流行に乗る

冬眠しておりました。

元々セキ症状がありましたが、
息が出来ないほどセキが止まらなくなり、ちょっとコレはマズイな・・と、
仕方ない週明けに病院に行くか~と思ったのが、土曜。

翌・日曜には、
セキのし過ぎか、喋ることが出来ず。
「とりあえず朝飯食って気合い入れよう!」と台所に立つも、気持ち悪い。飯一粒も口に入らず。
そうこうしているうちに、頭痛・腹痛・吐き気・その他諸症状・・・。

 ・・・なぜ休日に悪化する!?

ダメ元で近所の医院に電話を入れたら「いいよ、居るから診てあげる」とのこと。
その日は薬だけ貰い、改めて翌日検査したら、
インフルエンザでした(T_T)

一応ね、気をつけてましたよ。
気をつけていましたとも。
予防注射は打っていますよ。毎年!
手洗い・うがいは完璧にしてますよ。毎回!
今年は、某・強さひきだす乳酸菌も食べてましたよ。毎日! 128円も出して!
 ・・・それでも罹る!?
予防注射もせず「あたしインフルなんてなったことないんですよねぇ」とかフザケタ自慢をしている奴に、「神様あいつにインフルを」と心の中で呪いの言葉を付けたくなるってもんでしょう?(-"-)


インフルになるのは、初めてではありません。
医者に「カプセルと吸入どっちがいい?」と聞かれたら、
タミフルでもリレンザでもどっちでもいいけど、安いほうで」と答えられる程に馴染みです。← まったく威張れません(-_-)


数年前のこと・・・・・、
急な鼻水に「コレは」と思い、かかりつけの医者へ。
診たては「風邪」とのこと。

 ・・先生、いつもの鼻水と違います。調べて下さい。
「え~?違うと思うよ~?検査のお金かかるよ~?」
 ・・違っても、検査代返せなんて云いませんから。
しぶしぶ検査。(鼻に細い綿棒みたいなのを入れて鼻水を採るだけですが)

結果。
「ゴメン。僕の誤診でした。」
私の勝ちでした(イヤ嬉しくはないけど)
やっぱりインフルエンザ。 

そのとき医者がインフルじゃないと思った理由は、熱が大したことなかったから。
実際、予防注射を受けていると、軽く済むことが多いようです。
その場合インフルか判りにくい訳ですが(^^;)


そんな数年前は軽く済みましたが、今回は軽く済みませんでした。
熱がグングン上がり、39度越。
頭ワ~レ~ル~m(__)m

タミフル様が頑張って(耐性型じゃなくて良かった)、やっと床上げできました。
予防注射ってナニ?ってくらい時間かかった・・・・。
寝てばかりいたので体中が痛いデス。

今年の流行は「新型」だそうです。

   冬眠中 絵はがき

体重が約3kg減って(^o^)
体脂肪率が上がりました(T_T) ・・・・・トホホ(死語)

スポンサーサイト

挑戦を応援

今日の記事どうしよかな・・・
・・・まだ書いてないお出掛け記事にしようか、映画にしよか、食べ物の話、ろくの話・・・・
色々書きたいことはありますが、やっぱりコレにしよう。

「田中将大 ヤンキース決定」
 私が書くまでもないよなとは思うケド。
 ・・・って思っていたら、一日遅くなったケド(^^;)

ヤンキース写真は当然無いので、以前撮ったポスターより。
   楽天ポスター

どこのチームに入るか・・どころか、一時は大リーグ入りすら危ぶまれヤキモキしましたが、とにかく無事決まって良かった良かった(^^)
なんでしょう・・・ファンというか母の気持ち?(^^;)

プロ野球ファンでなかった私が、急いで帰宅してTVをつけて応援するようになったのは貴方のお陰。

私だけじゃない、周りの皆がそうでした。
野球音痴の年寄り(母)までが、野球中継画面に文句も云わずにいました。←結構な奇跡!

パリーグ一になって涙して、
日本シリーズに毎試合クギ付けになって、
最後はやっぱり涙して。
日本一の優勝パレードを見られた秋晴れの日は、とても幸せでした。

   市役所横断幕
   仙台市役所 11月頃

会見でファンへのメッセージがあって嬉しかったです。

 いつも応援してくれたファンに改めてお礼を申し上げたい。
 仙台を離れてしまうが、
 テレビや新聞を通して「田中が頑張っているな」と云ってもらえるように。
 いいニュースを届けられるように頑張りたい。

うん。
期待しているよ。
応援しているよ。

密談

見てしまったのです!
先日、車の整備で某・車屋を訪れた時のこと!

 密談

・・・・・・スミマセン。分かる人だけ笑って下さい(-_-)

饅頭を買いに

後回しにしたら、すっかり“今更”になってしまった昨年山形へのお出かけ話を。
 ・・・くぅサンに「長文でも気にならない」と云われたので、調子に乗ってまた長・・・(^^;)


隣県・山形への道程は、それほど遠くはありません。
東側(宮城県側)なら、県内の気仙沼や南三陸へ行く半分以下の時間。
 ・・・・・改めて、遠いなぁ気仙沼。
とはいえ、東北の真ん中には奥羽山脈という大きな壁がありまして、太平洋側から日本海側へ抜けるには、山越えせねばならず。
つまり、冬に行くには大変厳しい。

本格的な冬が来る前に山越えしました。
そこまでしていく理由。
それは、欲しい物があるから!
そしてそれは!!
 「醸饅(じょうまん)」・・・醸饅=酒まんじゅうです。

山形県天童市の「腰掛庵」
和菓子屋サン。
たかが和菓子屋と侮ることなかれ。車が擦れ違うのも難しい住宅地の細い道沿いにあるのに、警備員サンが交通整理しているあたり、どれだけの人気店か推して知るべし(-_-)

   腰掛庵 (1) 蔵の中にお店

人気の醸饅が何度行っても手に入りません。同じく人気のわらびもちは何度か買っているのですが・・・・。
手に入らないと余計に食べたくなる心の不思議。
どうしても食べたい!
だいたい、開店が9時半なのに、10時過ぎには売切れって・・・どうよ!?

念のため予約電話を入れておきました。もう売切れの憂き目に遭うのは御免。
饅頭を買うのに予約って・・・・どうよ!?

   腰掛庵 (5) 喫茶室

買えました。
本降りではないにしても雪山を越えてまで来たことですし、ついでに喫茶室で賞味。
「美味しいモノを 美味しい時に 美味しくいただく」がモットーです。

季節限定「イチゴわらび」
フツウの「わらびもち」は細切れになっているのですが、こちらは見ため水饅頭みたいです。

腰掛庵 (2) 腰掛庵 (3)


持ち帰りも買ったケド、やっぱり「醸饅」も。
美味しいモノを 美味しい時に・・・・(以下略)

 腰掛庵 (4)

たまの食い道楽。
生きてる甲斐ってもんだよね(^^)

人を見る目

ここ数日の記事を見て・・・どうしてこう、いつも長文なんでしょう。

やはりブログのジャンルを変えるべきか。
常に持ち続けている葛藤(-"-)
「写真」に入れるには無理が・・・いや他に丁度に当て嵌るものがない・・・。

ジャンルに反するかもしれませんが、
やっぱり今年も、写真をみせるブログではなく、写真は“挿画”の位置でいくつもりです。
m(__)m



先日、美容院へ行きました。

年も改まったことだし、伸ばしっぱなしの鬱陶しい髪をスッキリさせよう。
新規開拓、初めてのお店へ行きました。
お世話になっていた美容師サンが居なくなってから、美容院ジプシーをしている私。

店に入ると、お兄サンの声。
「いらっさぃぁっせ~」
・・・・・・・(-_-)
しまった、ハズレだったかも。
挨拶から・・・・・・・・馬鹿そう(あ、言葉が選べなかった)

待たされている間。
レジ前のラックにあった雑誌ラインナップは、ヘアカタログとファッション雑誌のみ。
・・・う~ん・・・・。

「この冬のマストアイテム!」とか「ワザあり通勤着回し一週間」なんて、全く興味なし。
写真の羅列を見たからって、別に・・・・。持っている服が違うのに。
モデルと顔も体型も違うのに。
そのお金で小説1冊買った方が楽しめるわい。
・・・・そんな、云ったら周りの女性に引かれそうな考え方は、いま始まったことに非ず。
今までにファッション雑誌を買ったことがありません。一度も。

持参の小説で時間つぶし。

少しのち、
鏡の前の席に案内してくれたのは、先程のお兄サン。
「担当者が来ますので、少しお待ちくださ~い」
担当者が来る? ということは、貴方が担当ではないのね?

少しホッとしていたら、一旦離れたお兄サンが戻って来て、目の前に雑誌を置いて行ってくれました。
特集が"今年の注目映画"の雑誌と、タウン情報誌。文字いっぱい。
・・・・・おや?
周りを見ると、他の客席にはファッション雑誌ばかりです。

こんな雑誌、さっきは無かったような?
お兄サン、私がファッション誌に手を伸ばさなかったのを見て選んできた?
ワザと?まぐれ??
・・・・・馬鹿そうなんて思ってゴメンナサイ(^^;)

   読書カエル

月日

阪神淡路大震災から昨日で19年。
早いですね。
すると今の未成年はあの震災後の生まれ。震災の記憶がないということですか!
光陰矢の如し。

今も忘れません。
朝、起きて初めてニュースを観た時のことを。
あまりのことに「コレ現実だよね?」と呆然としたことを。
地名がよく判らないので、関西の友人達がどうなのか、震源から近いのか遠いのかすら判らず、ただ呆然としました。


報道関係の知人がいました。
普段は県内のみの担当でしたが、緊急事態に、何度も関西まで借り出されていました。
 ふつうニュースってのは、一番ヒドイ所を撮るもんだ。
 だから、行ってみるとそのスポットだけがヒドい。
 今回みたいに、報道より現地の方が何倍もヒドイって感じることはそうないよ。
曰く「報道される場所だけではなく、グルッと見渡して360度ヒドイ状態だった」と。
忘れられません。


3年前の震災後、神戸の人にたくさん会いました。
役所や、水道・電気等ライフライン復旧にも、神戸ナンバー車が一早く来て助けてくれました。

職場では、他支店の顔も知らない兵庫出身だという方に何度もお世話になりました。
「今は大変だと思うけど、大丈夫になるまで応援してるから」と云われました。


今年の追悼式では、
地震が起きた日「1・17」に並べられた灯籠の前で、発生時刻に合わせて黙とうした後、
東日本大震災が起きた日「3・11」に灯篭を並べ、発生時刻に合わせて黙とうして下さったそうで。

19年の月日で、神戸はきちんと復興しているんですね。
きっと今の子ども達は「360度ヒドイ状態」なんて、想像できないでしょうね。


・・・・津波の跡は、元の通りにはならないけれど。
復興して良くなった・・と云えるようになったらいいな。
神戸のように。

   閖上湊神社御守 閖上湊神社お守り

次に災害があった時は、「大丈夫、応援してるから」って云えたらいいな。

どんと祭

正月行事のトリを飾る「どんと祭」。仙台人には大事な祭りです。
  *ここでいう「仙台」は旧・仙台藩領。
読み方は「まつり」ではありません。 どんとさい。

“仙台人には大事な”と思っていましたけれど、職場で一回り下の女性に「わざわざ行くんですかぁ?」と云われました。
・・・・どうやら伝統行事にも世代ギャップがあるようです。
廃れないことを祈るばかり(-_-)

そういえば、昨年は雪で大変でしたっけ。
今年は、円くなりかけのお月様がくっきり。風もなく良い天気です。
顔が凍りそうですが、足元が悪くない分マシでしょう。

   どんと祭2013 昨年

各地で似た行事があるので説明不要とは思いますが・・・、

毎年1月14日、正月の松飾や昨年お世話になったお札・お守り等を、神社の御神火で焼きます。
石巻一部では少し早いですが(漁の関係なんだとか)、他は14日仙台全土各神社で松焚き。


一番賑わうのは、仙台市の「大崎八幡宮」
何が一番かって、参拝客も多いですが、ここは「裸まいり」団体が多いのです。

・・・・・・「裸まいり」とは、
会社の団体で、裸に近い格好でお参りする伝統のこと。
江戸時代に、大崎八幡近くの杜氏サンが参拝したのが始まりなのだそう。

頭に白鉢巻、体は白さらし(男性は裸に股引、女性は薄い白法被・短パン姿みたいな見た目)、足は白足袋わらじ
紙を口に含み、右手には、左手に提灯を持って、行列でお参りします。

含み紙のため、当然喋れません。
寒いので歯の根が合わず、途中で紙を落としそうになることしばし・・・。
・・・・なぁんて、偉そうに書いてますけど、ワタクシ裸まいりをしたことはありません。
友人から聞いた経験談。
仙台の地元企業に入社した新人の宿命であります(^_^)

会社建物から神社までその格好で歩くので、街ナカで裸まいり行列を見ることも。
初めて目にした転勤族が驚いていたっけ。
凍えそうな鐘の音に、思わず「ガンバッテ」と声をかけたくなります(>_<)

大崎八幡へ行った知人によると、今年はたった2人の団体(!?)を見たそうな。
2人で裸まいり・・・・聞いただけで寒っ!


毎年そんな大混雑の大崎サンに行く余裕はないので、私はご近所へ。
御神火にあたると、一年風邪をひかないんですよ(^^)

   どんと祭2014 (2)

ここでも裸まいり団体がいたようです。
ちょうど鐘の音が行き過ぎました。
平日のため、夜に人が多いだろうと予想されていましたが、それほどの混みようでもないみたい。

以前は翌日が「成人の日」だったので、ゆっくりお参りできたのですが・・・今は、ねぇ?
市長サン知事サン、宮城県だけは 15日・成人の日に戻そうよ?

   どんと祭2014 (3)

どこの神社も、消防団が付きっきり。
時々、棒を入れて掻き混ぜてくれます。

   どんと祭2014 (4)

無病息災 身体健全 (-人-)

犬連れ参詣

仕事も始まり、世間的にはが取れた時期でしょうか。
仙台では14日の「どんと祭」までが松の内ですが、そろそろ神社に人はいないよね。

ろく初詣。
案の定、参拝客はほとんどなく、近くのお年寄り連がチラホラ。


ろくサン、きちんとお参りするのだよ。
 病気や怪我が無いように。食うに困りませんように(^人^)

ろく分のおみくじを引いて(中吉 ← 私より良い)、
記念撮影していたら、
・・・・・おや、嬉しそう?

 ろく初詣

振り向くと、宮司サンがニコニコ立っていました。
犬が好きなのだそう。

 「ワンちゃんにおやつあげてもいい?」
手には餡子玉。
・・ス・スミマセン。犬に甘いモノを与えないようにしているので・・・・・。

 「大丈夫。しょっぱいのもあるよ!」
お煎餅。
・・ス・・ス・・・スミマセン、塩分もダメなんです・・・・・・。

何かを期待していたろくもショボン。
ううう(T_T)
なんだか悪いことをしてしまったような。

ごめんなさい、宮司サン。

ごめんね、ろくサン。


テーマ: わんことの生活 | ジャンル: ペット

ゆりあげ初市へ

1月5日、ゆりあげ朝市の「初市」。

駐車場(という名の周辺空き地)は車でいっぱい。
大盛況でした。
どれだけ混んでいたかというと・・・・いつもの水餃子屋さんで、いつも水餃子に乗っける無料のキムチがすっかり無くなってマシタ(T_T)

   ゆりあげ初市 (1)

出足のんびりだったので、餅やミカンは配り終わっていますが、
離れに設置された大型移動トラックでは、賑やかしの生演奏ステージ。バイオリンやアニソン、演歌が、正月らしさを演出(?)

 ゆりあげ初市 (3) ゆりあげ初市 (4) 

年末の買い出しで集めた抽選券は、100円券2枚になりました。
飲み食いで、当日のうちに消費(笑)

野菜に果物、練り物、菓子、魚、安かったクジラ刺・・・色々と購入。
初売りご祝儀♪
「末吉」のおみくじに「買い物は慎め」って云われてなかったっけ・・・私?(^^;)

   ゆりあげ初市 (2)

たっぷり飲み食いしたし、買い物したし、
遊びに来ていた柴犬を撫でさせてもらったし、
満足♪ 満足♪


さて、正月ですから
日和山の神社へご挨拶していきましょう。

   閖上湊神社

小高い神社から見える閖上の風景は、変わらず。
冬になって雑草が減ったくらいです。

   閖上日和山より

来年は、あぁ良くなったな~と思えますように。

Tag: 県内

のぼうの城

一昨日、TVで「のぼうの城」を放送していましたね。
この作品、映画館で観ました。
 ・・・・その時のことを思い出しました。

以下、上映終了しているので、隠してません。
DVD等で観る予定の方はスルーして下さいね。

   のぼうの城

ベストセラーになった時代小説原作。
映画化になるというので、楽しみにしていました。
時代劇好き。主役の野村萬斎好き。
いい役者サンばかりだし。イメージと違うところはありますが、どんな風になるかな~と公開を待っていました。

たしか、当初の公開予定は2011年夏・・・・だったハズ。

そう・・・原作を読んでいたから知っている、
この映画の見どころの一つは、石田三成の“水攻め”。

まんまと公開が延びました。
たぶん、震災が影響して公開延期になった映画の中で、一番長く延期したのではないかと。
約1年延びて、2012年公開に。

上映に際し、県内映画館入り口のポスターには“注意書き”が貼られました。

   のぼう注意書

楽しみにしていた映画でしたが、行くのを躊躇いました。
負けた気がするので行きました。
 くそ~1年も待ったんだ。楽しんでやる。

そして水攻めシーン。
・・・・・・映画館の温度が一瞬にザ~ッと引くのが解りました。

あぁ・・・・原作読んでいないんですね?
戦国時代の時代劇。客の年齢層は高め。
耐えられず、館を出て行った女性がいました。
延期の1年は、あのシーンに耐えられるだけの日数ではなかったみたいです。

知っていて、キタキタキタ・・と身構えても、気分が悪くなりました。
 ・・・・と、そんなこんな思い出しました。


う~ん・・・TVで観ても思う。
城下に流れ込んでくるあの津波のようなシーンは必要なのかな~。
犬が逃げ惑うシーンは必要なのかな~。
・・・・やっぱり気分悪いや。

良い映画だと思うんですが。
役者は芸達者揃いだし、
荒唐無稽な感じがするのに、出来事は概ね史実。
戦の話なのにコメディでもある、良い映画だと思うんですが。

時期って大切。

私の楽しみを返して~!

 

初売

「正月」といえば、外してはいけない話題が抜けていました。
仙台の正月と云えば「初売」
仙台初売は、正月2日

首都圏からの転勤族に「東京のパクリでしょう?」と云われたことがあります。
違うよ。
たしかに、都で百貨店の福袋に群がるニュースを見ますが、
仙台初売は、江戸時代から続く伝統行事です。
 *ここでいう“仙台”は旧・仙台藩領。宮城と岩手一関辺りまで。

数年前、他県で年越しし、
2日に「初売♪ 初売♪」とワクワク商店街を歩いたら、どこもシャッターが閉まっていて、とても驚いたことがあります。
その年まで「初売」は、どこにでもあるものだと思っていました。
井の中の蛙(^^;)


その年を占う初売に、仙台商人は力を入れます。
 年末には、初売情報の広告紙・CM、初売特集の新聞別紙・地元TV番組が入り、
 元旦には、初売広告が山のよう(本当に山になる)に入り、
 元日夜中には、目当ての店に並ぶ人がいて(徹夜!)、
 2日早朝には、並んでいる人達に甘酒等が振る舞われます。


そもそも、法律によって景品に規制があるのだそうで。
あまり豪華だと、公正取引委員会の法に触れるのだそうな。
「景品法」とかナントカ。
けれど仙台初売は“伝統行事だから”という理由で、法律の規制対象外「特区」になっています。
正月3日間に限り、景品がどんなに豪華でも法律に反しないのです(^^)

実際には、要らない皿やら置物やらだったり、醤油や砂糖といった「そんなもん買えよ」という物が付いていたりすることもありますけど・・・まぁ気分です。気分。
「正月から得したぞ」と思う気分が大切。


豪華といえば、変わった福袋も楽しみ。
今年はこんなのが出ていました。

   初売広告 広告
   ロボットのレンタル1日券!?

ミニ馬の福袋(限定1頭)なんてのもありました。
・・・・・売れたのかなぁ?
同店で出ていた跳ね馬(フェラーリ)は、すぐに買い手がついたそうですが。


そんな“豪華”がウリの仙台初売、
昨今は、根っからの仙台老舗店が減り、県外の企業が幅を利かせて、あまり初売に力を入れない店が増えたのが、残念。
景品がショボイ!・・・・・解ってないなぁ初売の何たるかを。
数年前には、2日初売を守らない某・全国展開大手スーパーと揉めました。
・・・・・郷に入ったら郷に従おうよ(-_-)


さて、私はというと、
混雑が苦手なので、今年は混み合う市街地を避けて、近場のショッピングモールへ。
靴下・雑貨・和菓子・お茶の福袋を買いました。
・・・・・なんでしょう、この書き並べると婆くさいラインナップ。

正月の過ごし方

年末年始の休みは、カレンダーに恵まれ、9連休のところが多かったようですね。
帰省渋滞も分散したのか、覚悟して出掛けた本日の道路は、幹線道路も悠々。
助かりました(^^)


のんびりまったり正月。

仙台の雑煮は焼きハゼでダシをとる・・と云われますが、アレはお金持ちの家。元お武家様宅。
農民出の我が家は鶏ダシです。
おヒキナ(大根)・芋茎・染み豆腐・鶏肉・・・あとは上にイクラとセリ。
入れる餅は角餅。

   お雑煮
   おもち大好き(^^)

休み中は、

帰省した友人と、犬を並べて散歩しました。
2年前に福島から引き取られた、ろくと同じ位の白い雑種犬。年齢もろくと同じ。
いつも顔を合わせると初めガウリングされるのですが、並んで歩くのはOKらしいです(笑)
犬2匹分の幸せ(^^)


久しぶりに「紅白」を最初から最後まで観ました。
目当ては、昨年はまった「あまちゃん」コーナー。
NHKの紅白戦略ド真ん中です。
あそこまで1コーナーに割くとは思いませんでした。
ユイちゃんが「いま行くぅ」の後ステージに現れた時には、「良かった!ユイちゃんが東京に来られたぁぁ~」と、感涙(T_T)
ビバ! NHK!!


初詣は混み合う元旦を避けて、友人に付き合ってもらい近所の神社へ。
色んな神社を回りたいところですが、やはり一年の初めは氏神様に参らねば。

おみくじは「末吉」
ここの神社は「凶」が無いと思われるので、一番下ですが・・・・・ま、こんなもんでしょう。
仕事も勉学もすぐに成果が無くとも、ゆとりを持てば良いなら、まぁまずまず。
病気が重篤化しやすいのは困りますが・・・・とりあえず「油断するな」ってことですね?
きちんと結んできました。


そんな、のんびりまったり正月でした。

年頭のあいさつ

 ろく年始挨拶

健康でありますように。
笑顔の多い年でありますように。

  今年もよろしくお願い致します(^^)