    ジャズフェス2014 (10)
    ジャズフェス2014 (11)

音楽大に通うジャズ専攻の奨学生と、石巻ジュニアオーケストラのセッションなんだそうです。
ほほぉ~。
良いモノが聴けました(^^)

振り返ると、通行止めの車道にまでたくさんの観客。
大拍手!
 ・・・・今CD手売りすれば100枚は軽く売れるのにぃ( ̄▽ ̄)


パンフには、どこで何を演奏しているか判るように、
場所ごとに、「演奏する時間」「バンド名」「主な活動地域」が書いてあります。
「活動地域」は、県内に限らず。
福島・秋田・・・東北6県はもちろん、東京・名古屋・京都・・大分・・・沖縄なんていうバンドもいます。
え?沖縄?(・_・)

夏の「七夕祭り」ほど知られていませんが、
秋の「ジャズフェス」も全国から人が来るようになったんですね。

 ジャズフェス2014 (14)
   定禅寺通りは人がいっぱい

46か所なんて、全然回りきれないけれど、
芸術の秋 満喫♪♪♪

 

ゆく道を思う

先日、試写会へ行きました。
 映画は公開がまだですし、感想は書きません・・・気が向いたらそのうち(^^;)

重厚な時代劇。
客は、試写会にはあまり見ない年配の方々も多数。
その結果・・・

上映中、
携帯のバイブ音がブブ~ブブ~ブブ~・・。しかも何度も。
近くの席のオジサンは、3分に1回ハナ水をズズズ~と大きく啜りあげ・・(注・泣いている訳じゃありません)

・・・・あ・の・ですね。
映画の最中にたとえ電話が鳴っても取らないですよね?
バイブではなく、電源そのものを落として下さい!
電源を切れないほど大切な予定があるのなら、映画に来ないで下さい!!

風邪をひいてるなら、マスクなりティッシュなり持ち歩いて下さい!!
隣席に座ってる奥さん!ハンカチくらい渡して下さい!!


極め付きが、
クライマックスの、シーンとした場面で、館中に響く・・・・ゲップ!?

・・・・・・一瞬 芽生える殺意。
オッチャン良かったな、私が二本差しだったら今ごろ首と胴が繋がってなかったぜ(-_-メ)


映画や舞台でよく感じること。
 子どもより年配者の方がマナーが悪い

皆が皆、悪い訳じゃありません。
きちんとした人だっています。
きちんとした人の方が多いです。
でも、マナーの悪い人がどうしても目立ってしまう。

しかもエラソーな人に限って、マナーが悪い。
 何をしても注意されることのない地位にいたのかな。
 それとも単に、年を取ると周りが見えなくなるのかな。

世界平和を語る前に、自身の周りの心の平和に気を配れぃ!と云いたくなることしばし(-_-)

上映中に寝てしまいイビキをかいてる・・なら、
  忙しくて寝てない人なのかな~仕方ない・・・と思えます。
けれど「仕方ない」と思えない事が多すぎ(>_<)

 携帯の電源を切らない・・も、(マナーモードも不可!)
 途中で携帯を開く・・も、(明かりが漏れて思ってるより眩しいよ!)
 隣の人と「あの役者さん誰だっけ?」・・も、(後で話せ!後で!)
 ビニール袋をガサガサしてお菓子を食べる・・も、(論外!!)

少~し考えれば「周りに迷惑だな」って判るよね?


  子ども叱るな 来た道だ

  年寄り笑うな ゆく道だ


「年寄り叱るな ゆく道だ」な気がする昨今。
 ・・・・・気をつけよう・・・・近々ゆく道だ・・・・(-_-)

 

秋なので

夜になると寒いぐらいで、長袖の上着は必需。
すっかり秋ですね。
・・・・・お腹がすくハズだ(笑)

何度も記事にしている閖上(ゆりあげ)朝市。 *当ブログ「ゆりあげ朝市」参照
ホヤも岩牡蠣も終わりだし・・・・そろそろ9月解禁のモノが出てるかな。
“秋の味覚”探しへ。

まず腹ごしらえは、毎度おなじみ水餃子

  ゆりあげ朝市
  山盛り水餃子にキムチ乗せ&サービスの茶タマゴ付き(^^)


先月末「サンマ祭り」があったんですよね。
今年も行けなかったのが悔やまれます。
・・・・毎年、時期が早すぎ。
県内のトップを切って、気仙沼港にサンマが初水揚げされたのが、8月30日。
なのに31日に「サンマ祭り」って・・・・県内産を待とうよぉ~(-_-)

サンマはともかく、
秋の旨いモノがたくさんあるハズ・・・・・!

何を食べようかな~と魚屋並びをウロウロしていたら、美味しそうなホタテ!
“秋の味覚”ではないけど・・・・
・・・ホタテ・・・・・・・美味そう(^.^)

奥に居たオジチャンが最高のタイミングで
 「おぅ、暇だから焼いてけっど!」(←「焼いてやるよ」の意)
お・・・・・お願いしますm(__)m

炭火でジックリ、
火に顔を近づけて、よ~く見ながら、団扇でパタパタ・・・・・・
無愛想なオジチャンですが、焼き方へのコダワリ半端なし。
・・・・・もしかして前は料理屋でもしてました??(^^;)

  ゆりあげ朝市

醤油は、かけるのではなく、スプレーでまんべんなく。
香ばしい香り~(#^.^#)

  ゆりあげ朝市
 くぅぅ~・・文章に香りを付けれらないのが残念です(>_<)

閖上朝市には、炭火焼きの台が所どころに置いてあります。
買った魚介を思い思いに焼いて、その場で食べられるようになっているのです。

自分で焼くのもいいけど、
やっぱりプロが焼くと香ばしさが違うわぁぁ!

オジチャン、わざわざ食べやすいように切ってくれました。

 旨ッ! 旨ッッ!!

これから朝市に来るたび、オジチャン参りをしそう(^^)

ホタテも、ホヤと同じで、3年待たないと出荷できる程の大きさにならないのだそうです。
日本一の閖上の赤貝も出てきたみたいだし。
美味しいモノ、たくさん\(^o^)/

 

空に向かって

大雨だった11日は、震災から3年半の月命日でした。


山を切り崩し、新しく住宅地になっていく所もあり、
家の土台の跡を呑みこんで、雑草が伸び放題の空地もあり、

どちらを見ても、元の姿が思い出せなくて、
なんともいえないザワザワした気持ちになります。

何度も記事にしている、名取市閖上(ゆりあげ)の朝市。
元の場所に戻って来て9ヶ月。
以前よりお客さんが多くなったような・・・・?
雑草だらけの空地の中で、新しい朝市会場が一つ、頑張っています(^.^)


先月、
閖上に慰霊碑が建ちました。
場所は朝市のすぐそば。
日和山のすぐそばでもあります。

・・・・不思議な形。

  閖上慰霊碑
  碑前の看板には、津波で犠牲になった方の名前が記されてます

説明板によると・・・

 この慰霊碑は、
 「種の慰霊碑」から発芽した「芽生えの塔」が、上へ上へ延びていく様を表現しています。
 震災を克服し、復興への決意を新たにする人々の姿を重ねて表現したものです。

    亡き人を悼み 故郷を想う
        故郷を愛する御霊よ 安らかに

 犠牲になられた方々を悼む心と共に、
 震災で故郷を失った方々の想いが込められています。

 盛り土を含めた碑の高さは、この地における津波の高さ、8.4メートルとしています。

 
Tag: 県内

ドシャ降り

昨日の大雨がウソのような晴れ。
各地、大雨被害が出ていますね。台風でもないのに(>_<)

・・・・そちらは大丈夫ですか?

宮城県内では、朝から注意報・警報が引っ切りなしに入ってました。
 ・JR仙石線・石巻線・気仙沼線 運転見合わせ
 ・避難所開設情報
 ・コバルトライン他、道路通行止め・・・他モロモロ

東松島~石巻~気仙沼あたり、東側(海沿いの地域)が、大変なことに。
そうでなくても震災以降、地盤沈下で水害が大変なのに・・・・・。


仙台市内は、昼過ぎからの断続的な雷とドシャ降りが夜まで続きました。

所用で帰りが遅くなったのですが、
屋内にいたうえ、ニュースを見ていないので、様子が判らず。
帰る頃には小降りだったため、
友人から「大丈夫?」とメールを貰って
初めて、「え?確かに雷なってたしザバザバ降っていたけど、こっちもそんなにヒドイことになってるの?」と・・・。いいのかこんな危機管理で・・・・(-_-)

心配してくれる友人に感謝です。
帰り道、いつも通る道が水没しておりました。
・・・・無事に帰れて良かった。


帰宅したら、雷から小さくなって隠れていたであろうろくサンが、飛びついてきました。
フン!フン!と鼻息荒い(-_-)
鼻息は荒いですが、ベロベロ舐めて甘えてます。
「なんで遅かったのよ!」と怒っているのか、
「雷に打たれたかと思ったよ!」と心配していたのか解りません(^_^)

   しあわせ
    寝ワンコを見ていると幸せ(^^)

 

月とウサギの話

満月で思い出したこと。

月にウサギがいるのは、誰もが知ることと思いますが、
では何故ウサギが?

色々多々それぞれ様々あるようですが、
私の知っているのは、こんな話。

 ・・・・たしか元々の出典が「今昔物語」だったかと・・・・思うのですが、
 確認しようと思ったら、本が見当たりませんでした。
 なのでウロ覚えです・・・スミマセン(^^;) 



むかし ある山に サル・キツネ・ウサギが仲良く暮らしていました

ある日 3匹は 老人が倒れているのを見つけました
今にも死にそうです
サルとキツネは 木の実や魚などを採ってきて 老人に食べさせました

けれどもウサギは 何も持って来ることが出来ません

自分が何も出来ないことを恥じたウサギは
サルとキツネに火を焚いてもらい 
「自分の身を食べるように」と云って 火の中に飛び込みました

実は 老人は神様だったのです
自身を犠牲にしてまで他人を想うウサギの心にうたれた神様は
その姿を月へと昇らせたのでした




神様が「帝釈天」だという説もあったような・・・・・?ウロ覚え。
ウサギ偉いな~と思うより、
人・・もとい動物を試すようなことをするなんて、神様もずいぶんだな~と・・・・(-_-)


さて。
ウチの〈フーテン目バックパッカー科〉のが、
ブラブラ海外へ行った時、土産に絵本を買って来てもらいます。

 ・・・その国の"紙"の物価次第で、数冊だったり、買って来なかったりすることもありますが。

で、
前に貰ったカンボジア土産に、こんな本が・・・・

      ウサギと月 (1) $0.7

これ、火に飛び込んだウサギの話ですよね?
カンボジアにも同じ話があるんですねぇ!

  余談
  カンボジアの絵本は、日本人的にはちょっと怖い絵柄のものが多くて、
  「これでもマシな方よ!」と持ってきたのは、
  やっぱりシリアスな・・・ちょっと怖めなこんな感じの絵柄ばかり。
  英語の対訳がついているので、子どもの英語学習本なのかも?

 え~と・・・・カンボジア語は全く判りません。
 カンボジア語どころか英語も判りません!←威張ることじゃない(-_-)
 なので、“何となく”ですが・・・・・・、 


カンボジアの「月とウサギ」は・・・・ウサギはブッダでした。

色んなものに生まれ変わりを繰り返していたブッダが、ウサギとして生を受けていた時のこと
ある満月の晩 ウサギの様子を見に
神様(Indra)が 老人(old Brahman)に化け 森の中へ・・
老人に食を与えようとしたウサギは 
火の中へ自ら飛び込み・・・・・


“何となく”こんな感じ?
「old Brahman」が正しく訳せませんが・・・・ヒンドゥー用語とする辞書もあるみたいです。
はて?ヒンドゥーとブッダ??
カンボジアは仏教とヒンドゥーが交じり合った文化・・・だからですかね?
  判りましたら教えてくださ~い(>_<)

3匹ではありませんが、内容はおおよそ一緒、かな、と。
「Indra」が「帝釈天」と同一とすると、日本の話とかなり近い。


日本と繋がっているんですねぇ!カンボジア!(^^)

   ウサギと月 (2) 最終頁
    クリックすると少し大きな画面で見られます

カンボジアの月見は11月なんですかね?

 ・・・・それにしてもなぜ日本ではサルとキツネが増えたんだろ?

 

中秋の名月

残念ながら、夜になり一面どんより厚い雲。

夕方、運転席から見た東の空には、薄オレンジの大きなお月様がありました。
・・・あれれ?真ん丸じゃない?
左上が少しつぶれてる?

調べてみたら月齢 13.9。
今年の「中秋の名月」は満月ではないみたいですね。
明日の方が満月に近いようです。

ろくサンと散歩しながら、見るススキ。

そういえば、いつの間にかセミの声がしなくなりました。
小さなピーピー・・リーリー・・という声が聴こえます。
秋だなぁ。

・・・・季節の巡るスピードが年々速くなってます。追いつけん(T_T)

  月見すすき

お月見だってのに、近くの店々には里芋がありませんでした。
里芋も不順な天候のせいで不作なの?

 

心配

デング熱騒動がおさまりませんね。

同級会だか同窓会だかで、近辺に行く予定の母が、いちいちニュースを気にしています。
「そろそろ涼しいのにまだ蚊がいるかしらね~」って、
心配なら虫除けでも持っていけばいいじゃん。
他にどうしようもないでしょ?(^^;)


発生源となった代々木公園は派手に消毒されているようで。
白い防護服を来た職員(?)が大量に薬を散布している様子を報道で見ました。

事態が悪化しないために仕方ないのかな~と思っていましたが、
 「あの程度の消毒では、蚊の発生を抑えることは出来ない」と、学者発言。
・・・・じゃあ何か?
「ほ~ら!一所懸命に対処してますよ~!」というパフォーマンスってことですか?

あのぉ~・・・・
それが本当なら、
パフォーマンスのために、他の生物まで消されてしまわないですか?
蚊を食う面々まで消してしまいませんか?

生態系に影響はありませんか?

 あそこに居るのは蚊だけではないと思うのですケド・・・・・(>_<)

   赤目蛙マグネット
    写真は本文とは関係ありません(^^;)

 

GODZILLA

先日、映画を観ました。

     ゴジラ

日本で知らない人がいないであろう怪獣モノ。
今さらなので、内容は書きません。
が・・・・一つ。
こんな注意があります。

     ゴジラ注意書き

 ・・・・まぁ~ねぇ~。
 怪獣が破壊するんだから、そりゃそうだよねぇ~。そんなシーンはあるよねぇ。
 躊躇いましたが・・・・結局、観ちゃった。


予告が「愛する家族のため・・」な押しだから、「アルマゲドン?」と思ってたけど、
そんなにアルマゲドンではなかった。(アルマゲドンが悪いといっている訳ではないですよ~ ^^;)
大丈夫。
ちゃんとゴジラでした(^^)

ついでに云うと、アメリカ産でも、「なんじゃこりゃ?大トカゲ?」みたいな爬虫類ではないし、
「モンスターパニックムービー?」ってのでもなかったです(^^)
大丈夫。
ちゃんとゴジラでした(^^)

以下、まだ上映中なので閉鎖します。
ネタバレというほどには書いてませんが、これから観る予定の方は開けないで下さい。
 

あわや

先日、石巻方面へ出掛けたの時のこと。


渋滞というほどではないけど、しばらくノロノロ走りのまま・・・赤信号。
 止。
そこへ左前方の店の駐車場から、軽自動車が出てきたのが見えました。
右のウィンカー点滅。反対車線へ出たいようです。

軽自動車が反対車線に出るには絶好の機会。
が!
私の前の車が、スピードを上げ、駐車場の出口を塞ぐように・・・・止まった!

えぇ!? 何故そんなイジワル?
運転席で茶髪のオバチャンが煙草をふかしているのがミラーで見えます。
譲る気、ないんですね?(-_-;)

軽自動車分のスペースを空けたからって、そう遅くなるもんじゃないでしょ?
イライラするの解るけどさ~。
他人までイライラさせて何の意味があるのよ?


  信号が青になり前の車が進んでから、間を開けて軽自動車を行かせました。


しばらく茶髪オバチャン車の後ろのまま。変則十字路で・・・赤信号。
 止。
そこへ右側から、大型車
重機等を後ろに積み込むような車体の長~い車が、ゆ~っくり右折。
が!
大型車が、道路の真ん中で道を塞ぐように・・・・止まった!

前の運転席部分と、後ろの車を乗せる部分との連結が、外れてしまったようです(+_+)
あわや衝突事故だった茶髪オバチャン。
ま~・・・・・事故がなくて良かった。

大型車の仲間と思われる人達がやってきて、
ロープをつけたり後ろ部分を持ち上げようとしたり・・色々やっていましたが、
全く動かず。
しばらく時間かかりそう。

さっきのこともあったので、幸い私は前の車と車間距離を大めにとっていました。
手前の道から、ちょっと遠回りして十字路を回避(^^)v

あの茶髪オバチャンは、イジワルした分以上の時間、イライラすることでしょう。


その後スイスイ車を走らせていたら、
左から飛び出してきた自転車が、道の真ん中で急に・・・・止まった!

乗っていたお爺チャンが、ペダルを踏み外したようです(>_<)
あわや衝突事故だった私。
ま~・・・・・事故がなくて良かった。

運動神経は悪いですけど、
視力と決断能力は割とある方なのデス。
あまりスピードを出していなくて良かった。

茶髪オバチャンに「ザマァミロ~天罰じゃ♪」なんて思ったからね、
神様に「おまえ調子に乗るな」って云われましたね・・・スミマセンでした~(-_-)
・・・・事故にならなくてホント良かった・・・・・・。



そうそう。
立ち寄った石巻の道の駅「上品の郷」に、こんなものがありました。

     ビリケンさん

寄贈してくれた方は、色々と考えてくれてのことだとは思うのですが、
残念ながら宮城では馴染みがなくて・・・・ですね、
写真を撮っていたら、「そいづ ナニ?」 と、聞かれました。

え~と、たしか・・大阪住まいの神様で、足の裏を撫でると願いが叶う・・・・とか何とか。
 ・・・・説明合ってます?(^^;)
昔たしか映画があったな~くらいの知識しかなくて、会ったことないので自信なし。

とりあえず、交通安全でも祈っておきましょうか。

 

どっちも好きです

愛犬・ろくサンへと首輪をいただきました。
か・・・・・可愛いぃ!(^o^)

手作り!
   新しい首輪
    取り外し可能なリボン付き(^^)

首輪って自分で作れるものなんですねぇぇ。
針仕事が大の苦手で(←苦手なもの多すぎ ^_^;)
出来ればボタンつけもしたくないワタクシには、神様のような仕事!

  新しい首輪
    しかも2種(^^)

可愛いよ~!ろくサン!(^^)
「日本一」って云ったら親バカ過ぎよね。
雑種としては日本で5番目くらいに可愛いと思うよ♪



夏休みも終わって一週間。子ども達の時間割が“通常”に戻ったようです。
夕方うっかり中学校の近くを散歩すると、下校時間の中学生にバッタリ遇ってしまったり。

おっとっと・・・
そうだった、この時間は部活帰りの子どもがいるんだった。
子ども嫌いのろくサン、とたんに「もう帰りたい」モード(^^;)
  *ろくサン規定 子ども=中学生以下


先日、公園の前を通りかかったら、
出入り口の階段に座っていた男の子3人組に声を掛けられました。
小学校低学年・・・かな。
 あ、以前ろくサンを“オオカミ”と間違えた子たちとは別です(^^)


散歩中に、子どもに声を掛けられることがよくあります。
 ・・・まぁ、子ども嫌いのろくサン的には、甚だメイワクなようですが(^^;)

中には、
 「知らない大人に声を掛けてはいけません」「声を掛けられたら逃げましょう」
と教えている地域がありますよね。
犯罪が多いですし、子どもを守るのに仕方ないのかもしれないけど、
ケド・・・・声を掛けること自体が犯罪みたいで、ちょっと寂しい。

ウチの近所の子ども達は「おはようございます」「こんにちは」と挨拶してくれます。
 「犬連れがみんな良い人とは思うなよ~(-_-メ)」と、思わなくもないですが、、
挨拶する子どもに遇うと、まだまだここも捨てたモンじゃないよね~と思えます。


・・・話が逸れました(^^;)
公園前で男の子3人組に「こんにちは~」と声を掛けられました。

  「その白い犬、かわいいですね!」 と、一人。

  「かっこいいですね!」 と、一人。

どうもありがとう♪
 ・・・誉められたのに、さっさと通り過ぎるツレナイ犬でゴメンね(^^;)

通り過ぎた後ろから、3人のもめる声が聞こえます。

  「えぇ?“かわいい”じゃない?」
  「違うよ~“かっこいい”だよ~」

うん、うん。どっちでもいいよ。
“可愛い”も“格好いい”も好き(^^)

もう一人の
 「どっちやねん!!」というツッコミがイマドキらしい・・・・お前達はお笑いか\(^◇^)

その後もしばらく聞こえてました。
  「オス・メスどっちなんだろうね?」

あぁ、なるほど。
オスかメスかで誉め言葉の選択肢が変わったのかぁ!

   新しい首輪
    ちなみにメスです