忠犬

大雨だった昨日。
ザンザンと降り出したかと思ったら、急に「ガガガン!」と雷の落ちる音がしたり。

雷が大嫌いなろくサンは、降り出す前から家に自主避難していました(^^;)

最近、急に雨が降ったり雷が鳴ったり、天気が変わることがありますよね。
ホント困ります。

・・・・・・だからって、まったく聞こえない雷に反応されてもなぁ~(-_-)

  散歩拒否 (1) !!!

急に立ち止まって、引き返そうとするワンコ。
まだ疲れるほど歩いてはいないんですが・・・・・。

先代犬は、自ら「散歩行くぞ」と云いに来て、
いつまででもどこまででも歩く子だったので、
・・・犬はみんな散歩が大好きなんだと思っていたよ。

ろくサンは、見た目は活発な中型犬だけど、インドア派。
少しでも嫌なことがあると(遠雷が聞こえるとか、子どもの騒ぎ声がするとか)、すぐに帰りたくなるヘタレっ子。

    散歩拒否 (2) もう帰る!!

熊に襲われた飼い主を助け、熊を追い払った犬がニュースになっていましたね。

我が家では、
 「たとえ同じことがあっても、ろくサンは助けてはくれない」という意見で全員一致。
むしろ、
 「ろくサンが、その場で腰を抜かして、助けに行ってこちらがやられる」
 「ろくサンが足にしがみ付いてきて、逃げ遅れてやられる」
とも。

・・・・・夢を見ない現実的な我が家(-_-)

スポンサーサイト

ノケモノノケモノ

久しぶりに舞台の話を。
・・・・ここのところ芝居も映画も、感想を書かずにだいぶスッ飛ばしています。
自分の記録として書こうと思っているんですけども・・・・う~ん・・思ったことを文字にするのってムズカシくて(^^;)


さて先日、芝居を観ました。
  ノケモノノケモノ 黒くて見えづら~い(>_<)

以下・・・たいしたことを書いてないので閉鎖してません。
これから観る予定の方はスルーして下さい。


  脚本・演出・美術 : 小林賢太郎
  出演 : 音尾琢真・辻本耕志・高橋良輔・小林賢太郎


直前まで観るのをどうしようかな~と思っていた芝居。
なんとなく、ポスターを見て“不条理劇”っぽい匂いが・・・・しません?

 ・・・・・芝居でも映画でも、不条理劇は苦手。
 現実が不条理満載なのに、わざわざカネ出してまで不条理な気分を味わいたくはないわい。
 同理由で、ホラーやパニック物も苦手です。

結局のところ・・・友人に誘われて観に行くこととなりました。

・・・・面白かったよ(^^)

異世界に入りそうなところから「おや、やっぱり不条理劇?」と思ったのですが、
不条理劇というよりは、ファンタジー寄り。
ファンタジー寄りだけど、子ども向きのほのぼのではなく。
むしろ自己啓発・・というか・・・・考えれば底の深いテーマ。

“考えれば”。
・・・・・あまり考えず笑いました(^^)
大爆笑ではなくクスクス笑いの連続。

ケモノ格言がいっぱいで、楽しかった~!
しかし・・・役者サンは台詞覚えるのに大変だったことでしょう。

それと、映像を豊富に使った美術が独特で、好き。
なんともいえない不思議な感じ。だからファンタジーぽく感じてしまったのかな。


ところで。
どうでもいいことですが、劇中で
 「おまえ、よくカエル触った手でケータイ触れるな!」
という台詞があったのですが・・・・

カエルを触りながらケータイ触ってますが、ナニカ?(-_-;)

 
Tag: 芝居

放心の一日

残念でした、日本代表・・・。


うん・・あとは心穏やかにWカップを観られます。
色々と番狂わせがあって、これはこれで面白そうです。

サッカーは好きなのですけどね、
自国を応援するのは良いことだと思うんですけどね、
正直、猫も杓子もニュースもバラエティも“Wカップ!”な、ここ数日の状態に、
え?いつから日本ってそんなサッカー好き大国になってたの?と、違和感があって。
・・・・人の目をW杯に向けたい何某かの意図があるのかマスコミ!?と勘繰りたくなりました。

昔のように全然映らないのも・・・だけど、
話題になり過ぎなのも・・・・・・って、どこまでアマノジャクだ(-_-)


さ、あとはひっそり楽しもう(^^)

  寝ワンコ
  さすがに今日は眠かった・・・・

遭遇

東京の一部で大きなヒョウが降ったんですね!
ニュースを見てビックリ(+_+)
あんなにヒョウが積もるなんて!!


各地、雨のところが多いですが、数日、晴れもしくは曇りの日が続いている宮城です。

雨続きだと、なにより洗濯物が大変なので、助かります。
それと、雨続きで大変なのが・・・犬の散歩。
きっと犬飼いサンはうなづいてくれるでしょう(-_-)

多少の雨なら、合羽を着て散歩に行く我が家の愛犬・ろくサン。
本人・・もとい本犬は、水嫌いなので「散歩しなくてもいい」と云い張りますが、そういう訳にはいきません。
ゴロゴロばかりしていないで、ちゃんと運動して、出すモノ出してくれたまえ。

雨続きだと、自分の洗濯物も乾きませんが、犬用合羽も乾きません。
先代犬が使っていた合羽を出してきて、着用。
・・・・・ちょっとサイズが合わないけど、無いよりマシ(^^;)

  雨の日の散歩 母作・2部式合羽

先日。小雨降る日のこと。

合羽を着て、散歩に出たろくサン。
用をたして、さて帰ろうか・・と早足になっていたろくサンの足取りが、急に遅くなりました。

前方より、男の子2人とお婆チャン(といっても若いケド)。

  「わぁ!白いワンコ!」・・・お兄ちゃん。幼稚園年長くらい。

子どもが苦手なろくサン。
・・・どうしよう早足でやり過ごそうか・・・ろくサンが悩んでいるわずかな隙に、お兄チャンが掛け寄ってきてしまいました。

ここで、保護者たるお婆チャン(といっても若い)
  「ダメよ!ワンちゃんイヤだってよ!!」

・・・・ちょっと、待て。
ウチの子、嫌そうに歯をむいたりしてませんが? ウ~と唸ったりもしてませんが?

お婆チャン(といっても若い)の注意に、めげずにお兄チャン
  「なでてもいいですか?」 
おお!敬語(^^)

いつもは、「ゴメンね」とやり過ごすのですが、いいよ、いいよ、撫でたまえ。
怖くないようにそ~っと、優しく、下から撫でてあげてね(^^)

お兄チャン、やってみせたとおり、下からそ~っと手を出して、あごを撫でてくれました。
後ずさりながらも、ろくサン我慢。
「なでた~」と喜ぶお兄チャン。

後ろから見ていた弟クン(3歳児くらい)、お兄チャンの真似をして「なでていいですか?」
そ~っと優しくね(^^)
ろくサン我慢。
ついでに弟クンの手をペロッと舐め。
「なめられた~」と喜ぶ弟クン。
・・・・ろくサンにしてみれば、「もう勘弁してください」のペロッとなんですが(獣医サンにもよくやる)、とても喜んでもらえました・・・・・エライぞ、ろく(^^;)


見ていたお婆チャン(といっても若い)、子ども達に「よかったね」と云って、立ち去りました。
私には何も云わず。


保護者として、子どもを守りたい気持ちは解る。
解るけど。
でもね、犬は何にでも吠える噛むわけじゃないぞ。
噛みそうだったら、噛まれないような注意をするのが大人じゃないか。

初めから「ダメ」なんて云い方しないで欲しいな~、
犬=怖い なんて意識を植えつけないで欲しいな~、
接触がなければ好きになりようがないでしょう?犬も人も。

それにしても、親が動物嫌いだと子どもも嫌いになることが多いのに・・・珍しい。
そのまま犬好きに育ってくれるといいなぁ。
好き嫌いは人それぞれ・・・・とは云っても、やっぱり自分の大好きな子が嫌われるのは悲しいですもん。

濡れててゴメンね。
今度は晴れた日に会えるといいね(^^)
・・・・ろくサンにとっては災難だけど。

旅立ちの日

起きて、着替えて、
その後1番にするのが、ろくサンに「おはよう」の挨拶。
次にするのが、オタマジャクシの確認。

・・・・毎日毎日オタマを見送っています。

14日に1匹・・15日に1匹・・16日に1匹・・・、
朝起きて洗面器を覗くと、仰向けに沈んでいる子が・・・・・(T_T)

両生類なんだから、もう少しうまく陸と水とを行き来できないのかね?
難儀だねぇ(-_-)


そして、6月17日朝。

  140617

上陸!

この時、うっかり触るとペタペタ何にでもくっついてしまいます。
難儀だねぇ(-_-)

しばらく様子見・・・・
まだ尾があり、ボーッとしてますが、肺呼吸は出来ているようです。

では、2014年初、
  祝!成人! もとい・・祝!成蛙!!

  140621 (1)
  わざと昨年と同じタイトルにしてみました(^^)

ご自分の左手を御覧いただけば、どれだけ小さいか判るでしょう?

大人になったからには、住み慣れた洗面器から庭へ引っ越しです。
まずは乾かないよう、落ち葉に隠れやすい日陰場所を選んで。
ろくサンの為の“庭保安部隊(別名・虫捕り部隊)”所属となります。

これからが本当の試練。
お母さんのような立派なびっきになるのは果たして何割くらいでしょう。
脱皮を繰り返して大きくなっていきます。

広い世界を自分の足で歩いて行くのだよ(T_T)/~~~

試練

相変わらずブラジル時間を行き来してます。
驚きの試合あり驚きのチームあり、さすがW杯、楽しい~♪・・・・日本戦以外は。
日本戦はドキドキで観ていられません(>_<)
ろくサンの毛すきをしながら応援。ろくのヘタレは私似だわね・・・自覚(-_-;)
・・・・こんなんで果たして次の日本戦は起きられるでしょうか・・・・。



オタマジャクシ兄弟は順調に育っています。

経過。

手が出てくると、尻尾のヒラヒラが徐々に無くなっていきます。
自然とお尻が浮き上がってしまう・・・の図。

   6月15日撮影
  140615 (1)

判ります?
一所懸命バランスを取ろうと手をバタバタしながら沈んでいますが、斜めになっています。
気をつけないと、バランスを崩して腹が上になってしまうのです。

この頃になると、大きさが歴然。
手が出ている子の方が、育ちの早い子(お兄ちゃん)・・・なのですが、
 弟 > お兄ちゃん  の見た目になります。

  140615 (2) 背比べinカップ

泳ぎが下手になったお兄ちゃんが、弟に突き飛ばされる洗面器内。

特別仕様

前の文を読み返したら、長くてまとまりないですねぇぇ。
伝えたいことが全然・・・(^^;)

そんなTOIの記事のおまけ。
グッズの話。

外に並んでいたイベントの記念グッズは、パンフレットTシャツだけでしたが、
 ・・・・しかもパンフは、近くに並んでいたお姉様方(各地のアイスショーに行っているんだそうな)に「過去最低レベルのクオリティ」と云われていたよ・・・・トホホ(T_T) 薄いし写真は公式HPそのままだし。

場内に入ると、出演アーティストのグッズ等を販売していました。
アイスリンク仙台も出品。

「アイスリンク仙台」は、羽生結弦選手が子どもの頃から通っていたスケート場です。
私の記憶が確かなら・・まだ羽振りの良かったダイエーが昭和の頃に作った建物。
現在は仙台唯一のスケート場となりました。

3年前の震災で、内部がだいぶ酷いことになってしまったみたいです。
建物が古いですしね。
グッズの売り上げの一部は、復旧資金になるんだとか。

  アイリングッズ
羽生選手も「よろしく」とのことですし。

買ってきたお土産がコレ。
ピンクと水色のは「アイリン」というのだそうです。
「アイスリンク仙台」のマスコットキャラクター(^^)

    アイリングッズ

ところで、同じ物が2種類ありまして。値段違い。
高い方は「金メダル仕様」との表示ですが・・・。
・・・・え~と、同じに見えるんですが・・・?何が違うの??

「よ~く、見て下さい。スケート靴の結び目が金色なんです!」

    アイリングッズ

通常仕様は、結び目もヒモと同じ青色。
・・・・・なるほど。金メダル仕様だ。

たまたま人の居ない時に、店番をしていた人と話ができました。
「売れなかったらどうしましょう?」
と心配していましたが、イベント終了後、アイリングッズ売り場前には、たくさんの人が並んでいました。
売り切れたかな(^^)

・・・ところで。
本当に復旧のためにグッズを売るなら、
 某・女性アイドル団体方式で、羽生クンの本に次のイベント参加時の握手券を付けるとか・・・
 某・男性アイドル団体方式で、出場選手の生写真を限定販売するとか・・・
みんな快~く支援してくれると思うよ?どう?( ̄▽ ̄)

TOIレポート

日本とブラジルの時間を行き来していて近頃ボ~ッとしているワタクシです(-_-;)

・・・・って、サッカーではなく、フィギュアの話を。
羽生結弦選手・地元凱旋公演「Together on Ice」

  ToI
   両脇のプレゼントBOXが山になってますね

五輪後、地元で滑るのは初めて。

アイスショーの様子を後日TV放映するそうなので、どうぞTVでご覧ください。
・・・・って宮城限定なんでしょうか。23日放送だそうですが(^^;)

場所は、ゼビオアリーナ仙台。
普段はバスケットの試合等をやっている所です。
会場は小さい!リンクは狭い!そして客席は近い!!
出演者にはどうか解りませんが、客にとっては良い会場と云えマス(^^)

 あ、会場の写真はありません。「会場内撮影禁止」と云われましたので。
 もし他で会場写真を見ましたら、それはルールを守れない輩です。


羽生選手の他の出演者は(敬称略)

<スケーター>
本田武史    ・・・こちらは地元・仙台のプロスケーター
田村岳斗       荒川静香選手と同世代の元・五輪選手

ハビエル・フェルナンデス・・・羽生選手と同じオーサーコーチの元に居る愛すべき同僚

トマシュ・ベルネル ・・・「絶対観に行く!」と決めた大好きな世界のスケーターズ
ジョニー・ウィアー    2人とも日本贔屓で知られています

エフゲニー・プルシェンコ・・・云わずと知れたロシアの大スター
               なんと開催2日前に「出演決定」の発表が!

<アーティスト>
MONKEY MAJIK
RAKE
パンダライオン ・・・・以上、仙台在住アーティスト

BREATHE ・・・・2人組のうち一人が羽生選手と同じ東北高校出身なんだそうな
            しかし野球部(爆)

気づきました?
そう・・・出演者は男のみ(^^;)

ショーは休憩20分を挟んで、2部構成でした。

第1部、オープニング。
モンキーマジックの生演奏に乗って、アイスリンク仙台の子たちが軽快に登場。
 (アイスリンク仙台・・羽生選手が通っていた古巣)

曲に乗ってスケーター達も次々と登場。
一人現れるたびに、会場がキャー!キャー!キャー!
大歓声です(^o^)

そのあと、
ビデオで田村岳斗クンのメッセージが流れ、本人登場、スケート・・・
岳斗クンが終わると、レイクが弾き語り・・・
レイクが2曲歌って、本田クン登場。歌とスケートのコラボ・・・

・・・その流れで一人ずつ滑りました。

岳斗クン、レイクの歌、本田クン(レイクとコラボ)、
ジョニー、ハビエル、パンダライオンの歌、トマシュ(パンダライオンとコラボ)。

・・・・・余談。ジョニーやトマシュは引退したので「選手」ではないかな~と思うけど、「君」を付けると変なので、外国人選手は呼び捨てにしてます

第1部トリに、羽生クン。
「ホワイトレジェンド」・・白鳥の湖←五輪のエキシビで滑っていた曲。

終わると、オープニングには居なかったプルシェンコが花束を持って出てきました。
・・・・2日前に発表になったのが信じられなかったけど・・本当だった!(笑)

休憩20分 整氷後、

第2部。
アイスリンク仙台の子たちの群舞、ブリーズの歌、ハビエル(ブリーズとコラボ)、
ジョニー、本田クン、トマシュ、
で、第1部は滑らなかったプルシェンコ登場。

その後、モンキーマジックの演奏。
三味線奏者“疾風”も出てきて、モンマジ&疾風で羽生クンとコラボ。
曲は「チェンジ」←ジュニア時代のエキシビション。


楽しかった~っ!!!!

久しぶりに観た本田クンも岳斗クンも、変わらずで(本田クンは年相応の肉付きになったケド)、
ノリノリの演技に客席は大いに沸き(^^)


ジョニーも相変わらずの美しさで。
出てきた時、遠い3階席から「ジョニー!」と声を掛けたのですが、そんな女の声をかき消す声が。
男性の「ジョニー!!!」の掛け声。
思わずジョニーも笑ってました。
グッジョブ!男性ファン!
(ちなみにジョニーのパートナーは男性なのです)


トマシュもノリノリ。
1部は、初めてコラボったであろうパンダライオンに手を振ったり・・・とても楽しそうで。
2部は、帽子にトレンチコートで格好良かった(^^)
この方、五輪ではあまり点数に恵まれなくて、いつも悔しい思いをしていたのですが(←私が)
引退してアイスショーで活躍してくれるだろうな♪


ハビエルは、新プログラムを滑ってくれました。良いプログラム~!
コラボも楽しそうで・・・というか、いつも楽しそうに滑っていますね貴方。
好感が持てます。
こけてテヘペロっていうお茶目もありましたが・・・・おいおい、可愛いぞ(^^)


そしてプルシェンコ。
圧巻!
出てきただけで空気が変わります・・・・。
・・・腰の手術したんじゃなかったっけ?嘘みたい。ホントに大丈夫なの?
心配になるほど本気で滑ってました。
・・・・いや、演技中は腰のことなんか忘れてましたケド。

それにしても・・・・・演技はものすごいんですけど、
プルシェンコが動く度に歓声が起こるのが・・もう可笑しくて可笑しくて・・・。

ジャンプしたといっては「キャー!」 スピンしたといっては「キャー!」
手を広げては「キャー!」 腰を振っては「キャー!」
右を向くと右の人達が「キャー!」 左を向くと左の人達が「キャー!」
・・・・もはや宗教です(笑)


主役である羽生クンが出てきた時も、もちろん大ッ歓声!!
曲に合わせて、1部は静かに息をのんで見守り、
2部の「チェンジ」は、アップテンポな曲に大手拍子で応援。


終わった後、「この曲ホント~に疲れるんですよ」って、ゼェゼェしながら挨拶に立つ羽生クン。
・・・うん、観ていれば分かります(^^;)

そして〆の挨拶。
「金メダル持って帰ってきました~!」

「今日は本当に滑りやすかった。本当に楽しかった!」
何度も楽しい嬉しいを連呼。
・・・うんうん。良かった良かった。ホントに楽しく滑れたんだね(^^)

「考えがまとまらないな」と云いながらも、一所懸命に思いを伝えようとする羽生クン。
なにかにつけて大歓声の会場。

まとめにTVカメラに向かって話そうと「最後に・・・え~と、カメラどっちかな?」と云うと、
「こっち~!!」の声は、全方向から・・・・おい(^_^;)
羽生クン苦笑い。


最後は、
スケーター全員で手を繫ぎ・・・・ステップやスピン、スパイラル。
羽生クンとプルシェンコで同時にジャンプ。

前列は手を出せば触れそうな近さ。
・・・って触ってるし。ずるい(-_-)
スケーターが前を通るたびにキャー!キャー!キャー!

大興奮・大歓声の中でフィナーレでした。

・・・・・何でしょう。男ばかりなのに、よくもまぁ~こんなに華のある人たちを集めたな!ってくらい華やかなショーでした。

もお~~~~~幸せっっ(#^.^#)
たとえ3階席でも!
良かった!
イイモン観た!!


 ・・・・・長文にお付き合いいただきありがとうございましたm(__)m

人気チケ取り騒動

「Together on Ice」へ行きました。

   ToI

フィギュアスケート羽生結弦選手の地元凱旋公演。

出演者は、
世界的人気アイススケーターと、地元に縁のあるアーティスト。
とてもとてもとってもスゴイ、大興奮のアイスショーでした(^^)


この公演、宣伝はじめは、本人のパレード翌日の新聞広告。
観たいけど・・・・たぶんチケット取りはかなり難関だろうなと覚悟してました。

チケットの先行発売日。
発売時間前に近くのコンビニへ。
知人は別コンビニへスタンバイ。

もうすでに数人並んでいました。
全て女性。
お互いに「・・・・・ですよね?(^_^;)」と、何となしに挨拶。

発売時間10時。
携帯で電話をかけながら、順番待ち。
電話はずっと「只今タイヘン混ミ合ッテオリマス・・」のアナウンスです。

列先頭の女性は、ピコピコ機械を操作していますが・・・コンビニのシステムも混み合っています。
どうやら画面が動かないもよう。

  「初めの画面から動きません!」 と、先頭の女性
  「頑張って下さい!」 と、後ろに並ぶ人々
  
  「あ、日にちを選ぶ画面まで動きました!」 と、女性
  「あと少し!」 と、後ろ。

  「SS席完売です! Sなら!」 と女性

後ろに並ぶ全員が拳を握って応援o(>_<)o
仲間意識が芽生えるコンビニ内・・・・。

最後の枚数を選ぶところまで行き着いた時には、拍手せんばかりに喜び合い。
女性、後ろを振り返り、
  「14日の夜公演行く方いますか~?」
購入枚数が一人4枚までなので、後ろの方と一緒に購入していました(^^)

SS席(一番前席)はアッという間に売り切れ。
5分と掛からなかったんじゃないかと。

次の人も、機械に向かいながら「13日S席完売です!」と実況中継してくれたので、
無駄なくチケ取り。 
希望日は取れませんでしたが、なんとかB席(遠い3階席)をGETできました。

知人の方は、前に並んでいた人がモタモタしていて、
機械に行きつくことすら出来なかったようです。


そんなこんなで、当日。
近くの駐車場に入れられないと大変なので、早めに着きました。

開演の1時間前に開場。
その1時間前に、外テントでグッズ売り・・の時間割です。

せっかくだからパンフくらい買おうと、グッズ並びの列へ・・・・。
すると警備スタッフより「人数的に買えないかもしれません」と。
パンフレットは限定2000部で、一人4冊まで。

まだ時間30分前ですけど、開演2時間半前ですけど、
・・・・500人以上並んでいるってことですね!?

   ToI

近くに並んでいたお姉サン。
「公演のチケット取れなかったのでグッズだけ買いに来たんですよね~」
聞けば、コンビニで同じことがあったようです。

「周りで応援したんですけど機械が動かなくて。順番が回ってきた時には完売してしまって」

例えB席でも、取れてラッキーだったんですね私(^^;)

  ・・・・え~と・・・内容は後日

さらに変化

鬱陶しい天気ですが、庭の子供たち(オタマジャクシ)には良い天気♪
すくすく育っています。

ほとんど足が出たみたいです。
・・・・・まぁ・・足が出てくる気配のないどんくさい子も何匹かいますが(-_-;)

  おたま日記2014

足が出てからは、だんだん逆三角形な体つきになってきました。
丸顔からシュッとした顔に。

   6月9日撮影
  おたま日記2014 もうすぐ手が出そうな子

昨年の記録を見直したら、
「そろそろ手が出てきたかな」というのが、6月21日。
梅雨入りが18日だったようなので、やっぱり今年は早いなぁ~。

さて今年は。
9日には3匹ほど手を確認。

    おたま日記2014 手が出た子

手が出てくると、食欲がなくなってしまうオタマ。

泳ぎも下手になり、手と足をバタバタするだけで、だんだん前に進めなくなります。
オタマは平泳ぎ出来ません(>_<)
犬掻き・・・・いや、体の横でバタバタするので犬掻きにもなってません。

早く尾が無くなって陸に上がるか、
その前に体力が尽きるか・・・・これからが正念場。

どんより

梅雨の晴れ間・・とはいかなかったけど、“どんより”くらいに収まった本日昼~夕方。

連日雨だと、色々と困ったことが多いですケド、
犬の散歩もその一つ。
困ったもんだ(>_<)

そんな“歩かないせいかちょっと太ったんじゃな~い?”疑惑の、我が家の愛犬・ろくサン。
少し前に、大変なことになっていました。

何だかよく耳を掻くな~という感じになり、
耳垢が酷くなり、
匂いも・・・・・、
動物病院に連れて行ったところ、診断は「外耳炎」(T_T)

   ろく治療中 診察台
    体重を量っている間は補ていなし

先生に「おとなしくて偉いね~」と云われましたが、
怖くて吠えるほどの気力がないだけなんですけど・・・・病院でラクな子なのは有り難い(-_-;)

治療をされている間は、ずっと私に顔を埋めたまま。
耳を引っ張られても、掃除されても、
ウ~と云うでもなく、ガウガウするでもなく、ただひたすら耐えるワンコ。

替え歌を唄うクセがある私。
無意識で
  ♪ エライね エライね ろくサン もうすぐ終わるよ~♪
と唄っていたら、看護士サンに笑われました・・・・・・しまった(-_-;)


耳薬(目薬みたいに耳に入れる液体薬)も面倒でタイヘンですが、
飲み薬もタイヘン。

   ろく薬
    大きさが解るように爪楊枝を置いてみる

なんでこんなに飲みにくそうなの?
もう少し犬用に開発してよぉ(>_<)

先代犬・あるサンは、私があげたものは何でも疑わず食べたので、
「薬だよ~」とそのまま餌の上に乗せていれば、口にしてくれました(^^;)

その点、何でも、
 匂いをかぐ → 舐めてみる → 少し齧ってみる ・・
から始まる、ヘタレ犬・ろくサンは薬も面倒。

 ・薬を小さくして、ろくサンの好きなキナコに入れ込んでキナコ玉にする
 ・かつお節をまぶした餌に丸めて入れ込む
毎日あの手この手。

やれ、完治して良かった(T_T)

観光スポット

あっというまに6月5日に梅雨入りした東北地方。
早いような・・・・・。

連日どこかしらで大雨災害のニュース。
天候は人の手でどうにもならない・・・とはいえ、もう少し平均的にならないものなんでしょうかネ?
ニュースを見ながらいつも考えます(-_-)



気仙沼の観光名所を書いたので、ついでに仙台市内の観光名所を。

先日、県外の友人が仕事関係で仙台へ。
仕事終わり、「う~ん・・観光するっていう時間でもないね」という、帰るまでの少しの時間、
友人が一番大ウケしたもの。

仙台といえば。

    笹かまぼこ 

場所は、仙台市街地。
一番町商店街内にある笹かまぼこ屋「鐘崎」の店先。
繁華街です。
土日でなくとも人の通りがあります。

    笹かまぼこ

友人が、
 撮りたい・・・ケド人通りが・・・
迷っていたので、すかさず“大笹かま”を持って「写真撮らせてくださ~い」と店内へ。
店の人も「どうぞ~。なんならシャッター押しますよ(^^)」と気さく。

手際の良さに、友人に「観光ガイドか!?」とツッコまれました(笑)
店内の看板バックに笹かま変身、パチリ♪


ワタクシ、この笹かま顔出し写真を数年前に年賀状に使いました。
もちろん顔出しして。
年の初めは笑いませんとね♪
 ・・・・・友達がウケてくれたかどうかは知らないけど(^^;)


「ここは仙台」という解りやすい写真が撮れます。
ただし笹かまになると手が上手く伸ばせないので、自撮りは出来ません。

新名所

先日ツツジを見に行った、宮城県気仙沼市(けせんぬまし)。
気仙沼は、県最北で、海沿いの港町。
サンマ・マグロ・カツオも上がりますが、有名なのがフカヒレ。サメの水揚げ日本一です。

そんな港町に昨年新しく出来たカフェ。
「Kポート」

「復興屋台村」から歩いて1分。
フェリー乗り場すぐ目の前に、黒い建物。

   Kポート 左側がすぐ海

港町では見慣れない、なんだかモダンな建物です。
設計は、建築家・伊東豊雄氏。
  ・・・・ゴメンナサイ、誰?
建物に詳しい友人に云ったら「とても有名な人なんだよ~」だそうで。ほぉ~(^^)

実はここ、俳優・渡辺謙が作ったお店。
渡辺氏といえば。仙台藩藩祖。
                殿
              BSにて土曜18時~絶賛再放送中♪

さすがお屋形様。領民のことをよく考えてくださります(^^)


そんなオーナー、夫妻でよく店にも顔を出し、時には給仕しているよ~と聞いたので、
「よし、会ったら記事にしよう」と思っていたのですが・・・・未だ会えず。

ま、会えたとしても写真は載せられないだろうし。
「会いました」って自慢記事より、紹介記事にいたしましょう。

店名「K-port」
Portは「港」。「心の港」としてほしい・・・と名付けたそう。
は、「心」のKで、「気仙沼」のKで、「謙」のKで、「絆」のK。


先日食べた「夏野菜カレー」(限定20食とか)は、「三國清三シェフ監修」となってました。
こちらも有名な方なんですね。 ほぉほぉ~(^^)
海老ダシのまろやかな、オサレ~な味でした。

   Kポート

他にも、ピザやパンケーキなど。
軽食が多い・・・ような。

これなら屋台村で生モノ丼を食べた後でも、お茶に入れます(^^)

    Kポート

カフェの窓から、気仙沼大島行きのフェリーの様子が見えます。
気仙沼大島は、自然豊かな観光地。
観光客は少しは戻っただろか・・・なんて、フェリーを見ながらしみじみ。

気仙沼といえば・・・
震災後、陸に上がってしまった大型船(第18共徳丸)が、解体・撤去され、
観光客も減ったみたいです。(あくまで聞いた話ですけど)


・・・・・正直申しまして、
普段は牛丼屋おひとり様上等!旅先では食堂!のワタクシのような田舎モンには、少々お高め。
これは、地元の人が利用するというより、観光客に「ここに来い」ってことよね?

   Kポート ロゴもオサレ

さぁ、いつかオーナーに逢えるでしょうか!?
  ・・・・ゴジラで忙しいからしばらく無理だべね(^^;)

虫捕り兵器

ここのところ頭痛と目の痛みが。
確かにアレルギーが酷くなる時期ではありますが・・・・例年より酷いような・・・・。
PM?黄砂?・・・・いったい何が飛んでるんだろ(>_<)


ところで、
オタマジャクシの替え水用に、常にバケツに水を汲んで、庭に置いています。

・・・・派手ですねぇ。

    虫捕り新兵器 めいわく
    後ろにいるのはプリンカップ破壊犯

このバケツは、オタマ兄弟を沼に放す際に、100均店で買った物。
店にこの色しか無かったのです(^^;)

近ごろの暑さのせいか、庭や鉢に植えた野菜苗に、たくさんの招かれざる客。
毎年こんなに居るっけ?というくらいアブラムシが・・・・(T_T)

が、
このバケツを野菜近くに置いておくと、
翌日には、小さな羽虫がたくさん浮いています。
アブラムシと一緒にいる小さいヤツです。

虫は蛍光色に寄ってくるんだとか。
・・・・たしかに工事現場のオジサンの蛍光ベストに虫が付いていますよね~。
殺虫剤を使わず虫が捕れますよ(^^)v
   注・アブラムシは捕れません

オタマジャクシはカエルの子

オタマ兄弟は相変わらず食欲旺盛。
手が出てくると食欲がなくなるので、今が一番食べ盛り。
この時期に体力をつけられない子は上陸できません(>_<)

   おたま日記2014
    本日のメニューは菜花と御飯粒

大きくなったね~・・・って、全体写真じゃ判りづらい?(^^;)
ではプリンカップで。

    5月29日撮影
   おたま日記2014

大きい子と小さい子の体格差がだいぶ出てきました。

成長の早い子は足が(^^)
「 ♪ やがて 手が出る 足が出る 」という童謡がありますが、
手よりも足が先です。

    6月1日撮影
   おたま日記2014

プリンカップが凸凹なのは、
庭にいる、何でも興味のある白怪獣が、いつのまにか遊びモノにしていたから(-_-;)

人間でいうと、幼年→少年。小学校入学くらいでしょうか。
順調順調♪

・・・・タイトルを「変態」としようと思いましたが、違うジャンルの人が来そうなので思いとどまりました(^^;)

徳仙丈山

先週、徳仙丈山(とくせんじょうさん)へ行きました。

宮城県の最北端・気仙沼(けせんぬま)の山。
県内きってのツツジの名所。
地元の人によると「日本一のツツジの名所」

    徳仙丈山

山への入口は2ヶ所。
旧・本吉町側(山の南側)からの道は、駐車場に行き着くまでが、九十九折の恐怖の細道
・・・・・選択負け~(^^;)

前を走る車は、大学生くらいのお兄サン運転。彼女連れ。
対向車が来るたびに「おい!そこで止まっちゃダメだろ~?」というカーブで停車、
いちいち対向車の迷惑になってます(>_<)

悪いこたぁ云いません。
運転に自信のない方、大きな車の方は、気仙沼側(山の北側)から行きましょう。

    徳仙丈山

やっとの思いで着いた山の入口。
駐車場整理のオジサンは、どうやら地元の人。
品のある中年御夫婦が、質問しても答えが解らなくて困っています。
・・・・・あのぉ~通訳いりますか?(^^;)

パンフレットをもらい、散策開始♪

気軽なハイキング気分だったのですが、結構な山みち
ハイキングというよりトレッキング。
歩きやすい服装&運動靴で正解です。

頂上までは、だいたい40分ほど。
ラスト、急な坂道を登って、頂上!

    徳仙丈山 強風~!

・・・・・う~ん・・・・・・残念!!
花はまだまだでした(>_<)

パンフレットによると、
東京ドーム約10個分の広さに、約50万本のヤマツツジ・レンゲツツジ。
晴れていると太平洋まで見えるのだそう。

花もですが、天気も残念(>_<)

時期がピッタリ当たり、晴れているとこんな風?

    徳仙丈山 パンフレット

幾度の山火事など厳しい自然環境を耐えてきた自生のヤマツツジ。
山頂一帯の土が、ツツジに適したものだったので、大群落になり、
昭和に入って、町の人が保護活動を行い、ここまで広がった・・・のだそうです。

さて、山頂から少し降りたところ・・・、
駐車場整理のオジサンが「上の方に売店もトイレもあるよ」と云っていたのですが、
“売店”ってコレですかね?

    徳仙丈山

店員は地元の人たち。
焼き草もち・100円也。良心的な値段です。
美味し~い(^.^)

食べていたら、“売店”の横に座っていたお婆チャンが「お茶っこ飲むかい?」と急須でお茶を淹れてくれました。
予報に反して風が強く肌寒い日。暖かいお茶はとても有り難い・・・のですが、
・・・え~と・・・・“売店”で、ペットボトル飲料も扱っているんですけど・・・・・(^^;)

頂上はまだでしたが、下の方は満開でした。

    徳仙丈山
     気仙沼側からのツツジ街道

人の背丈よりも大きなツツジの並木が。圧巻!
一面朱色です。


気仙沼は、震災の津波&火事で有名になりましたが・・・こんな名所もあるんですよ~(^^)
カメラ好きサンには是非行って欲しいところです。