寒い寒い

先日「コボスタ」になってから初めて楽天の試合を見に行きました。

  コボスタ (1)

昨年までは「クリネックススタジアム」略して「Kスタ」。
「コボスタ」まだ慣れません。
・・コボスタコボスタコボスタ・・・そのうち慣れるかな。

先発はこの人。

  コボスタ (2)

残れるか落ちるか、崖っぷちのゴールデンルーキー君。

四球が何度も出た1回が終わったところで「今日は長いな」と覚悟(^^;)
試合内容については、何も申しません。
素人なので。

緊張感ありすぎで、席を立つタイミングが・・・、
細ごまと食べ物を漁れない感じなので、この日はお弁当♪

   コボスタ (4) 嶋君のシマシマ弁当

昼間は長袖Tシャツ1枚でOKの暖かさでしたが、日が落ちるととたんに寒~いコボスタ。
カーディガンに、ダウンジャンパー、膝掛け、
首にはマフラー、尻下には座布団代わりの保温シートや新聞紙。
ここまでしても暑くない!

  コボスタ (3)

いやむしろ寒い。
呑まずにやってられない寒さ。気温も試合も(^^;)

ビールじゃないよ。
ホットワイン♪

   コボスタ (5)

こう寒いとビールの売り子サンは大変でしょうね。
売れないと背中の樽がいつまでたっても重いまま・・・・。

以前少し書きましたが、コボスタでは暖かい飲み物の売り子サンもいます。
ホットワインの他に、熱燗ウィスキーお湯割りなんてのもあります。
コーヒー・ココア・ホットウーロン・・ノンアルコールの売り子サンも。

コボスタ (6)コボスタ (7)

見えるかな?
「ホットワイン」とか「温」と書いた札のある売り子サン。

半袖で寒くないの~?と聞いたら、
「上着は着ちゃいけないことになっているんです」
寒いのに大変ねぇ。
「ハイ、売り切るまで帰って来るなって云われていて」
・・・・・。

・・・・見るだけで寒いよ(T_T)


ちなみにこの日の試合は、新聞のTV欄によるとこんな予定だったようです。

  コボスタ (8)

スポンサーサイト

雀一族の犯行

今年も仙台(の一部)のソメイヨシノは、こんな散り方をしていました。

  散る花 (2)

花びらが散るのではなく、
花ごと、落下傘のようにクルクル回りながら落ちてくるんです。

あ~あ・・・こんなに・・・・・・(-_-;)

  散る花 (1)

そろそろ八重桜の頃。
近所は5・6部咲きといったところです。

パレード行ってません

万が一検索で引っかかっても、無駄足を踏ませることのないタイトル(笑)

本日「羽生選手 金メダルおめでとうパレード」が、仙台市街地でありました。

13時半スタートですが、12時半には交通規制が入り・・・前々から「交通規制のお知らせ」張り紙があちこちに貼られていました。
周辺の地下鉄駅は出入り口規制が。前後の時間は地下鉄本数が増えたようです。

 見に行っていません

楽天パレードと違って、相手は一人。
きっと一点集中で、一度見た人も移動したりして混雑するだろうな~と。
それに全国からファンが来るみたいだな~と。
遠慮しました(^_^;)

前日、久しく連絡を取っていない友人から「行く?」とメールが来たりしました。
思った以上に反響すごくて驚いてます。
・・・きっと「行く」と答えたら、写真ほしいとか何とかなんだろうな~。県外からわざわざ来る人もいるのに行かないのも申し訳ない気もしますが、テレビ観戦。
民放・全4局が生中継でした。


ニュースになっていたようですが、今回のパレード、資金不足で困っていたようです。

理由は、
・思ったより大規模になりそうなため警備等の費用が大きく嵩んだこと、
・IOC規定で(「金メダルおめでとう」と銘打っちゃったからね)五輪公式スポンサーしか融資できないため、地元企業からの協賛金を得られなかったこと。

そこで個人からの協力金を集めるために考えられた“記念Tシャツ”

    記念Tシャツ (1)

売り上げは全てパレードの諸費用に使われるのだそうで。

売り場になっている場所を通り掛かり。
売れるといいねぇ(^^)
・・・そう思いつつ、翌日(発売日)に通りかかったら・・・・

    記念Tシャツ (2)

売れ切れてた(◎_◎)

一盃一盃復一盃

先月、友人夫婦(正確には友人とその夫君)が遊びに来ました。

・・・今さらですが、このブログは時系列になっていません(>_<)
書こうと思っているうちに時間がたってしまったのと、「今書かなきゃ」というものとで、日にちが行ったり来たりしてます。


話を戻して、3月のこと。
夜、「東北の酒が呑みたい」という旦那サンの希望と、私の懐具合とが合う居酒屋へ。
宮城の酒といえば、純米酒純米吟醸
宮城は、特定名称酒(要は 純米酒や吟醸酒のような米だけで作る良い酒)の比率が8割以上なんだそうです。ちなみに全国平均は約3割だって。
旨い酒が揃ってるんですよ。

とりあえず“宮城の地酒”をメニュー端から注文。
もちろん“もっきり”で・・・
・・・「もっきりって何?」と聞かれたのですが、もしかして方言なの・・・・??

米の香りのする純米酒(純米吟醸含)が私は大好き(^^)
さて、生まれも育ちも西の国、東北初上陸の旦那サン。
くだり酒を呑み慣れているでしょうが、東北の米くさい酒はどうでしょう?


「美味い!美味い!」と喜んでくれました。
“宮城の地酒”追加注文。
嬉しいなぁぁ~(^^)

肴は、三陸の魚介類。
「メニューの魚のラインナップが違う!」だそうです。
・・・・あはは、私も瀬戸内に行った時そう思ったよ。

刺身盛りをまた「美味い!美味い!」と食べる2人。
嬉しいなぁぁ~(^^)

時は春先
旬の今しか食べられないからね~・・と“めかぶしゃぶ”を注文。
・・・ええ~と、実は私が食べたかったから・・・なんだけど(^^;)
県内ブロガーさんのめかぶの記事を見て食べたくなっていた、春先に食べられる旬の味です。

お帰り!三陸の生めかぶ!!

  めかぶしゃぶ (1)

この茶色いのが・・・

  めかぶしゃぶ (2)

鍋に入れるとサ~ッと綺麗な緑色に。
ポン酢につけて召し上がれ。

美味い!美味い!

旦那サン、ヌルンッとして箸では掴めず苦戦。
・・・・無理しないで網杓子を使って下さい(^^;)

気づくと、ご飯モノに突入している女2人を横目に、網杓子を持ちっぱなしの旦那サン。
「なんか・・・ハマる味」だそう。
嬉しいなぁぁ~(^^)

お気に召して頂けて良かったです。

人が美味しそうに食べる顔を見ると幸せな気分になりますね(^^)
自分が好きなモノなら尚さら。


 

西行戻しの松公園

またまた桜花の話。
・・・・時期モノですので(^^;)

先週末。
用事を済ませた帰りに、松島の「西行戻しの松公園」へ寄り道。

「西行戻し」不思議な名前ですよね。
西行法師にまつわる伝説がある所です。
・・・・諸国行脚の途中、松島へ行く手前・・松の大木の下で出会った童子と禅問答をし、その童子に負けて、松島に行くのを諦めた場所・・・・なのだそうです。

西行法師と云えば
桜が見事です。
・・・・ただ残念なことに、観光客が行く海沿い地区からは少し離れた小高い場所にあって、車でないと行けないんですよねぇ。


松島湾を一望できます(^^)

 西行戻しの松公園

満開!

桜満開の時期だというのに、出店の一つも無い(元々の店も無い)、
レジャーシート広げて花見の宴・・・という広場でもない、淋しい所ですが、
駐車場には、次々に車が。

皆さん花写真が目当て。
あっちもこっちも立ち止まってパシャパシャ!

台湾の方が・・親子と思しき2人連れ、カップルと思しき2人連れ・・等など数組が自撮りしていました。
高い位置から、桜入り海入り自分入り写真を撮るのは難しくないですか?(^^;)
・・・・シャッター押しましょうか?と声を掛け、数組を記念撮影。

    桜満開
   私の相手はいつものこの方(^^)

月曜日、雨が降ったので(久しぶりに潤った!)これで今年の花見は終わりかなぁ。

  

法隆寺展

先日、仙台市博物館「法隆寺 祈りとかたち」へ行きました。
「震災からの復興祈念」のサブタイトル。

  法隆寺展

世界文化遺産の法隆寺の寺宝や関連美術品・・・仏様や曼荼羅絵等がたくさん展示。
みんな重要文化財クラス。

その中でも、一際目を魅くのが地蔵菩薩立像
大きな大きなお地蔵様。
あまねく人々の苦しみをその身に受け止め救って下さるんだそうです。

博物館にあるんだから「美術品」もしくは「資料」として在るわけですが、
なぜでしょう、
仏様の前だと掌を合わせたくなっちゃういますよね・・・・。


特別展示室を出て、遊びスペースに行くと「ほとけさまをつくろう」コーナー。
見ると、子どもが2.3人、小さな白い物体にペンで色塗りをしている様子です。
係員サンに「やりますか?」と聞かれたので、モチロン子どもに混ざってきました(^^)

仏様型に作られた紙粘土に、カラーペンで色塗り。
・・・・・・(-_-;)
あのぉ~・・色が滲むし、ペンが細くて紙粘土を掘ってしまうし、上手く塗れないんですケド・・・。

いつのまにか周りが大人だらけ。
・・・・な~んだ!皆やりたかったんだ!?

   ほとけ様 南無・・

仙台の後は、東京、そして中越地震から10年の新潟でも開催されるのだそうです。

  

足やすめ

花見山の話、おまけ。

バス乗り場でもらった案内図によると、花見山の麓の売店に「足湯」があるとのこと。
無料ですが・・・う~ん・・・温泉という訳でもないし、この人出で足湯・・・・

別にいいかぁ~と、通り過ぎようとしたところ、
足湯の入り口前にて店番(?)が入っていけと・・・・。

   花見山にて (1) たまちゃん

・・・・では入らせていただきマス・・・(^^;)

山の人出とは違い、あまり混んでいなくて、ゆっくりと。
行きの運転と、バス待ちと、山歩きで疲れた足を休めることが出来ました。

足湯を楽しんでいると、頭上に何やら気配。
ナニヤツ!?

   花見山にて (2)

どこにいるか判ります?

   花見山にて (3)


 

花見山

先週末。隣県・福島県福島市の「花見山公園」へ行きました。
もちろん目的は花見。
・・・・・花記事が続きますねぇ。時期モノですのでご勘弁を(^^;)
そのうえ写真が多いですが・・・ご勘弁をm(__)m


「花見山」は、福島市屈指のお花見スポット。
公園というか
スゴイんです。
どこぞの有名写真家サンが「桃源郷」と称したそうですが、本当にそんな感じ(^^)
春になると、山一つわわわわわ~っと、一斉に花が咲くのです。

・・・梅・桜・レンギョウ・コケモモ・ボケ・サンシュユ・白木蓮・ミズキ・・・

そのスゴイ山は実は個人の所有の山
花木農家サンが、昭和の初め頃から雑木林を開墾し、せっせと花を植えたのだそう(現在の御当主は3代目)。
管理が大変だろうと思うのですが、
入園料も取らず、多くの人に開放して楽しませて下さっています。


観光客が多いので、周辺は道路規制。
臨時駐車場になっている親水公園前の河川敷駐車場に車を置いて、
輸送バスに乗って・・・・が、バス待ちの列。
ソメイヨシノ満開のニュースがあったせいか・・・約1時間待ちでした(^^;)
・・・福島駅から出ている臨時バスに乗った人は「それほど待たなかった」と云ってましたが・・・・。

朝早く出発したのに、そんなこんなで到着は昼前。

見頃!
   花見山 (1)


麓には菓子類の土産物や、おにぎりやサンドイッチを売るブースがあります。
まずは腹ごしらえをして。

   花見山 (2)


さぁ山登り。
上を見ても下を見ても花!花!花!

   花見山 (4)

下を見ると次々に登ってくる人!人!人!

   花見山 (3)


山頂(^^)
60分コース歩きました(30分コースと45分コースもあります)。
写真には写っていませんが、遙か吾妻連峰も見えます。
絶景かな!絶景かな!

   花見山 (5)


下に降りてくると・・・郵便局(臨時?)がありました。
花見山切手を売っています。
絵ハガキを書きたくなっちゃいます。

   花見山 (6)


まだまだ人がやってきますね。
大型観光バスも数台止まっていました。

   花見山 (7)

春堪能(^^)

・・・ケータイ写真だとこんなもの。
 写真好きサンには是非に一度は行って欲しい所です。

 

花とランドセル

晴天。
どうやら近所も満開になったようです。

医院へ薬を貰いに行く道すがら、新・一年生に遇いました。

   花の小学校
    我ながらこの写真好き~♪

今どきのランドセルはカラフルで可愛い(^^)
まだ傷一つないランドセルに桜の花のなんと似合うこと!


私の時代は、男子は黒、女子は赤のランドセルでした。

当時から大の4ツ足愛好家だった私。
登下校時、犬猫のいる家をわざわざ遠回り。
ブロック塀の隙間を歩いたりケモノ道を歩いたりしたため、1年生の終わりにはランドセルの表面が擦り傷だらけで、元が赤とは思えない、白まだらのランドセルに。
ちゃんと6年間そのボロボロの赤白ランドセルを使いました・・・ははは(^^;)


そんなことを思い出しつつ、家に帰り、
ふと気づく・・・・湿度計の異変。

     湿度?
     上半分が気温計 下半分が湿度計

・・・これ、湿度 何パーセント??

医院で、アレルギー用の目薬を貰ってきたのですが・・・
こりゃ眼が乾くわけだわ。
しばらく目薬は手放せないようですねぇ(-_-;)

 

花見の賑わい

   白石城 (6)

満開の白石城にて。

饅頭とお茶をお供に桜を愛でていたら、なにやら他と違うものが・・・チラホラ。
・・・・・??
人に紛れて、コスプレ族

2.3人ずつに分かれて撮影会をしているようです。
でっかいカメラに、レフ版まで持ち込み、かなり本格的。
刀等の持ち物、鎧や元が着物をモチーフにした格好が多いようなので、ゲームのキャラクターかな?
・・・・ゴメンナサイ、何のキャラかは判りません。ゲームを一切やらないもので。

周りの花見客は、特に気にするでもなく、サラッと通り過ぎ。
・・・・・・。
「何やってんの~?」と質問しているオバチャンがいました。
良かった、気になるよね?
・・・みんなフツウに受け入れていて、サラッと流しているので、見えるのは私だけなのかと思っちゃったよ(^^;)

   白石城 (8)

天守閣より下を望むと。

あんな所でも。
あれは何かな~?さっき見た人達とは系統が違うみたいだな~(^^)

   白石城 (9)
    (わざと画像を荒くしてます)

こっそり写真を撮りました。
戦国系ゲームが好きな友人へ。
う~ん・・・よく知らないので、とりあえず戦国系と思しきキャラを・・・っと。
こっそりケータイで、こっそり超望遠だったのに、しっかり目線はこっち。
プロですね! ありがとうございます(^^)
 ・・・綺麗に撮れすぎたのでアップしません(笑)

喜んでもらえるかな~とメールを送ってみると・・・・
・・・・あまり芳しくない反応。
あれあれ?(^^;)

地元の人が迷惑になるようなことを・・・と心配している様子。
・・・好きなもののことだと、むしろ許容できないことがあるんですね・・・・ナルホド。

昨今の歴史系ゲームの流行りから、歴史に興味を持つ女性が増えたな~と思います。
たしかに中には、楽しければ何をしてもいいという迷惑な輩もいますね。
厳かな神社仏閣や墓前で騒いでいたら「ふざけんな」と思いますし「罰が当たれ」と思いますねぇ・・・(-_-;)

もし、コスプレーヤーさん達が大挙して天守閣に上がってポーズをとっていたら「ふざけんな」と云ったと思います。
けれどこの日はそんなことなく、少人数に分かれて花見客の少ないところで撮影をしてました。
子どもが喜んでいたみたいだし、タダで見せてもらった花見の賑やかしの一つ・・・・
・・・・って、そんなゆるキャラみたいな扱い!?(^^;)


それにしても不思議な感じ。
  城に桜
  春物の上着にジーンズ姿の人々
  派手な色彩のコスプレーヤー

城に洋服も、そもそも異質なものですよね~。
・・・・異世界調和しているパラレルワールドみたいな。
なんだかちょっと面白い(^^)

   白石城 (7)

どこから来た人達だったのかな?
青空の下で桜と城をバックに、さぞ良い写真が撮れたでしょう(^^)
せっかくなので同好の士に白石城をアピールしてね。

  

白石城の桜

近所は「満開」というにはあともう少しなので、県南へ花見へ行ってきました。

福島県との県境・白石市(しらいしではありません。しろいしです)
・・・・そういえば、昨年も白石で花見をしたっけ。

白石城!
(しらいしではなく“しろいしじょう”
   白石城 (1)

“城に桜”の光景が好きなんですよね~(^^)
「THE 日本の春」みたいな感じがして。
昨年は、白石城と会津若松城と“城に桜”を堪能しました。

私が白石城を好きなのは、
“城に桜”のコントラストもさることながら、
適度な広さで混みあうという程でもなく、適度に屋台が出ていて・・と規模が適度なのと、
且つ、
場所取りの人でイラッとすることもなく、酒飲みがドンチャン騒ぐこともなく、演歌が大音量で流れるようなこともなく・・と不快な思いをすることがないから。

城近くの役所や病院の駐車場を解放。町の人達が駐車場整理をしているのも好印象。
飲食店等で多少もたつくこともありますが、その辺はご愛嬌デス。
普段あまり大勢の人を相手にしていないんだな~ってことで(^^;)

満開!!

   白石城 (3)

車で来ているので花見酒という訳にはいかず、
持参のお茶と、買った桜がんづきとで、花を堪能。

天守閣に上りました。
白石城は、昔ながらそのままの復元城です。
天守閣内には、余計なモノは何もなく、エレベーターの類もなく急な階段のみ。
年寄り子どもには優しくない構造。

この何も無さが好き(^^)

   白石城 (2)
   
風が強くて怖くて下を見られませ~ん(>_<)

昨年は食べられなかった「桃茶ソフト」
復活していて、今年は食べることが出来ました。
酸味のあると、ほのかに甘いミルクティーのMIXソフト。

   白石城 (5)

あら?やっぱり花より団子?

 

桜便り

昨日11日。
仙台気象台で「桜満開宣言」

先日「開花宣言」を聞いたばかりです。
早っ!
梅と桜の花が同時に見られるのは、東北の特権(?)でしょうか。
水仙にレンギョウに沈丁花に・・・一気に花盛り(^^)

仙南や仙台市街地の暖かいところでは、今週末が花見ピークかな。
しかし!日が落ちるととたんに寒い。
ビールより熱燗とおでんが欲しくなりそう・・・。
夜桜なんぞ見物に行ったら、もれなく風邪をひきます(^^;)

気象台よりちょいと寒いウチの近所では、まだ2・3分咲き程度。
昨日通り掛かった小学校の校庭で、南向きの陽の当たる場所の桜が1本、他より早く花開いてました。

   開花便り
   日の入り前なので薄暗い~(^^;)

昨日・今日、強風が吹き荒れてます。
私が花見するまで、がんばってよ桜!

 

いっぷく

先月、
西方の国に住む友人夫婦(正確には友人とその夫君)が遊びに来ました。
会うのは久しぶり。
前に会ったのは震災前。
場所は宮城ではありませんでした。

旦那サンは東北上陸。
仕事の関係で、被災地を見て回ったのだそう。

彼女(友人)も、ほぼに近いくらい東北には縁遠い人。
旦那が東北来るというので、ついでに仙台に寄ったそう。・・・ついでかい(笑)
いいよ。旦那サンのついででも何でも(^^)
思い出してくれて、来てくれて、ありがとう!

話したいことは、山ほど 山ほど 山ほどあったのに、
「元気~?」「久しぶり~!」から始まって、普通によもやま話に終始しちゃった・・・。

「じゃあまたね」とサヨナラしてから、本当に“また”はあるのかな・・・な~んてつい考えてしまうのは年のせいでしょうか(^^;)



久しぶりの友人にメール。
返信は「復興市をしてたので買い物しました」という、元のメールとは全く関係ない内容。
・・・・私そんなに復興に協力しろ!みたいなオーラ出してる?
そもそもメール自体が無くなって、震災の話なんかしたくてもしてないんだけどな・・・・。

最後に「ライブでもあれば仙台に行くんだけど」の一文。
・・・ライブでも無けりゃ行かないよ~と受け取れる。
・・・・・これ・・・結構キツイよ?

それぞれ生活があって、仕事や家のことや忙しくて大変なのは理解してます。
来ても来なくても、復興に協力しててもしなくても、それぞれの事情なんだと解ってます。
だから、わざわざ私にそれを表明しないで。

「ライブのついでに会いに来たよ」は、嬉しいけど
「ライブがないから行かないよ」は、本気で凹むね。



毎年、年賀状に「今年は仙台へ行きたい」と書いてある別の友人。
今年も彼女が仙台に来ることはないだろうな。
でも書いている時の気持ちは本当だと思いたい。

■ 

会ってくれる友人を大事にしなきゃな~と思い、
いつのまにか友達が少なくなったな~と思い、
それもこれも自分の生きて来た道なんだよな~・・・・と、しみじみ思い。



インフルエンザ・足の捻挫・打撲に始まり、色々あって、心の貧乏神様と何かと仲良くなっているワタクシ。

少し前、さらに身近で大変なことがありまして。
・・・・あぁ、自分の受容キャパを思いっきりオーバー・・・・!!(-_-;)


そんな私を心配して、家まで来てくれた友人あり。
有りがたや(^^)


県外から実家に戻ってきたついでに・・と寄ってくれた友人もあり。
有りがたや(^^)
みやげに、和菓子いっぱい。
茶でも飲んで落ち着け・・・・ってことかな?

   春菓子
   和菓子の和は和むの和(^^)


 

シャーロック・ホームズ

先日・・というには、ずいぶん前、ミュージカルを観ました。

・・・・この出だし、使い過ぎ(-_-)
観てすぐに書こうとは思うのですが、他の話題を先に出しているうちに、いつも機を逃してしまい・・・・。
映画や舞台の話は、観ていない人にはきっとツマラナイですよね。その上「もう終わったけど前にやってました」ってのはどうなの!?とは思うのですが・・・・自分の記録のつもりで書いてしまいます。・・・スミマセン・・・お付き合い頂けてる方に本当に感謝しております(^^;)

本でもドラマでもありません。ミュージカル。
 「シャーロック・ホームズ ~アンダーソン家の秘密~」

   Sホームズ (1)
もう一月以上前。
上演が全て終わっているので隠していません。DVD等で観る予定の方はスルーして下さい。


シャーロック・ホームズ好き!
ミュージカル大好き!
役者も大好きな人揃い! 橋本さとしサンも浦井健治クンもコング桑田サンも大好き~!!!
・・・・・これは行かねば、と(^^)

近くの席に、熟年のカップルが並んで座りました。
いいなぁ~♪
年を取ってからミュージカルを夫婦で一緒に観に来るなんて、素敵(^^)


内容は、名探偵シャーロック・ホームズ氏が、花嫁失踪の謎を解く・・・というもの。
事件は、原作にあるものではなく、オリジナル。

ミュージカルですから、もちろんその時々で歌が入るんですが・・・、
歌が、なんて難しい!

ミュージカル大好きなので、それなりに観ている方かと思います。
1度観ると、何とな~く曲を覚えて、鼻唄を口ずさみながら帰るもんです。
フィギュアスケートで使われるような楽曲(ほとんどA・ロイド・ウェバーだな)は、だいたい唄えます。

・・・・・今回は、ただの1曲も覚えられなかった(+_+)

上がり下がりが激しくて、楽譜が難しすぎです。
作者の「唄えるもんなら唄ってみろ」という挑戦的な意図を感じます(考えすぎ?)

それにしても、この難しい楽曲を歌いこなす役者サン達の素晴らしいこと!
・・・しかしコレ、役者が揃わないと上演は無理ですね~・・・(^^;)


事件(内容)は、割と早めに犯人や事件のキモが解ってしまいましたが、私が推理モノをよく読んでる身だからなのかも・・・? 後ろの席にいたお嬢サン方は「解らなかった~」と云ってましたので、人それぞれなんだろうと思われます。
まぁ、事件の謎そのものよりも、人のつながりとか愛とかに重きを置いた内容なので、途中で解ってもどうってことはない・・かな(^^)

事件よりもっと重要なのが・・・

   ホームズ = 橋本さとし
   ワトソン = 一路真輝

ここで「ホームズ」を知っている人なら「え?」と云ってくれることでしょう。
そう、ワトソンが女性なんです。
「ジョン・ワトソン」でなく「ジェーン・ワトソン」

たしかにハリウッド映画ではオチャラケたホームズが主役になってましたし、
現代版の若ホームズがドラマになってましたし、
日本でも、宮崎アニメ(当時ジブリは無かった)で、犬のホームズがありましたけど。
・・・犬ホームズ大っ好きでした(^^)

関西のノリの気のいいおっさんホームズ(関西弁ではないけど私の橋本サンに対するイメージ)と、キリッとした格好いいキャリアウーマン的ワトソン

とても面白いです。
よくキャラクターが考えられていて良いと思います。
良いとは思うけど・・・ジェレミー・ブレッド版ホームズ(BBCドラマ)のイメージが一番強い私にも、ちょっと違和感が・・・。
・・・・ホームズ・ファンだとしたら、この設定は受け入れ難いかも(^^;)

私が「いいなぁ~♪」と思った熟年夫婦がいた席は、幕間あけに空席になってしまいました。
う~ん、シャーロキアンだったのかな。残念。

そんな訳で。
このミュージカルが「シャーリック・ヘームズ」というタイトルで、
「畜生どいつもこいつもホームズホームズ云いやがって」とかいう台詞があったら、違って観られたかな~と思わなくもないのでした。
まぁ、客は入らないかもしれないケド。

   Sホームズ (2)

役者サンの素晴らしい歌が聴けたし、アフタートークが楽しかったので満足(^o^)

 

春がきた

昨日、仙台気象台より桜開花宣言
ウチの近所ではまだ蕾ですが、暖かいところでは咲き始めたようです。

本日の暖かさで、一気に花が開いたところもある・・との報道。
朝から沈丁花の香りもしています。
一斉に花が開いたみたい。

さ~て、近所の公園は?

遠目にも、の木々の紅白が鮮やか。
  梅と桜

満開!
桜を待てず、で花見をしている人達がいました(^^)

  梅満開 (1)

  梅満開 (2)

良い香り~♪
・・・ひっきりなしに梅見の人が来るので、ろくサンは遠巻き。

どれ。は?
  桜は蕾 (1)

  桜は蕾 (2)
  高い位置を腕を上げて携帯で撮っているのでブレてます(^^;)

やっぱりまだ
でも、だいぶ大きく膨らんできました。
いよいよ。

 

RUSH

先日・・・というには、ずいぶん前、映画を観ました。

   RUSH

F1。70年代のレーサー、ニキ・ラウダ と ジェームズ・ハント の話。
実在の人物&レースを元にしています。

F1大好き!(^^)
どのくらい好きかと云うと、
世界チャンピオンの名前を昨シーズンから遡って9人までは云える・・・くらい。(順番関係なければもっとイケる)
「右京サン」と聞くと「杉下」よりも「片山」が先に浮かぶ・・・くらい。

そんな理由からも、この映画とっても楽しかったです(^.^)
以下、念のため感想閉鎖しておきます。

ワケを教えて?

宮城デスティネーションキャンペーンもどきが始まったみたいです。

   伊達な旅

だから、何がどう変わるのかは分かりませんが、
とりあえず「みんな観光に来てね」が云いたいようです。

桜の開花予想が、12日から8日に早まりました。
本当に咲くのか?近所はまだまだカタ~イ蕾だぞ?

今は梅が見頃です(^^)



ところで、最近パソコンの調子が良くありません。

ついでにブログの調子も良くありません。

自分のブログにログインして、他のブログに行って、帰って来ると、またログイン画面に戻ってしまったり。
・・・・はて?いつの間にログアウトしたの?

ランキングのボタンを押しても「このページは開けません」と出たり。
拍手ボタンもフリーズしてしまうことがあります。
「いいから拍手しろ~っ!」と、やけになってポチポチ押していると「拍手済みです」と出たりします(^^;)

パソコンが悪いのか?FC2が悪いのか・・・?
回線・・・は、前から悪いけど・・・・。

特に、Cookie設定を変えたり等はしていないんですけどねぇ?(-_-)
理由が分かりましたら教えて下さい。是非に!!!


・・・そんな訳で、足跡が無くてコメントも無いのに、ボタンがポチポチポチッと悪戯のように入っていましたら、ワタクシかもしれませんです。
逆に、もしかして何度も足跡が付いているかもしれませんが、「開けません」が出るので、入り直しをしているせいです。
気持ち悪がらないで下さいm(__)m


 

LIFE!

先日・・というには、ずいぶん前、試写会に行きました。

   LIFE!

以下、チラシ程度のあらすじ。

 地下鉄で雑誌「LIFE!」の写真管理部に通勤しているウォルター。
 変わり映えしない毎日を送る彼の唯一の趣味(?)は、突飛な空想。
 ある日、雑誌「LIFE」が最終号を迎えることに・・・・。 
 最終号の表紙を飾る大事な写真が無いことに気づいた彼は、
 カメラマンを探す旅に出ることになるが・・・・・

・・・こんな感じ?

ところで、試写会場でこんなチラシが配られました。

   LIFE試写会
昨今の試写は、人力の口コミではなくネット頼りなんですね・・・。
なるほど、CM何度も入れるより、今どきその方が確実に広まりますよねぇ。妙に感心。

以下、まだ上映終了していないところがあるかもしれないので感想閉鎖。
これから観る予定の方は開かないで下さい(^^)

 

旬の終わり

朝から地震。

そして昨日のチリ地震の影響で、ほぼ一日中「津波注意報」が出っぱなし。
・・・大丈夫かなぁ・・・。
地盤沈下してるのに・・・・・、
防波堤も何も無くなってる今、海沿いの人は怖い思いしていないかな~・・・・・・。

被害ないみたいで、とりあえず良かったです。



石巻の話を続けて書いたので、日本三景・松島の話なぞ。
松島にもこの冬、何度も行きました。

松島といえば、
  松島 (1) 
牡蠣!

全国的に、牡蠣というと広島と思いつく人が多いみたいで、よく転勤族と喧嘩になります(笑)
「広島の牡蠣より小ブリだけど身が引き締まっていて美味しいんだよ」が宮城人の云い分です。

ま、そんなことを云っても、
以前広島で稚貝が全滅した時に、松島から送ったそうですし、
震災の後、松島の養殖場がダメになった時に、広島から応援いただいたそうですけどね。

フランスとも同様の行き来があったのだそう(^^)

ちなみに、地元紙・河北新報によると(以下抜粋)、
 『今シーズンの牡蠣生産量は、前期の2.5倍増。
  増とはいえ、震災前の4割にも満たない。
  養殖場は、家族経営のところが多く、震災後、廃業などでだいぶ減っている。
  そもそも、松島の牡蠣(宮城産牡蠣)は、全国の産地で唯一“ナマ食用”が主流。
  原発事故の風評で「生で食べられる」特長が逆効果となり、敬遠される傾向が残る』

・・・だそうです。

松島には「牡蠣小屋」という、牡蠣食べ放題の場所が、何軒かあります。
大きな鉄板に、バケツいっっぱいの牡蠣を焼いて食べるんですよ。

  松島 (2)

ただ・・牡蠣は3つも食べれば充分満足な私には、ちょっと敷居が高かったりします・・・。
「そんなんじゃ元とれないよ?」と、御親切に次々バケツを持って来てくれなくても、大丈夫デス・・・・ゴメンナサイ(>_<)
そんな訳で牡蠣小屋にはなかなか入れないので、色んな牡蠣丼を堪能。
色んなお店が、それぞれ色んな味の「牡蠣丼」を出しています。

  牡蠣丼
こちらは「洗心庵」

見た目カツ丼?
牡蠣大きい~と思ったら、2.3ヶずつ纏めて揚げてある♪
それが、カツのように硬くなくて、フワッフワ
牡蠣が甘くて、バター味のする洋食風(^^)

   牡蠣丼 (1)
こちらは「松島さかな市場」

片栗粉でトロンとした醤油味の和風丼。
具がいっぱいで、どれが牡蠣か判りづらい?
   牡蠣丼 (2)
これこれ!


そろそろ牡蠣も今シーズン終わりです。
・・・フィギュアと一緒(^^;) 

来シーズンは、たくさん採れて、たくさん食べられますように!
あ、牡蠣好きサンは「牡蠣小屋」へ、来シーズン是非(^^)


 

ミュシャ展

先日・・というには、ずいぶん前、
県美術館でやっていた「アルフォンス・ミュシャ展」へ行ってきました。

  ミュシャ展 (1)
もう開催終了しています。

 ・・・・あっという間に過ぎていく毎日に、追い付けていません。
 旬のモノ・映画の話・芝居の話・・・書けずに過ぎていることが、たくさん。
 日々、時間泥棒に多めに時間を搾取されてるような・・・(>_<)


話を戻して。 「ミュシャ展」
せいぜい1枚の絵の前に1人いるかな・・くらいの人出で、ゆっくり見られました。
見るのに、他人様の倍は時間がかかる(ツアーに決して入れない理由がそこにある)私には、丁度いい客数(^^)

ミュシャのイメージと云ったら、華やかな女性のポスター。
ポスター作品も沢山ありましたが、
ポスター以外、装飾集とか、故郷の為の油彩とかフレスコ画とか・・・色々な作品が来ていました。
思ったより沢山!!

それにしても、ミュシャってチェコ人だったんですね。
・・・知らなかったです。
不勉強なもので・・・・てっきりフランス人かと・・・(^^;)
しかもフランス人なんて間違えて覚えられていたら、本人ものスゴ~ク不・本・意だろうな~。
そんな事を思えるほど、作品には、沸々と故郷愛

スラブ人って、大変な歴史をたどっていたんですね。
絵を見ながら民族の苦難の歴史にも興味。

チェコに行ってみたくなりました。
 ・・・・・博物館や美術館に行く度にそんなこと云ってないか私!?


展示会の入り口のところに、こんなコーナーが。

  ミュシャ展 (2) 花冠
コスプレ用!?

お一人様には出来ません(>_<)
イヤ、一人でなくとも、オバチャンがやったらイタい。痛過ぎる!
むしろ、あと20年位したら出来るようになるかもしれないけど(爆)

それにしても、なぜ出入口の、何もない場所に?
もっとバックに花を添えるとか、せっかくの企画、写真スポットを考えようよ美術館員サン?

冬時期に、何もない壁をバックにコレを付けたら、
“黒いダウンコートに花かんむりのオバチャン”というシュールな絵になるでしょう。
ミュシャというより、ダリの世界ですな(笑)


 

フィギュアスケートのこと

地下鉄駅のビル内に、こんな横断幕がありました。

  祝・金メダル

ソチ五輪・金メダリスト 羽生結弦クンは仙台出身。
横断幕の主は、彼の出身中学校のPTA。
この駅は、その母校の一番近くで、出身リンクの最寄駅でもあります。
・・・・・スゴイなぁ~。
市役所やデパート等にも同様の横断幕があるけど・・・中学校の、しかも公立の中学のPTAで横断幕作っちゃうかぁぁ!

 26日に羽生君の“祝・金メダルパレード”がありますが、行くの辞めようかな~と思ってます。
 ・・・・・全国のユズリストが来るのかな・・それ怖そう・・かな・・・と(^^;)

もう一人のフィギュア金メダリスト(トリノ五輪)荒川静香サンも仙台出身です。

荒川サンの同級生で、長野五輪代表 本田武史君・田村岳斗君も。
当時、高校生だった彼らを何度か見かけましたよ。
フィギュア好きですけど、ミーハー心があまりない地元人としては「あ、フィギュアの子だ」くらいな感じで。

そうそう。長久保コーチ(鈴木明子選手のコーチ)もお見掛けしました。
今のような白髪の好々爺な感じではなかったです、当時は(^^)


あまり知られていませんが、仙台は、フィギュアスケート日本発祥の地です。
仙台市博物館の入口近くにある「五色沼」が発祥の地と云われています。
小さな沼の前には、モニュメントと説明プレートがあるんですよ、一応。
・・・博物館に行く人達は、みんな素通りですけど(^^;)

  五色沼 (2) 説明板
   天気良すぎてむしろ読みづらい(>_<)

子どもの頃は、行ける範囲にスケートリンクが3つあって、友達と貸しスケート靴を借りて遊んだものでした。

が、いつのまにやらスケートは廃れて、リンクも1つまた1つ無くなり・・・・。
羽生君の通ったリンクも、一度は潰れました。
コーチや有力選手は移転。
フィギュア発祥の地の危機。

スケート教室の子ども達が、県知事に「つぶさないで!」と涙ながら直談判・・という報道もありました。
その後すぐ荒川サンがトリノ五輪で金メダルを取ったこともあり、スポンサーが付き、今に存続。(運営会社が変わってリンク名変わったけど)

その後、せっかく復活した当のリンクが、震災で大ダメージを受けました。
・・・・って、私もだいぶ後になって知ったんですけど。羽生君のドキュメント等で何度か取り上げられてますね。
金メダリストを出した地とは思えない、なかなかスリリングな環境(^^;)

   五色沼 (1) 3月初の五色沼
     凍ってるケド乗ったら割れそう・・・!

世界選手権の終了をもって、フィギュアスケート今シーズンが終了。
フィギュア大好きなので、ちょっと寂しい。

冬季五輪があったせいか、今シーズンはいつになく盛り上がりましたね。
世界選手権が日本開催というのも、注目度アップの要因でしょうか。

世界選手権、本当は2011年に日本開催の予定だったんですよね・・・・・・。
かの年は開催地が変わり、
今年、久しぶりの日本開催。
羽生選手・浅田選手のW金メダルって・・・すごい大会だったな~しみじみ。

フィギュア好きにとってはお馴染みの選手が、選手としてのキャリアを終える地として日本を選んでくれたことが、嬉しいような・・・う~ん、言葉にするのは難しいな・・感慨深い気持ち・・・かな。

  トマシュ・ベルネル選手  ジェレミー・アボット選手 
  カロリーナ・コストナー選手(未定だそうですが) 
  そして、鈴木明子選手・・・!

大好きでした。
おつかれさま!また観られたらいいな(^^)

今シーズンで引退が多くいて、来シーズンから顔ぶれが変わりそうですね。
新たな若手選手が出てきて盛り上げてくれるといいなぁ。