ホヤ

急に空が暗くなり、ゴロゴロいいだした昼間。
ホイッスル音と共に「全員あがれ~っ」という男性の声が。
近くの小学校のプールからですかね。曇り空だとよく響きます。

久しぶりに一湿り欲しい所だな~と思っていたので、「来るなら来い」と待っていたのですが、
ゴロゴロゴロゴロ・・だけで、雨はほんのポツポツ。
“一湿り”にもなりませんでした。

冠水した所まであったというのに。
・・・・・うまくいきませんねぇ(-_-)



牛タンの話をしたので、
今日は海の名物「ホヤ」の話を。

ホヤは、生産量のほとんどを宮城が占めているんだとか。
え~と・・・ホヤ・・・・ご存知ですか?
県外の人に「見たこともない」と云われたことが・・・(^^;)
なにより鮮度が命なので、他県では難しいんでしょうね。

ちなみに、ホヤは動物
「ホヤ貝」なんて書いてあるところがあるけど、貝じゃありませんよ~。
卵から産まれたばかりの頃は、海の中を泳いでいます。
 ・・・・って偉そうに云っても、TVで観ただけで本当に泳いでるところを見たことはないケド。

   ほやボウヤ ホヤの幼生

何にも例えられない独特の味。
今までの転勤族の反応を見るだに・・・・10人中8人は受け付けないようです(^^;)

私はといえば、特にホヤを好きではありませんでした。
あ、嫌いではありません。

夏前になると、食卓にあるのが特に変わったことではなくて、
春の山菜、秋のキノコ、冬の鍋物・・・くらいな感じで。

「ヤッター!今日はホヤだ~!」というのではなく、
「あ、今日のおかずはホヤね」くらいな感じで。

それが、
3年前の夏、
ふと「そういえば今年ホヤ食べてないな」と気づいたのです。
・・・・震災で、養殖の全てが流されてしまっていました。
市場のオッチャン曰く、「み~ンな流されたから3~4年は無理だね」とのこと。

普通でも、育つのに3~4年かかるのだそうです。
じゃあ何も無くなったところから、養殖の材や人や卵を揃え、元通り出荷できるようになるまで何年かかるんだろ。
・・・・その時、しばらく口に出来ないのを覚悟しました。

食べられないと思うと、食べたくて仕方ないのが不思議。

そして今年。
「三陸産ホヤ」が帰ってきました\(^o^)/
何も無くなったところから、努力された方々に感謝しつつ、独特の海の味を味わえた今年。
ホヤが食べられる幸せ。

  ホヤ復活

そうそう。
県外から友人が来た時に、
せっかくだからと、ちょいと試しで「ホヤ酢」を頼んでみました。
忠告しました。「好き嫌いの激しい独特の味だから、まずはちょっとだけ食べてみて」と。

フンフンと聞いているようですが、酒を嗜む身としての自信があったのでしょう、
ガバッと自分の皿に持って行き・・・・
一口食べて「・・・・本当に独特の味なんだね」と箸を置いた友人。
・・・・・・・・・・だ~か~ら~云ったのに~(>_<)

この“幸せ”を、なかなか分かってもらえないのが残念です・・・・。

  ホヤ
  皮を剥く前の写真を撮らなかったので「復興デパートメント」からお借りしました。

そろそろホヤの季節も終わり。

スポンサーサイト

うしの日

毎日ヒグラシとアブラゼミが鳴いています。
うるさい(>_<)
遅れて、本日ミンミンゼミも参戦のもよう。

昨日、東北全部が梅雨明け宣言
本格的な“夏”になりました。

東北南部は梅雨明けが「平年より2~3日遅れ」となっていたけど・・・・ここ数日晴れてましたよ?
暑かったですよ?
なぜ昨日が梅雨明けだったんでしょう。
「梅雨明け」のタイミングがよく分からない(^^;)



本日は「土用丑の日」ですか。
丑の日といえば・・「う」・・・・・・・。
食べたいんですけどね。
我が家の食卓は、ごくごくフツウの日仕様でした。
・・・・・会社の財布で御馳走になっていた昔が懐かしい(T_T)

寂しいので、の写真でも載せておきましょうか。

  ヘルシー定食 牛タン♪

写真は数量少なめの「ヘルシー定食」。
通常は、この倍程の牛タンになります。

通常の「牛タン定食」は、
 牛タン焼きに、おしんこ山盛り、それに味噌南蛮を添えて。
 テールスープ麦飯。できればとろろ添えで。
以上、絶対的1セット。

牛タンは漬けてあるタレや塩が店によって違いますし、
おしんこも店によってキュウリだったりキャベツや白菜だったり。

仙台名物として知られていますが、実際には県外の友人が遊びに来た時くらいしか食べません。
一人で食べに行くものではないので・・・・あくまで私は、・・・ですが。

あぁ、「う」でも「牛」でもいいから食べたい。
・・・・・・・・夏バテてて食べきれないかもしれないけど(-_-)

室生寺展

「奈良・国宝 室生寺の仏たち」 
仙台市博物館にて開催中。

  室生寺展

いつもは、前売券を持っていても、終了日近くまで腰が重くて上がらないのですが、
子ども達が夏休みに入ると混むかもしれない。
その前に、ゆっくり見られるようにと、早めに行って来ました。

あまり子どもは居ませんでしたが・・・・年配の方々がわさわさと。
・・・まぁ、駐車場に県北から来たらしい中型バスが何台か停まっていたから、そんな気はしていたんだよね~(^^;)

その名のとおり、奈良の「室生寺」からやってきた仏様がメイン。
  「女人高野」から 癒しの「みほとけ」が 東北初出陳
他の地域ではやらないのだそうです。
仙台市博物館のみ。

 ・・・すごい!!

 ・・・とっても すごい!!!

曼荼羅絵や屏風などの美術品もたくさん展示されていますが、仏様もたくさん来ています。
「美術品」ですけど、「この作は・・」なんてウンチク不要。
とりあえず仏様の前で手を合わせ。

「国宝」だの「重要文化財」だのという表示を見なくても、
素人目にも分かるスゴイ仏様がズラ~っと。

十一面観音菩薩、釈迦如来座像、薬師如来像・・・等など等など。
室生寺のスターが揃いぶみ!

十二神将も、十二揃っています。
・・・十二神将(子から亥までの干支の神様)は、何体かが博物館所有なのだそうで、
普段、室生寺でも十二体いない・・のだとか。

  国宝の仏像をはじめとする、室生寺の仏教美術の数々を一堂に展示

チラシの文言は嘘じゃなかった(^o^)

しかも。
この展示、仏様たちが、ガラスケースに入っていない(!)のです。
一体ずつを離して置かれているので、それぞれをグルッと回って360度見ることが出来ます。

仏様を後ろから見るなんて・・・。
思わず、「失礼しま~す」と、声をかけてしまう私(^^;)

音声ガイドを聴いていたら(あ、そういえば、音声ガイドが値上がりしたよ・・・こんなとこにも消費税かい)
室生寺の座主サンが
  「わたしも写真以外で十一面観音の後ろ姿を初めて拝見しました」
と云ってました。

座主サンの“あいさつ文”に
 心の復興の一助になることを・・・
 心にやすらぎを得られることを・・・
 亡くなられた方々の御霊への供養になることを・・・
そして、
  来館した皆様に感動を与えることが出来れば幸甚です
と、ありましたが、

  感動しました!!!!!

良かった、早めに見に行って。
期間中もう一度見に行こう♪

なんなら、奈良からでも来て見ても損はないです。
室生寺でも見られないものが見られます(^^)

  室生寺展

・・・・それにしても、こんなに仏様みんな出払って、いま室生寺は大丈夫なんだろうか?

シスター・アクト

先日、ミュージカルを観ました。

  シスターアクト

1992年アメリカ映画「天使にラブソングを・・・」を、ミュージカル化。
映画で主演のウーピー・ゴールドバーグがプロデュースに関わっているようです。
英国・アメリカ・ドイツ・フランス・オランダ・イタリア・・・等など、色んな国で上演され、今回が、日本での初演。
映画の原題も「Sister Act」なので、そのまんま。

  面白かった~(^o^)

大ヒット映画が元ですし、ネタバレも何も・・・・と思いますけど、
まだ大阪&名古屋公演がありますので、以下、感想閉鎖してます。

これから観る予定の方は開けないで下さい。

大暑

暦通り・・とはいえ、
 ・・・・・・あぁ~暑いっ(>_<)

暑いのは大の苦手です。
 只今 絶賛夏バテ中! ・・・デス(-_-;)

我が家の忠犬も、飼い主に倣って夏バテ中。
年中、毛皮を着てますからね・・・だから早く冬モノ脱ぎなさいって云ったのに(>_<)

   タオルドライ シャンプーのちタオルドライ中
  「ブルブル」と云うとブルブルする(^^) しかし何故わざわざ人の目の前に来てするのだね?   

そんなバテバテの白ケモノ、
またしても耳に異変ありまして、連休中に動物病院へ。
・・・・・「外耳炎」
前回は右耳がひどかったのですが、今回は左耳。左耳のみ。

獣医サンは連休も関係ないんですね。
大変ですねぇ(^^;)
有りがた~く耳薬を頂いてきました。今回は飲み薬なし。

   自然乾燥 自然乾燥中 
   ・・なんか・・・首輪が無いと全裸に見える目の錯覚(笑)

本日は、真夏日でしたが、
せっかくの三連休も前半は雨天。
子ども達は夏休みに入ったことだし、観光に来た人もいただろうに・・・・。
逆だと良かったのにねぇ。

でも、高校野球の応援は雨で良かったかもしれませんね。
熱中症の心配はなさそう。
・・・・選手は大変だったでしょうけど。

高校野球、宮城大会は連休中に決勝まで終わりました。

準々決勝以上は、コボスタ(楽天の本拠地)で試合。
宮城球場(現コボスタ)、
応援席はコンクリそのままで痛い、トイレには入れない・・という古くて汚かった時代を考えると、
楽天の手が入って、まるで別物のようにキレイになりました。

・・・・キレイな球場になったのは良いんですけどね、
人工芝は滑るし、高校生には良くないんじゃないかな~と・・・・雨の試合を見つつ考え。
仕方ないのかもしれないけど・・・まぁ、良い面・悪い面あるもんですねぇ(-_-)

今年は、第3シード校までが準々決勝に進めなかった波乱の宮城大会。
なんとベスト4全てが公立高校でした。

・・・・・以下、私と知人(息子はリトルリーグ活躍中)の勝手な見解
 リトルリーグ(小学生)は、海沿いのチームが割と強い・・・らしいです。
 で、毎年そんな強い中から、強豪私立校に引っぱられて行くのが、
 震災から、地元の公立高校に残った子が多かったのかな~・・・・な~んて。


こちら、明日もまた真夏日みたいです。
甲子園はもっと暑いんでしょうね(>_<)
ガンバレ高校球児。

 ・・・・・・あぁ~暑いっ(>_<)

  夏バテ ぐったり

かなぎっちょ

晴れた朝、ろくサンがじっと見つめる庭の影。
・・・・イヤな予感。
ろくサンがじっと動かない時は、ろくな事がありません(>_<)

見に行くと・・・・・
おや?カナギッチョ?

  カナギッチョ
    *カナギッチョ:トカゲやカナヘビ等の総称。仙台弁?

近ごろ物置の下に住みついたらしいです。
大小見かけたので、最低でも3匹はいるみたい。

「カナギッチョ」で間違いはありませんが・・・カナヘビ?ニホントカゲ?
この地味な感じは「カナヘビ」だと思うのですが、
家族は「尾の短い子を見た」と云っとりまして・・・・トカゲ?
ご存知でしたら、ぜひ教えてください(^^)


  ・・・ブログタイトル「ゲテモノ日記」にした方がいいですかね?(-_-)

  カナギッチョ

カナギッチョといえば・・・
ず~っと昔・・・・まだイタイケな学生だった頃の思い出。

通っていた大学は、風光明媚な所にありました。
裏山にマムシが出るので、近所の病院にマムシの血清が置いてあった・・くらいの風光明媚さ(^^;)

ある日のこと。
絶対に外せない講義が朝一からあり、坂道を自転車で飛ばしていました。

突然・・・目の前にカナギッチョ!?

避けようとしたのですが、間に合わず、
  ガラガラガッシャン!!
大きな音とともに、道の下の田んぼ(というか畔道)へ落下。

自転車は、タイヤはパンク、ブレーキは取れてプラプラ。
両腕は、擦り傷で血がダラダラ。

離れたところで農作業をしていた人が、音に気づいて、駆け寄って来てくれました。
自転車を道に引き上げ、手当のために家に・・と。
親切な人です。
が、それどころではありません。絶対に外せない講義があるのです。

せっかくの親切を断る、泥だらけ血だらけの女子大生。

さて、学校へ向かおうとしたら、すぐそこにカナギッチョが。
自転車に踏まれたのか、はたまたショックで失神していたのか、そのまま道で固まっていました。
大丈夫。轢き殺してません。生きてます。

そやつを捕まえ、自転車を押して、学校まで。

講義はとっくに始まっていました。

スミマセン!コレのせいで遅刻しました!と、犯人・・もとい犯カナギッチョを見せたら、
「・・・・・出席扱いにしてあげるから保健室へ行って来なさい」と。
話の分かる先生でした。

保健室の先生に「何したの!?!」と叫ばれるまで、自分がそんなにヒドイ格好だとは思ってませんでした。
両腕が血ダラダラに、握った手からカナギッチョの尾がニュル~ッと
・・・・かなりシュールな画ヅラだったことは否めません。

カナギッチョは裏山へ放しました。


余談。
その後、学校の入口にいる守衛サンと仲良くなりました。
大破した自転車を押して、カナギッチョを持って登校してきた女子大生は、たいそう印象的だったようです。

それから

本日朝、オタマ末っ子が沈んでいました。
足が生えることもなく。

これで、今年のオタマジャクシ全てが旅立ちました。

昨年の孵化率の悪さ&上陸率の悪さを考えると、
大人になった割合はずいぶん多かった年かな~と思います。


先週末。
庭仕事をしていたら、葉影にコソコソ動くもの有り。

おぉ!君は!

  140713

まごうことなき“今年の子”(^^)

一番先に上陸したお兄ちゃんでも、約ひと月。
まだまだ指先ほどの小ささですが、
尾がすっかり無くなり、茶色くしっかりした皮膚になり、顔もシュッとしてます。

・・・・・なんてビッキらしくなって(T_T)

らしくないのは、日中なのに歩き回っていること。
そして、ヒキガエルだというのにピコピコ跳ぶこと。
 ・・・・お母さん達は、陽のあるうちは日陰の穴の中でお休みしてます。
きっと小さいうちは、昼間もエサを探さないとダメなんだろうね。

元の場所に戻したら、あっという間に姿が見えなくなりました。
ガンバレ。


これで本当に最後のおたま日記です。

祭りの終わり

準決勝のAM5時~もキツかったですが、
決勝のAM4時~は、キツイ(>_<)

 決勝 ドイツ×アルゼンチン

90分で決まらず、延長戦突入で、
 ・・・こりゃあ~決まらずにPK戦か!? 
 ・・・月曜だってのに、みんな間に合うのか!?・・と余計な心配をしましたが、
無事(?)延長で決まって良かったです(笑)

ドイツ優勝。

毎日眠かったケド、面白い試合がいっぱいだったな~。
“大穴”扱いだったコロンビア、
守りが固くて思わず応援の、メキシコ、コスタリカ、
決勝には行けなかったけど、イラン、初出場のボスニアヘルツェゴビナ・・・

・・・いっぱいあるけど、素人が1つ1つ書くのはやめておいて・・・
総評。 やっぱりW杯は楽しかった!(^^)



近頃、暑いこともあって、ろくサンの散歩時間が遅いです。
ろくサンは大歓迎の由。
なぜなら、遅い時間の方が子どもに遇う確率が低いことを知っているから(^^;)

 小さい頃から犬が大っ好きだけど、アパート暮らしで犬が飼えなかった私は、
 御近所のワンコ達にずいぶんと可愛がってもらいました。
 できれば、その御恩を今の子どもたちに返して欲しいんですけどね~?ろくサン?

嬉しそうに尻尾を振って歩くろくサンとふたり、散歩していたら、
見事な夕焼けが。

  夕焼け

う~ん・・・残念ながら、ケータイだとこの程度。
・・・・メガネ型で、見たままの一瞬を撮れるカメラがあったらいいな~(^^)
それはそれは見事な夕焼け。

ヒグラシが鳴いていました。
 ・・・・カナカナカナカナ・・・・
梅雨明けしたっけ? 気分は夏です。

明日は晴れるかな。
・・・・あまり暑くならないといいな(^^;)

暑い一日

台風一過。
・・・・いや、低気圧一過かな。
こちらに来る時は温帯低気圧に変わり、昨日はあまり風が強くなることもなく過ぎました。

昨日は“月命日”だったので、
地元ラジオでは、
 「海に行く人がいると思うけど、ま~だ波が高いのでくれぐれも気をつけて・・」
と。


今朝。
W杯の試合もないというのに、朝早くに目が覚めました。

グ~ラ・・グ~ラ・・・と、船に乗っているようなゆっくりした揺れ。
飛び起きてラジオをつけると、出たな「津波警報」!

ウチは、熊は心配しても、津波を心配するような地ではないですが、
海沿いの友人・知人、ブロガーさんが、心配(>_<)
とりあえず起きて、とりあえず海の方に祈ってみる。

6時過ぎに警報解除になってから二度寝。
・・・・危なく日干しになるところでした・・・・・暑(-_-;)


毎日、1チワワ作れるほど毛が抜けるろくサン
急に暑くなって、まだ“夏仕様”になりきっていません。

シャンプーをしました。

   毛変わり なぜ大きさが変わらん!?

少しは涼しくなったかな(^^)

私も“夏仕様”になってません。
夏バテ気味~(+_+) ←暑いのに二度寝なぞするからです

オレサマ怖い

昨日からずっと雨模様。
ザバザバ降ったり、小康状態になったり、遠くでゴロゴロいったり・・・も昨日と同じ。

家に引きこもりのろくサン。
雷が聞こえると訴えてます。
・・・・・私の耳には聞こえないんだけどねぇ(^^;)

   オレサマ避難

私の耳にもゴロゴロ聞こえるような雷だと、ゲージの隅で小さくなります。

今さらですが・・・
見て判るように“ゲージ”と云っても、三方を囲っただけの柵が、ろくサンの安心の居場所。
しかも柵は百均モノを組み合わせただけの代物(安っ!)

簡単に壊せます。
壊さなくても、ろくサンの大きさなら助走なしで飛び越えられます。
それどころか、ちょっと押すだけで領地が広がります。

それでも律義に、壊すことも飛び越えることもせず、
柵の隅の隅~ッコで、小さくなる我が家のヘタレワンコさん。
・・・まぁ、時々領地は少~し広がってはいますが・・・・・(^^;)

 柵の真ん中だろうが、隅だろうが、雷の大きさは変わらないと思うんだけどね?
 そもそもワンコには落ちないと思うよ?


仙台弁で、
雷のことを「オレサマ」と云います。
たぶん 「雷さま」→「オライサマ」→「オレサマ」 なんじゃないかと。

亡くなった祖父母がよく使っていました。
 「ほれ、オレサマ来たど~ へそ隠せ~」って(^^)

近頃ではとんと聞かなくなりました。
私より若い世代は、「なにそれ?」だろうなぁ。
時間も場所も関係なく、ゴロゴロ偉そうに来るあたり、
「オレサマ」ってピッタリ!と思うんですが。

最後から2番目の子

たしかに「延長になる前に決めて欲しい」と云いました。
「PK戦はヤメて欲しい」とも云いました。

・・・・・・だけど、準決勝で大差って!
楽しみにしていたドイツvsブラジルで、7-1って!?
7-1 って!!(@_@)
前半だけでブラジルが5点取られた時には、二度寝しようかと・・・・・・・。



雨がザバザバ降ったり、止んだかと思ったらゴロゴロ聞こえたり、
一日落ち着かない天気でした。

まだ台風は本州に上陸すらしていないんですよね?
早く通り過ぎてくれるのを祈るばかりです。


梅雨だか秋雨だか分からないような、変な天候ですが、
オタマジャクシ兄弟、あれから何匹かが旅立ち・・・・。

洗面器は、いよいよ残り1匹になりました。
この末っ子、まだ足がありません(>_<)
一番の育ち盛りだというのに、食欲もありません。

・・・・・残念ですが、これで今年の「おたま日記」は終わりになりそうです。

末から2番目。
無事陸に上がりました。

  140709
   米粒と比べてみました(^^)

WOOD JOB!

先日、映画を観ました。

   うっじょぶ

 「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖監督
 三浦しをん「神去なあなあ日常」原作

内容は(チラシ抜粋)、
主人公は、毎日お気楽に過ごしていたチャランポラン男子。大学受験に失敗、彼女にフラれ・・・ふと目にしたパンフレット表紙の女性の写真につられ、一年間の林業研修プログラムに参加することに。
ケータイの電波も通じない、虫や獣が多く若者は少ない“超”田舎に、すぐ逃げ出そうとするが、パンフレットの美女が村に住んでいることを知り・・・・。

林業の話です。
そういえば、果樹農家に酪農高校生の話に・・・邦画の職業映画(←そんなジャンルがあるのか?)が多いな。

面白かったです。
役者が皆はまり役! 適材適所(^^)

面白いのに、客席は閑散・・・・もったいな~い!(>_<)

以下、思いっきりネタバレ有りますので、感想閉鎖。
これから観る予定の方は決して開けないで下さいm(__)m
 

待ってました

全国的には「七夕」の日かと思いますが、仙台で「七夕」は8月です。
なので、雨でも曇りでも関係ないのだ(^^)
・・・とはいえ幼稚園等では、8月は夏休みに入ってしまうので、本日七夕行事をするところが多いんですよね。

いま願い事をするとしたら・・・「願わくば台風が無事に過ぎてくれますように」・・・でしょうか。



「桂歌丸 独演会」へ行きました。
落語です。

この落語会、本当は4月7日の予定でした。
・・・・・が、直前に、歌丸師匠が入院。
肺気腫とか肺炎とか。

いま手掛けている演目は、三遊亭円朝・作の「真景累ヶ淵(しんけいかさねがふち)」
長い話を、年に2話ずつ続けています。
 *「円」は旧字ですが、文字化けしてしまうかもしれないので新字体にしてます

円朝といえば、幕末~明治に活躍した“落語の神様”みたいな人。
・・・私の中では、山田風太郎の明治モノ小説に出てくる、ちょっとおとぼけキャラのイメージがありますケド・・・・、
実際には怪談の名手で、
有名な「牡丹燈篭」も、円朝の作です(^^)

円朝・怪談の中でも、「真景累ヶ淵」といえば、長~い話。
なので歌丸師匠、年に1回来ては、2話ずつやっつけていたのです。

「退院」と報道があった1週間もしないうちに「再入院」の報道があった時は、
さすがに・・・・実は重篤な状態なんじゃないかと思いましたよ(-_-)

「累ヶ淵」を始める時に「2話ずつでもやらないと生きているうち間に合わないかと」と云っていた師匠ですが、
・・・・・いやぁ~・・・・続きが聴けて良かったです(^^;)

    桂歌丸独演会
    終わった後に出る「本日の演目表」・・・・小さすぎだよ(-_-;)

前座の小痴楽サン(あ、小痴楽サン面白いです ^^)の噺が終わった後に、一度緞帳が下り、
「おやおや?」と思っていたら、
緞帳が上がり・・・もう師匠が座布団に座っている状態。

舞台袖から歩いて高座に上がるのが通常なのですが、歩くのがしんどいようです。
体がまた薄~くなったような・・・・・。

・・・・まぁ、怪談にはピッタリともいえますが(^^;)

今回は、滑稽噺と怪談を1つずつ。
怪談2話を続けるのは、大変な体力がいるんですね。

・・・・・・・最終話まで聴きたいものです(>_<)

  ねむのき
   関係ないけど、花が無いので、最近まわりでよく見かけるネムノキ

ところで、近くの席に中学生らしき男の子がいました。
滑稽噺は、わはは・・と笑っていたけど、怪談になったら舟をこぎ始め・・・・。

座っている人の話だけで、想像力をフル回転しなければ笑えないのが落語。
聴く方の力も問われます。

う~ん・・・・近ごろ時代劇もあまりやっていないしねぇ。
・・・想像力といっても、「カゴや」も「長屋」も見たことないだろうしなぁ。
見たことないものを想像するのは・・・・無理だよねぇ。

願わくば、落語文化がすたれませんように。

 

感動の再会

しとしと降りの雨の中、ろくサンがじっと見つめる庭の影。
・・・・イヤな予感。
ろくサンがじっと動かない時は、ろくな事がありません(>_<)

見に行くと・・・・・
おや?お兄ちゃん?

  お兄ちゃん
   *びっきから幸せの白ワンコの毛が見える人は明日良いことがあるでしょう*

実はワタクシ、びっきが1年でどのくらい大きくなるんだか知りません。
大人に変態したら、全て自立を促しておりますゆえ。
・・・・仕方ありません、
小指の爪より小さな子達に与える小さな虫を、その先ずっと捕る自信は無いですから。

本によっては、1年で4㎝~5㎝と書いてあるものもあるし、
10㎝近く大きくなった・・・なんて書いてあるものもあるし・・・・?
環境(地域)によって差がある・・・というのが、本当のところなんでしょう。

お兄ちゃん。体長3㎝~4㎝。
大きさからいうと、たぶん去年の子かと。

    13070501.jpg before

良かった。
1匹でも、生き残ってスクスク大きくなっている子がいた(^^)

梅雨に梅酒

ベスト8が決まり一段落。
2日休憩がありましたが、また本日より試合です。
・・何のことかって・・「え?まだやってたんだ?」という人もいるであろう、サッカーW杯です。

やっぱり決勝リーグになると、スゴイ試合ばかりですねぇ。
スゴイ試合はいいんですけど・・・、
いいんですけど、
延長時間になる前に決めて欲しいな~、PK戦はもっとヤメて欲しいな~と、願うばかりです。
地球の裏側時間はキツイ(>_<)

それにしても、ドイツチーム内でインフルエンザ流行って本当でしょうか?
・・・・・・どこのチームの呪い!?



梅雨の夜長のお供に呑んでいた自家製梅酒
気づいたら空き瓶ばかりで、残り少なです。

はて?そういえば、ここ数年作っていないな。
震災以降に作った記憶はありませんな。


家の庭にも、小さな梅の木が1本あるのですが、あまり実をつけず。
特に、今年は毛虫の“当たり年”だとかで。

毛が長くてモサッとして実のなる木に集団でいる毛虫・・・・
 ・・・・・おのれ!お前らはアメリカシロヒトリだな!!
子どもの頃、やはり“当たり年”で、通学路の桜並木下が一面“毛虫道”になりました。
文字通り「足の踏み場もない」光景は、忘れられません(>_<)

そんな悪条件の少ない梅の実で、どうにか自家梅・梅酒は、2瓶。
作り手は
自家梅のあとは、買って来た梅を使って「梅酒」「梅酢」作り。
空いた瓶があると、せっせと作りたくなるらしいです(^^;)

    梅酒

私はといえば、梅を買った来たり、瓶にラベルを貼ったりするくらいですし、
文句はないんですけど・・・、
ないんですけど、
毎日毎日せっせと作って、6本7本8本9本・・・いったい今年ナンボ作る気ですかね?

部屋が広くなりました

オタマジャクシ兄弟。
最低1匹・最高19匹が陸に上がる毎日で、
数えてみたら今日まで約108匹が、陸に上がりました(^^)
そして約32匹が、天に上がりました(T_T)

なぜ“約”かというと、
様子を見た時に水底に沈んでいて、慌ててすくって陸に上げた子は、うっかりカウントしていない事があるので。
・・・・そしてこの“うっかり”が意外と多いので(^^;)

沈んでいても、救出が早いと息を吹き返すこともあります。
ホントに難儀だねぇ。
もっと上手く肺呼吸にスイッチできないもんかね(-_-)


現在の洗面器(オタマ部屋)
  140702 (1)

寂しくなりました。
残りはあと7匹(たぶん)。

なんと、まだ足の出ていない子もいます。
・・・・・・・今までの経験から、この遅い子は陸に上がるのは難しいでしょう。

  140702 (2)

それでも末っ子が旅立つまで、見守る仮母です。
早よ大きくなれ。