誤解

中学の同級会があると聞きました。

同級生の多い世代です。
高校の同級生なんか「小学生のころ自宅が引越していないのに2回転校した」と云っていました。
子どもが多くて、どんどん学校が増えて行った時代。

私が住んでいたのは、まだまだ新興住宅地(今や老人住宅地)で、小学校のクラスは少なかったけれど、毎学期ごとに転校生が来ました。

中学校になると、人がいっぱい。
小学校から持ち上がりのクラスメイト数人しか覚えていない。

・・・・・と、云いますか、
ワタクシ、人の顔や声を覚えるのが割と得意。
その分というか・・・どうも早めに忘れることになっているらしく。
「人を覚える」機能の容量は人並なのに、回路の回りがちょっと速いんだな、きっと。

・・・・・同級会、せっかくだけど、パスしよう(^^;


そんな私でも、思い出した女の子。

え~と、あれは小学校高学年だった・・・と思う。

どんな話をしていたかは、忘れました。
女の子数人で、たわいない話。
たぶん、芸能人の誰に似ているか・・とか、そんな話になったので、
とくに仲が良かった訳ではない女の子の一人に、私が云ったのです、

 「カエルに似てるね」って。

・・・・・・。
みごと、彼女を泣かせてしまいました。

・・・・・そう。私は褒めたつもりだっだんですよねぇ・・・・・。

  ケロちゃんs えへ。

価値観は人それぞれだから言動に注意すべし・・という教訓。

彼女、どんな風になったかな。

スポンサーサイト

苦手なものはコレである

 (タイトルはNHK“0655”の「わが輩は犬」の節で♪)

シロさん(仮名)の苦手な物。
雷、花火など。大きな音のするモノ。

「ポチたま」でおなじみの松本くんが、著作の中で

  「犬種によって反応が違うのだろう、年齢によって反応が違うのだろうと考えがちだが、決してそうではない。飼い主がカミナリに驚くかどうかで決まるのだ。」

と、述べておりますが、これについて異論あり。

いちいち雷で驚くような輩は、我が家にはおりませぬ。
冗談で雷に「たまや~」と云いこそすれ(云わないけど)、怖がりはしません。
雷が怖くて、オタマジャクシを育てられるかい!(イミ不明)

まして、花火なんて怖がったりしないですよね。

シロさんは、人の耳に届かない雷様を聞き取って、いち早く避難。
避難警報いらず。


苦手なモノ、その2.
子ども。
シロさん判断によると、中学生までが「子ども」だそうです。


苦手なモノ、その3
  コレ
  看板 遠巻き

遠すぎますね。
では、ズーム。
   コレ
   また選挙

正確には、看板ではなく、人の顔がババンと大きく写ったポスターが嫌いみたいです。
ポスターがあると、遠回りして見ないように急ぎ足で通りぬけます。
他のワンコはどうなのか聞いてみたい。


それにしても、選挙が終わったばかりなんですけど・・・・・。

このポスター掲示板、先日の選挙のとは別にわざわざ新調しています。
前回の選挙の掲示板の隣に並べて立ててましたから、間違いありません。
ひと月でまた選挙ってのも、
この新しい掲示板も、その税金の無駄使いはどうなの~?と思うのですが?


 「苦手なモノはコレである♪」と写真を並べたかったのですが、その1と2は撮れませんでした(^^;

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

雨・雨・雨

ドンヨリした天気のせい・・・かどうか、心がドンヨリの今日この頃。

久しぶりの友人に会いました。

齢をとって友達が減っていくのは、人付き合いの悪さ故だろか。
ガマだの犬だの四ツ足にばかりかまけていて、いつの間にかヒトの心が解らない人になっているんだろか。
ケンカをした訳ではないけど、付き合いのなくなった人の多さよ。
知り合う人 会わなくなった人 の差が、年々広くなっているな。

そんな、付き合いの悪い私を訪ねてくれるなんて、貴重。
ありがたい。



しかし!
楽しいことを書こうにも、各地の大雨。水害。

こちらも連日雨模様です。
連日「土砂災害警報」が出ていますが、県内では今のところ被害者は居ないようです。

これ以上どうか被害がありませんように。


  裏庭にいた見慣れないビッキ。ウチの子じゃないね。
  2013072901.jpg

雨の神様なんだから何とかしてよ。

弟たちの近況

東北、未だ梅雨明けていません。

県内あちこちに「土砂災害警報」が出ました。
当地域に住む親戚曰く「何だもねぇくれぇ(どうしようもないくらい)雨ふった」と。

たしかに「梅雨明け待ってくれ」とは云いましたが、やり過ぎです。
“丁度”の天気には、なかなかならないものですねぇ。


梅雨明けを待ってもらっているオタマジャクシの近況。

やはり、というか、最後まで残ってしまう子は、あまり健康・元気とは云えず・・・。
遅くなればなるほど、どんどん成蛙率が低くなります。

遅い子は上陸時期の見極めも下手。
  これ以上いたらお前溺れるだろ!早よ上がれ!
という子も。見るに見かねて仕方なく手助けすることも・・・。
これから先が長いんだから、出来ればあまり人の手を貸したくなかったんだけど(>_<)

   2013072603.jpg 末から3番目

バタバタと溺れそうなのを、救出。
石の上でしばらくボンヤリしていました。

  気づけ!お前はもう肺&皮膚呼吸できるハズだ!
こんなに尾が無くなっているのに、まだ顔が平たい顔族。蛙型じゃないあたり、オタマ気分が抜けてません。

しばらくボンヤリの後、呼吸できることに気づいたらしく立ち上がって歩き出したので、“もう大丈夫”と判断し、庭へ。


さて、残るは2匹。

うち1匹は、なんとまだ前足が出ていません。
きっと自然界では、とっくに沈んでいるか敵に食べられているか。
弱肉強食の負け組ですね。

  2013072602.jpg 部屋ひろくなったね

エサをとるのが驚くほど下手。
口元に葉を持って行っても、見つけられず通り過ぎてしまうし。

泳ぎも下手くそ。
お兄ちゃん達みたいに元気いっぱい暴走できません。
あぁ鈍くさい・・・・自分を見てるみたいだわ(-_-)


今年の「おたま日記」が、これで終わるか、あと一回あるかは、この2匹次第です。

日和山に祈る

続けて閖上の話。


ゆりあげ朝市会場は、現在“野原の中”です。

以前は、家々が並ぶ、よくある海辺の狭い町並みを、
道を一本間違えては、笹かま屋・佐々直の看板を目印に、遠回りしたりしていました。

朝市会場から見える小高い丘は、日和山。

  日和山1 朝市から日和山を望む

今は、どこからも道を間違えようがない見晴し。
野原・・・空き地。

ずっと、よそ者の私がカメラを向けることが出来ませんでした。
バイクで来たお兄サン達が写真を撮っている姿に、今を撮ること知って貰うことって大切だよね・・・とは思いました、が、
それでも、何度来ても撮れませんでした。

・・・・・・やっと写真が撮れました。

日和山
  日和山2
  今は、閖上の象徴、かな。

瓦礫が無くなって、マシになった、といえるのかもしれません。
けど、まだやっぱりこの景色に慣れません。
今やTVで見慣れた光景になってしまった?
前を知らない人には、ここに住宅がザ~ッと並んでいたとは思えない、かも。

変わりすぎて、風景が重ならない。

山の上には神社が。
 日和山4
  
  (クリックすると大きな画面で見られます)
   日和山5

名取市、新聞等を読んでも、進捗状況は芳しくないようです。
今月になって都市計画が出ていたケド・・・本決まりしたのかな。
まだ“計画”。あれから2年4ヶ月。

朝市は戻って来たけど、人は戻って来るのかな。
この野原どうなるのかな。

  日和山3 日和山から閖上を望む

よそ者ですけど、よそ者として、見守っていこうと思います。

テーマ: 宮城県 | ジャンル: 地域情報
Tag: 県内

朝市に行く

日曜日、名取の閖上朝市へ行きました。
  名取市(なとりし):仙台の南隣の街。仙台空港あり。
           田や畑が広がる風景がここ2年ですっかり住宅地。
  閖上(ゆりあげ):市の東側。海沿いの住宅町・・といった場所柄。

朝市は毎週日曜開催。
テントが並んで、魚屋・乾物・八百屋・花屋等など新鮮な品物のほか、朝ゴハンにも楽しい食べ物屋台も並び、見て回るだけでも楽しい所です。
家からは車で1時間余。以前から、半ば試食目当てで時々遊びに行っていました。

市のたつ会場は、目の前が海。

  閖上4 10秒先は海

震災で、閖上地区すべて、大きな津波被害、でした。

その朝市、場所を変えて震災2週間後くらいには復活していました。
閖上ではなく、同じ名取市内でも少し内陸寄りの、津波被害の無かったイオン系列モールの駐車場の一画に、テントを並べて。
家や店がダメでも市を開くその心意気!

店の人と常連客と、泣きながら無事を喜び合う姿がありました。

あれから、何度もイオンの駐車場へ行きました。

店が少なくなって、
イオンモール開店の10時になると、駐車場に車が入ってきてしまう仮会場。
ドカドカとテントを片付け始める慌ただしい会場で、ギリギリまで野菜を買っているか、朝飯の水餃子と格闘しているかの私。
・・・出足が遅いのが悪いんだけどさ。



ゆりあげ朝市が、先々月、閖上へ戻ってきました!(^^)!
2年2ヶ月ぶり。

   閖上1 
   (なるべく人を写さないよう苦労して撮ってみる)

前の場所に戻ったといっても、前とは並びが違ってちょっと戸惑い・・・。
・・・・え~と・・以前は、入口すぐに天ぷら屋、青空下に八百屋があって、惣菜屋があって、奥に魚屋のテント群が・・・。
今は、新しい建物に珈琲屋やパン屋、建物に沿って反対側に魚屋テントが並ぶ、細長~いつくり。
・・以前よりだいぶ狭いような・・・・。

テントの後ろ側は柵が張ってあり、現在“工事中”の看板。
店の人に聞くと、工事後(たぶん秋)には店がそれぞれ建物内に入るそうです。

つまり、まだ会場は全部出来上がっていないんですね?
それでも再開しちゃうあたり、ここに戻って来たかったんですね。


やっぱり水餃子を食べる私。
   閖上3 カップからはみ出る水餃子カクテキ乗せ

この場所に戻るにあたり、カナダからの支援があったそうです。
前には無かった、木の立派な建物がありました。

  閖上5

 ゆりあげ朝市
 毎週日曜・祝日 朝6時~10時。

今度は10時になってもドカドカ追い立てられることはありません。
出足が遅くとも大丈夫。←早く来るにこしたことないケド(^^;

   閖上2
  
 愚痴。ホヤ食べたい。ここ2年口にしてないよぉ。時期なのに売ってなかった(T_T)

テーマ: 宮城県 | ジャンル: 地域情報
Tag: 県内

選挙考

梅雨明け間近かと思ったら、今日もザバザバ降っています。
湿気寒も相変わらずです。
本日、最高22℃。
夏休みでも子供たちはプールに行けない(行きたくない)気温ですね。

夕刻にはまた雷神様到来。
例によって自主避難のシロさん(仮名)

  てへ こわいんだもん


やっと選挙が終わったかぁ。ヤレヤレ。

前の選挙でも思ったけど、
「復興」「復興」て、うるさいわぃ!

しかも、皆が皆。
そんな当たり前のことを声高に云われてもね。
他に云うべきことは無いんかお前!とツッコミたくなるわ。


それと。毎回思うこと。
どうして投票時間20時までなのに、20時ピッタリの選挙速報で
「それでは・・当選確実です。」って・・・・・おかしくない?

出口調査や世論調査、確率の問題というのは知ってます。
理屈ではなく、気持ちの問題。

20時ギリギリで選挙に行く人だっているでしょう?
日曜日も仕事で、急いで帰ってきて「あぁ選挙行かなきゃ」って行って投票して、帰って来てテレビつけたら「当確」て。ガッカリするよね。

え?いま入れてきた俺の票って無くても同じじゃん・・・って思わない?

この当確発表の速さが、投票率を下げていると思うぞ。
当確分かっても、せめて1時間位発表しないってマスコミ協定作ろうよ(←大マジメ)。

なんだか悔しいので、出口調査があったら嘘を云ってやろう・・と毎度調査を受ける気満々ですが、一度も当たったことがないんですよね。
今回も無し。
私なら、嫌な顔せずに出口調査も世論調査も受けますよ?
・・・どこでやってるんだろ、出口調査。

小さくて大きな悩み

はたしてこのブログはどのジャンルに入れたらよいのだろう。

「日記」?
辞書によると。日記:毎日の出来事や感想を書き記すこと。
 その日の出来事を書いているのではない、時系列ですらないので「日記」ではない・・と。

犬については時々出ている程度。・・・ネタは山ほどあるけど写真ないし。
オタマジャクシもカエルもペットではない。あれは庭の防衛部隊。愛玩用ではなく実務担当。
 「ペット」にしたら詐欺だろう。

 ・・・・・そもそも一つのジャンルに決めて書いてないしなぁ。
 「雑記」といったら雑記中の雑記。

仕方なく「ブログ」に入れてはいるものの、
さらに細かいジャンルは?と云われると・・・・むむむむ・・・・。
イラストではない、店や団体の紹介ブログではない・・と消していくと、
残るのは、「写真」?

でも、これが“写真ブログ”って、
素敵な写真を何枚も載せているブロガーさんに対して失礼だと思うんだよねぇ(>_<)
・・・う~む・・・(オチなし。現在進行形悩み中)

  散歩? いいから、さんぽ
  困ったときのシロさん(仮名)

映画と松島

先日、映画「じんじん」を観ました。

JR駅構内にもポスターが貼ってあります。

   じんじん ポスター・・地味。

ポスター下には張り紙。「松島ロケ!」 ← コレが売りのようです。
駅にまでわざわざ貼ってあるのは、それでなんですね。
せっかくだから見てみよう。

映画は、単館・アート系も好き。
単館系映画だと、お一人様貸切になることがあります。それはそれで居心地が悪いんですケド。
でも今回は、思ったより客の入り上々でした。
・・・・・年齢層が高いような?
やっぱり「松島ロケ!」が効いているのか。

内容的には、北海道がメイン。
・・松島は・・・別に松島でなくても・・・・と思わなくもないですが・・・・・・。
 余計なことを云っちゃいけませんね、
煽り文句に誘われて入った年配の方が、映画観てホロホロ感涙しているようなのでヨシとしましょう。


前に話した、瑞巌寺の杉林のスカスカぶりが、しっかり映ってます。
大画面で見て、改めて、変わったな~としみじみ。

松島(映画関係なくイメージ映像でお送りします)
  ウミネコ営巣 ウミネコ営巣中
  友人曰く 「軽く、ヒッチコックの世界だね」

せっかくだからもう一枚。
  
  ウミネコ休憩中 ウミネコ休憩中 
  すべてのブイにウミネコが止まってます

う~む、携帯だとハッキリ撮れなくて残念!


ところで、小中学生は、明日から夏休みだそうで。
まだ梅雨明けしてないのにねぇ・・・いつものことだけど。

しばらく映画館も賑やかになりますね。

 
Tag: トリ

梅雨明け間近?

朝も早よから雷神様が御到来の音。
  ガガガガ・・・ゴゴゴゴ・・・
空が唸ってます。雨ザンザン降り。

朝も早よから近所で工事の音。
  キ~ン・・・キキキキ・・・
音からすると、金属を切ってるみたい。

だ・・・大丈夫ですか?
雷ですけど。
この土砂降りの中、外にいるだけでも「おいおい」って感じなのに、金属って・・・・・。
急ぎの工事なんですかね。
工事やさん大変(>_<)


雷の「ゴ」も「ガ」も聞こえる前に、自主避難をしていたシロさん(仮名)。
大概の犬がそうだと思いますが、シロさんもカミナリ大嫌い。

夕刻には雨も弱くなりましたが、今日は外に出ないことに決めたようです。
散歩お休みにするか。

普段はカッパ着用。
  合羽きて カッパきて

母のリメーク作品。
小さかった安売りの赤い市販カッパに、チェック柄の生地を継ぎ足してます。
実はチェック柄の生地は古いカサ(^^)

  紫陽花と あじさい満開

明日は晴れるといいね。
・・・・・暑くならない程度に。(←わがまま)

 

言葉の壁

なんだか西側の方には申し訳ない気すらするんですけど・・・・。
ここ数日とても涼しい宮城です。
涼しいを通り越して、寒いくらい。雨なので湿気はあるんですが、湿気寒い。
本日は、長袖2枚着用。
今週一週間の天気予報、最高気温が全日30℃いかないんですけど、急に上がらないよね?
体調管理できないよ(>_<)


先日、映画「奇跡のリンゴ」を観ました。
あ、大丈夫です。ネタバレ話はしません。まだ公開中ですし。
 ここで話さなくても、色々と宣伝してますけども。


以前同タイトルの舞台も観ました。
その時の主役夫婦は、V6の長野博&サトエリ(芸能人は敬称略ね)。
なんというか・・・スタイリッシュな果樹農家夫婦さんでした。

原作のイメージが、朴訥な津軽の“農家さん”だったので、余計そう感じたのかも。


映画版の夫婦は、阿部サダヲ&菅野美穂(だから敬称略)。

岩木山が印象的で、キレイだなぁ。
どこからも山が見えて、川があって、田んぼや畑があって、虫や蛙がいて。
私の中の“THE・東北”。落ち着く風景。
ずっとロケ撮影だったのかな。
・・・きっと言葉が大変だったろうなぁ。

「東北弁」と一括りにされがちですが、地方によって言葉がまるで違うんですよ。
何でも「東北」で六把一カラゲにしないで欲しい、と思うわけで。

違います、が、宮城人の私でも、盛岡・山形・秋田までなら何とか解ります。
青森県でも八戸なら解る・・かな。
山形県でも山形と庄内だと全然違うし、隣県でも、福島はイントネーションが関東寄りなのでちょっと・・・と、まぁ細かく色々ありますが。

・・・津軽弁に至っては、自信をもって全然ワカラナイ。

TVでよく使われるよな「東北弁」=「だべ」とか「だっぺ」なんてあまり聞きません。
仙台の“ズーズー弁”より、なめらかで繋がった、とても綺麗な言葉です。
が、繋がっているぶん慣れない人間には聞き取りにくい。

仕事上、各地の人と電話でやり取りをすることがありましたが、
津軽の人は「もしもし」の後は、???
 「わ~・・・・だはんで・・・・で~は~・・・だ?」
こんな感じ。もはやフランス語。
しかも早口。
何度「スミマセン、もう少しゆっくり」と云ったことか。
・・・ゆっくりでも難解だけど・・ね・・・・。

きっと、あっちはあっちで「仙台弁はワカラナイ」と思っているんだろね。

  奇跡のリンゴ 食べごたえあるデカさ

ところで映画の上映、秋にすれば良かったのに。
リンゴが食べたくなったよ。

 

気に入ってる物はコレである

厭なこと立て続け。
イライライライラ。
自分が不細工になっていくのが、よく解るのに、イライラが止められない。

よし!明日の昼は美味しいモノを食べよう。


とりあえず今日のところは、シロさん(仮名)チャージ。
だてに白毛じゃない。黒い心も白くなる・・・・かも。ちょっと薄茶けてるケド。


食への反応が薄くがっつかない、箱入りワンコなシロさんですが、遊ぶのは大好き。
新しい物を持っていると「なに?それ?くれるの?くれるの?」ってな感じで、ピッタリと付いてきます。
 諦めないそのしつこさ、もう少しヘタレじゃなければ立派な警察犬になれるんだけどね。

中でも大好きなのは、ボールでもロープでもなく、
というか、犬用玩具でなく、

・・・・・・靴下と手袋。

もちろん、犬用でなく人用。

散歩帰りに手袋をその辺に置いておくと、いつのまにか無くなっています。
え?なんで?手の届かない所に置いたのに・・てな事もしばし。
外に置いている庭仕事用の軍手なんて、どこに置いたか本人が覚えていなくても、シロさんにかかればイチコロ。
穴の開いた靴下を下げ渡すこともありますが、いつのまにか洗濯物から自力でGETすることも(-_-)

   確保 かくほです

だ~か~ら、手の届くところに置いたらダメだって。
手が届かなくても何とかしようとするんだから。

 狙った獲物は何とかして捕るその努力、集中力、もう少しヘタレじゃなければ立派な猟犬になれるんだけどね。

  始めっ では

  うりゃっ うりゃっ
  冬物靴下はよく伸びるねぇ。

努力して手に入れても、一回でボロボロ。
まぁいいよ、シロさんが満足なら。

それにしても。
やっぱり、シロさんの手の向きがおかしいと思うのは気のせい?
普通ワンコってこんなに抱えるっけ??


(タイトルはNHK“0655”の「わが輩は犬」で♪)

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

大人の階段のぼる♪

例年になく遅い上陸だった割に、ジメジメシトシト天気のお陰か、無事育っているようです。

庭で発見。
  13071301.jpg 大きくなったね

大人っぽくなって(T_T)
もう一枚。

  13071302.jpg すっかり蛙顔

体調1㎝弱というところ。
・・・・・長男でも約半月。どの位まえに上陸した子だろ?
一丁前にピコピコ跳びはねてます。
元気。無事エサも捕れているようですね。
良かった良かった。


上陸まだの子たちがあと約10匹ほど。
まだ梅雨明けは待ってくれぃ。

月命日

宮城DCで、それなりに観光客はUPしたみたいです。
たしかに松島には大型観光バスが並んでいたものね。

友人とおのくんと先日3人でも行った松島
目の前が海で、道路が海沿いにあってお土産物店が道に沿って並んでいるような場所ですが、
そんな立地からすると、被害は“少なめ”でした。

「小さな島が点々としているので、波が徐々に小さくなったんだろうな」とは観光ガイドのオジサン。
「良かったね~。お店も大丈夫みたいだもんねぇ」と観光客のオバ様。

   津波の碑 背丈くらい、かな

碑の後ろ側に津波の高さ線が。

「あら、結構高いのね」って。
おや、私は目の前が海の割には低かったんだな、って思いましたよ。

土産物店が元気に営業しているから、「大丈夫だったのね」と思ったんですね。
イヤイヤ。開いている店ほとんどが震災後に建て直した店です。
あの後は、店はどこも泥だらけで、シャッターがひしゃげてて、心がひしゃげそうになりましたよ。

ウミネコに戯れながら、心の中でツッコミを入れる私。

  黄昏のウミネコ 黄昏るウミネコ

あ、でも、来ていただいてありがとうございます。

夏に向けて

昨日、県内の梅雨明けそろそろかなと書いたら、本日は快晴。
え?まだ梅雨明けしてないよね~?・・という天気具合。
それにしても、暑い。

最高気温33・4℃といったところかと思うのですが、
国道を通ったら、気温計が「40℃」になっていました。
たしかに路面温度は高いと思うけど・・・。
道端にあるあの気温計は、道のどの辺りで測っているのでしょう?
数字を見ただけで熱くなった気がするわ(>_<)



毎日ブラッシングに励んでいるシロさん(仮名)← 励んでいるのは犬じゃなく私だけど(^^;
毎日毎日モッサリ抜けます。


  毛玉 (2) もっさり

一日に抜ける量で、軽くチワワが出来るくらい。
う~む、今までで何チワワくらい出来ただろ。

犬毛フェルトって売れないかな。
もったいない。

  毛玉大きさ 誰か買って下さい

シロさん、夏毛の薄茶色の犬になってきました。
優しい友人曰く、ミルクティー色。
登録上は「毛色:白」なんだけど・・・・・・。

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

都市伝説の女

西日本は、昨日“梅雨明け”したそうですね。
東京が梅雨明けと聞いたので、西日本はもうとっくに梅雨明けしたものと思っていました。
桜前線と同じように、梅雨前線も関東圏が早いものなんですね。知らなかった!

東北はまだ梅雨の天気。
昨日はザバザバ降っていましたが、本日はドンヨリ・ジメジメ・・・。
不快。


この時期になると、ウチの近所では夜な夜な怪しい女が出没。
片手に懐中電灯、片手に小さなバケツ。
フラフラと、道を照らしては、何やら捕まえバケツの中へ・・・・・・・。

・・・・・そんな噂が立ったら厭だなぁ。

その変な女の正体は、ワタクシ。

暑くなったので、愛犬シロさん(仮名)と日が落ちてから散歩をしているのですが、
途中でカエルに遭う確率の多いこと!
ジメジメ天気が続くと、どこぞからヒキガエルがノシノシ出歩いてしまうんですよね。


歩道をノシノシしているだけなら、女性が悲鳴をあげるくらいの被害で済みますが、
車道に出てしまうと、被害はカエル側に。しかも被害甚大(>_<)

初めは、捕まえて近くの空き地に放していたのですが、
2匹3匹になると持てないので、小さなバケツを持って歩くようになりました。
見つけたらすぐ入れられる。
この時期の恒例行事です。

馬鹿ですか? 
馬鹿ですね。大丈夫、自覚あります。

・・・・・・・・だって、あんなに苦労して蛙になって、ノシノシ歩くまで大きく成長するのにどれだけ年月がかかるのかな~と思ったら、放っておけないんだもん。
だいたい、なんて生存本能の薄いヤツラなんだ。

ご近所さんには、私のカエル拾いを知っている人も。
夜のウォーキングをしながら「バス停の途中にカエルいたわよ」なんて声を掛けられたり。
・・・イヤ、別に、カエル集めをしている訳じゃないんですけど・・・・・。

  130709001.jpg (今日は画像を小さくしとこう)

宮城の梅雨明けも、そろそろでしょうか。

笑う時間

「立川志の輔 独演会」へ行きました。
落語です。
仙台公演は、今年で五年目。
東京でもひと月の公演チケットが即日完売の、人気の落語会。
仙台の中では広い会場が、満員御礼です。

  花輪 賑やかし写真


二年前。

震災後、電気が通って待望のテレビが点くようになったのに、
ニュースは見ていられない、バラエティを観ても笑えない。
 笑えない・・というより、イラッとして観ていられなくて。

笑ったり考えたりって、心に余裕がないと出来ない芸当なんだな~と、しみじみ。

舞台が無くなったあの時。
どこの会場も、建物に被害があって・・・だけど舞台なんて修理は後回しで。
 まぁ、初めのうちは舞台どころじゃなくて、頭に浮かぶこともなかったけど。

仙台にやっとボチボチ戻ってきた舞台での、落語会会場は満席。
イマイチ残念なお弟子さんにも満席の会場は大笑いで、そりゃもう笑えるだけ笑いました。
師匠は三席もやってくれました。

あぁ、みんな笑いたかったんだな~と、しみじみ。


昨年。

さぁ笑うぞ、と意気込んでいたら、
開場前にまさかの地震・・・・・そして津波警報。

中止にはならないようです。

・・・・・・・・迷いました。とても。
こんな時に落語なんて。
友人は、知人は、大丈夫だろうか。
夕刻だから家に居ないかも。家族と離れてまた大変なことになっているかも。

携帯は通じません(通じてもそんな迷惑なことしないけど)。
会場前のTVでは、また日本地図に太平洋側が点滅したあの画面。

一人だったら、迷わずやめたかもしれません。
連れに、母と伯母。
介護で毎日大変な伯母が楽しみにしていた落語会です。
迷った末、会場入り。
・・・チケット完売なハズの会場には、ところどころ穴がありました。

結局、津波はありませんでした。
そして伯母が楽しそうだったのが、救いでした。



それでもって、今年。

前座に色モノ(三味線)に、志の輔師匠が「はんどたおる」と「帯久」の二席。
笑った!笑った!

独演会で公演時間2時間半押し・・・・長!
「お尻痛いでしょうね。でもこっちの方が痛いんですよ」と、師匠。
そうですね、ずっと正座ですもんね(笑)


また来年も笑う準備をして待ってます。

Tag: 落語

お兄ちゃんの近況

ムシムシ気温も湿度も高くて不快。
だけど、この雨も、まだ上陸したばかりのチビ達には恵みの雨だと思って我慢我慢。

アレから、平均毎日3匹が巣立っていき、毎日2匹が大人になれない・・といった具合。
・・・・・・上陸時を誤ると、溺れちゃうんですよねぇ。
泳ぎ下手になるし、肺呼吸だし・・・難儀なヤツラ(-_-)

   13070501.jpg 四男か五男か六男

ビッキは、卵からの孵化率90%、
その中から、オタマジャクシから上陸して生き延びられない確率が90%、という話を聞きました。
今年は春に低温続きで雪が降ったりしたせいで孵化率が最悪だったケド、まだ上陸率はいい方なのかもしれない・・・と思おう。

少しすると、オタマ仕様の黒い体が少し薄色になって、ちょっとビッキらしく。
  13070502.jpg 2・3日後

・・・わ、判るかな?
真ん中の落ち葉の上にいるんだけど・・・・・上手く撮れない(^^;
ヒキガエルのくせに、アマガエルのように跳ぶんだよ、チビ達は。
「見つけた!」と思っても、フと目を離すともう判らなくなっちゃう。
そうすると部屋で落としたマイクロSD捜すくらい難しい ← 部屋がキレイな人には当てはまらない(^^;


ウチの庭にいる敵といったら、鳥とクモと大きな蛙・・・ってところかと。
自然の敵は、鳥やヘビや昆虫。

でも一番の天敵は、人間かな。
この時期、湿地の近くにはこんな小さな子達がピコピコ跳んでます。
割と集団ですが、小さ過ぎて、気をつけないと目に入らないです。
どうか、気をつけてやって下さ~い!

楽しいドライブ

しばらく愛犬・シロさん(仮名)について書いていないな。
遊ぶ時は全力で遊んでいるので、なかなか写真を撮れません。
それに彼女はカメラ苦手。
カメラを向けると、不細工になる、もしくは急に用事思い出す←居なくなる(^^;

寝姿隠し撮り 寝ワンコ (2)

・・・・・犬ブログの飼い主さんはどうやってあんなに可愛いく撮れるのかなぁ。コソッと見てみたい。


犬飼いなら常識ですが、どんなに健康なワンコでも、年に最低一度は獣医に行かねばなりません。
理由は主に3つ。
  ・狂犬病のワクチン注射
  ・ジステンバー等病気の混合ワクチン注射
  ・フィラリアの予防薬

シロさん(仮名)の場合、狂犬病予防接種は、近所の公園で集団接種を受けたのでOKです。
あと2つは獣医に行かねば。

シロ様(仮名)が獣医に行く時は、お付きの者が二人必要。
一人は運転手。
もう一人は、具合が悪くなった時にすぐ対応できるよう付いている係。今まで悪くなった事はないけど万が一のため。


少し前の話。
さて今年も、と、お付きの者二人が獣医に行く準備。

私は、まずはシロさん(仮名)が乗りやすいよう車を移動させて、一度家の中へ。
 お財布よし、ウ○チ袋よし、診察券よし・・・

外では妹がシロさん(仮名)を連れ出しにいった声。
 「さぁ、お出かけするよ」

諸々の準備をして車に戻ってみたら、

  ・・・・え?・・・・・・・・シロさん(仮名)??一人?もとい一匹?

勝手に後部座席に乗り込んでいらっしゃいますけど・・・(・_・)

家犬飼いの人には、このビックリは伝わらないだろうな。
シロさん(仮名)は、基本外犬(家の中にも入ってるケド)。
散歩の時だって車に乗せることは、まず無い。
だから、車は乗り慣れている物ではなく、一年に一回の獣医通いの時くらいしか乗らない代物。

リードを持って、のんびり後から出てきた妹もビックリ。
「え?もう車で待ってるかと思った」って、確認もせず放す妹も妹だけど、
普段乗らない車に勝手に乗り込む犬も犬だよ。
ドアは、空気抜き程度にちょっとしか開けてなかったよね?自分で開けたの?

 お出かけ → 車で出る → 置いて行かれる → 車に乗れば一緒に行ける
と考えたね?
手間がかからず良い子だね、君は。

   ドライブ? おでかけ♪おでかけ♪

「もう乗っちゃったも~ん」みたいなドヤ顔してましたけど。
一緒にドライブできて楽しそうですけど。

行き先は楽しくないんだけどね。

   ドライブ あれ?  

獣医に着いて院内に入ってから「騙された」みたいな顔をしても、帰りません。
去年も来たでしょう? 気づくのが遅いよ。
いつものように台に上げられ、補てい要らずで(一応するけど)アッという間に検温も注射も終わり、
獣医さんに「大人しくて偉いわね~」と褒められるシロさん(仮名)。
怖くて腰抜かしてて抵抗できないだけ・・・ってのは、内緒にしておこうかね。

フィラリアの薬を7ヶ月分、ついでにノミダニ避けの薬も貰って。バーゲン時期でも自分の物を買う余裕のない財布になって(T_T)
今年の通院は終了。

帰りも「もう帰る!」と車にドカドカ自ら乗り込むワンコ。
手間がかからず良い子だね、君は。

テーマ: 犬との生活 | ジャンル: ペット

トラップ

雨がザバザバ降っています。
水不足が解消されるといいなぁ。水が無くて大変な思いをするのはもう勘弁して欲しい。

あぁでも、あまり降り過ぎないで。上陸したばかりのチビ達が流されないか心配。
晴れたら晴れたで、干からびてないかな~と心配だけど・・・。
母の心配はつきない(^^;


先日、梅雨の晴れ間に。
愛犬・シロさん(仮名)と散歩していたら、いつもの散歩道が大変なことに!

   爆弾? ば、爆弾!?

点々と。
足の踏み場がない(>_<)
自転車で坂道を下ってきたオバチャンが、避けながらフラフラ~と・・・諦めて自転車を降りました。

徒歩でも歩きづらいのに、こりゃ自転車は無理だわ。
隣の塀は中学校の敷地。
通学路なんだけど・・・危ないよねぇ。

爆弾の正体は
   正体 松ぼっくり

塀の上の斜面に松の木が植わってます。
・・・雨で松ぼっくりが流されて落ちたのかな?


梅雨には色んな危険があるもんだ。

円通院へ

松島の旅続き。

食べてばかりではありません。一応。
瑞巌寺の参道をのんびり散歩。
  瑞巌寺(ずいがんじ)松島きっての名刹。国宝の本堂は解体修理中。

ここはお散歩にもってこいの場所。
背の高い杉の並木がお寺まで続いていて、清閑。
空気がピリッと涼やか~こういうのをマイナスイオンっていうのかな。

ただ、とてもとても残念なことに、自慢の杉並木がだいぶスカスカになっていました。

震災後、杉並木には被害が見えなくてホッとしたものなんだけど・・・。
・・・仕方ないか。
杉並木終わりの位置に「津波到達」の小さな看板があるくらい寺のすぐ前まで波が来たんだし。寺を守ったんだね。
塩害で、昨年約300本伐った、とか。

薄暗い中を木漏れ日が差し込んでいた参道が、今では日差しが暑いくらい明るい。あちこちに伐られた杉の新しい切り株を見るとちょっと寂しいです。

その代わりなのか、竹で作ったオブジェ(?)が所々にありました。
   瑞巌寺 竹に竹に雀(笑)
「竹に雀」は伊達家の家紋です。

瑞巌寺前を通り抜けて、隣の円通院へ。
  円通院(えんつういん)伊達政宗の嫡孫を祀っています。

ここが目的の一つ。
寺なのに、小さいながらもバラ園があります。
支倉常長が西欧から持ち帰ったバラを元に、廟にもバラの絵が描かれていたり、バラに縁のあるお寺さん。
庭のバラが丁度見頃だと。

  薔薇 寺っぽくないね

う~ん、満開というには、ちょっと・・・・・・。
株が小さくて、これだけを見に来た老夫婦はガッカリしてたよ(^^;)

こちらはガッカリはしません。
女二人の目的は、バラだけでない。
バラの他に有名なのは、ここに縁結び観音があること。

おみくじ 
   おみくじ 末吉!

該当の未婚男性がいましたら、ご一報ください(笑)

あ、おみくじだけ引いて、観音様にきちんとお参りしてない。
ダメじゃん(^^;)

 

松島グルメ

友人と、友人のおのくんと松島。
「ああ松島や松島や」の松島です。


目的の一つ、「松島さかな市場」。

すぐ隣は「みちのく伊達政宗歴史館」。
 ・・・・この老舗蝋人形館には入りませんでしたが。
ちなみに、裏の「伊達カフェ」は、なかなかの写真スポットかと。
こんなベタな入り口。
   伊達カフェって おのくんが隻眼に!

団体さん何組か。
他県ナンバーの観光大型バス駐車中。

  松島さかな市場
 
見覚えある黄色い車体は・・・・はとバス!?
へぇ、はとバスって都内だけ回っている訳じゃないんですね。こんな遠出するなんて知らなかった。

さて。「さかな市場」へ来たからには海鮮♪海鮮♪

1階は魚屋ブース。
「牡蠣ないの?牡蠣!」と云うオバサンに、魚屋さん困ってます。
発音からすると、県外のお客さん。
もう牡蠣の季節じゃないよ~。もう少ししたら岩ガキが出ますけど、松島の牡蠣はやっぱり冬ですよ。
・・・たしかに外にあるプレハブの「焼き牡蠣ハウス」からは、いい匂いしてますが。


1階で食券を買って、2階で座って待ち。
2階は、食事する人のテーブル席と、海藻類の干し物等お土産品が置いてあります。

お奨めされた「夏の陣・政宗丼」。

  伊達丼 わ~い、海の幸満載!

玉子が妙に細長~く上に乗っかっているのは、政宗公の兜ですね?弦月型前立て。
さすが“伊達丼”(笑)

そんでもって、今年初ウニ(#^.^#)
   今年初ウニ 見えませんが下にはホタテも

お腹いっぱい!!!


あとは、海沿いをウミネコを見ながら腹ごなしに散歩。
瑞巌寺の参道から円通院。
で、
・・・・・・夕飯要らな~いと云っていたのに、それでもまだ食べる!?

  甘酒シャーベット 甘酒シャーベット
米麹の香り。シャリシャリして美味~い(^^)

食べ過ぎ。
もう・・・しばらく玄米と味噌汁でいいです。