乳がん患者のひとり言

どこぞのセンセーが「ガン患者は働かなければいい」と云ったとか云わないとか。
歌舞伎俳優サンが肺がんだっていうんでガンに注目が集まっている時に大胆だね。

働かなくていいなら働かないとも。
全てのガン患者の金銭面の面倒をそのセンセーがみてくれることを期待したい。



ガンの公表をする有名人が前より多くなっているような・・気がする。

乳がんの公表をしている有名人もよく話題になっている・・気がする。
ただでさえ人の目をひく立場で病院にいるのも大変だろうに
治療をしながら、TVに出たりブログで発表したりというのは、そりゃ大変だろうな~と思ったりする。
スゴイな~と思う。

けど、
スゴイな~と思うのと別に
ちょっと困ったな~と思うこともある。

有名な人が「今こんな状態です」と云うことで、
乳がんってそういうものなのね!」と思われてしまうことが多い・・気がする。

彼女たちが悪いわけじゃない。
彼女たちは自分の状態を「こうですよ」と云っているのであって、
元々、患者代表として「乳がんとはこうですよ」と発表しているわけではないのよね。

思い込みって怖い。

「ガンになった」というと、まず多いのが
「痩せるんでしょ」とか「薬で髪が抜けたりして大変なんでしょ」とか。

あのね、そういう人もいるけど。
ケド、そうじゃない人もいる。
同じ病名を付けられてても、人によって色々なの。

乳がん」と云っても、いろんなタイプがある。
タイプは、検査で出た数値によってきちんと分けられていて
それによって
例えば
 Aタイプの人はホルモン剤治療
 Bタイプの人は化学療法(いわゆる抗がん剤)
 Cタイプの人は放射線治療
等々、治療法が分けられている。

痩せないから軽いとか、化学治療をしないのは初期だとか
抗がん剤は最後に使うとか
それ、全然違う。

手術や転移の具合等によって、
例えば、「薬+放射線治療」とか「手術の前に化学治療を半年」とか、組み合わせが変わる。

自分のタイプが判れば、少し調べれば「このタイプだからこの治療なのね」と解るもんなのだ。
それくらいハッキリと、タイプと治療法が確立されている。

・・・・タイプ分けできる程に、
今までどのくらい沢山の乳がん患者が居て、研究されてきているんだろうな。
乳がんの先輩たちに感謝しなきゃね。

  退院祝い 友人から貰った(^_^)

仕事を休んでから一ヶ月とちょっと。
職場の上司にどうも乳がんということを疑われている・・気がする。
なにか?頬をゲッソリさせて「あと1年休みをください」とか云った方が良かったんだろか。

既に仕事復帰した、同室だった患者友達も
「周りにうまく話せない」と云っていたっけ。


どこぞのセンセー、ガン患者が休んでいる間を全て有給扱いにしてくれい。

 
スポンサーサイト

惜春の候

世界的に“さいばー”が“こーげき”とかナンとかニュースになった先週のこと。
そういう時に限って、調べたいことが色々あるんだが・・・・。
困った(-_-;)
日本ではないけど病院関係にも被害が出ているらしいし、うっかり病気のキーワードなんかで拾ったりしないだろか(-_-)

とりあえず、
ネットに繋がずに必要なものは他に保存して~
WINもウィルス対策もアップデート確認をして~
スキャンして~

・・・・・大丈夫か?これで??
誰だか知らないけど、そんなものを開発する頭脳があったら、
他のことにその頭を使ってくれないかね。

  今年の牡丹 5月6日撮影
  庭の牡丹が今年も咲いた!

いいかげん仕事に復帰したいと思うのだが、なかなか戻れずにいる。

ここ一ヶ月熱が引かずにいる。
微熱だけど。。
困った(-_-;)


主治医いわく「手術痕には問題ない」のだそうで、
では「手術後に熱があるのはフツウなんですかね?」というと、そうでもないらしい。

入院中には、インフルエンザの検査やら血液検査やらレントゲンやらさせられたが、
全て問題なかった。
(インフルの疑いなら入院前に検査やった方がいいんじゃないかな~とツッコミを入れずにはいられない。陰性だったからいいけどさ)

全て問題ないから、熱の元が解らない。
困った(-_-;)

  今年の牡丹
  土曜日の大雨であっというまに全部くずれてしまいましたが(>_<)

入院中、患者は一人一つ体温計を渡されていて、毎日朝・夜に体温を測ることになっていた。
看護師さんが「朝御飯は全部食べましたか?」なんて確認しながら、
毎回熱もチェックしに来るのだが、
云うのが嫌になるくらい毎回「微熱アリ」だった私。

初めは「熱があるうちは病院に居た方が~」なんて云っていた看護師サンも
しばらくすると「家に帰った方が熱が下がるかも」と云いだした。


 看護師サン 「ほら、病院って環境悪いから」

 同室の患者 「え?ここ環境悪いの?(^∇^)」

 看護師サン 「いや病院が悪いって訳じゃないけど!体にとっては家の方がいいっていうか」

 同室の患者 「え?この病院、体に悪いの?(゚∀゚≡゚∀゚)」


・・・・すこぶる環境のいい病室だった(^^;)

  牡丹とろく
  ふり返ればヤツがいる

色々と思うところはあるのですが、
このまま仕事に行かないと、このまま金輪際職場に行きたくなくなることうけ合い(!)なので
見切りで、仕事復帰することにしました。

 

宝くじ当たらないかなぁ

何だかんだと仕事を長期休み中。

そろそろ仕事復帰を考えたいのだが

・・・・しかし、様々な難問が。

身体のこと・・も、さることながら、

仕事の事やら、職場への申請やら、お金のことやら。


今回、病気になっての教訓は、

  必要な事は自分でとことん調べておけ!

これに尽きる(-_-)

役所だって会社だって、必要なことは誰も何も教えてくれないものだ。

  お天気♪ ね?ろくサン?

 

ただいまです

退院いたしました。
予定通り2週間(^^)v


手術の前日に術式が変わったり
まぁ・・・なかなか無いよな希少な体験をしましたが(^^;)

手術はつつがなく終わり、術後も順調。
とても元気です(^^)v(←イヤ病人だけど)


病院では、そりゃもう面白ネタ満載で、
だれか聞いて~~~~!と思っていましたが
スマホで書くまでには修業が足りず。


入院前記事にコメントありがとうございました。
返信できずスミマセン。
記事は書けませんでしたが、ちゃんと読ませていただいてました。

居ない間にも、拍手をありがとうございました。
どこまで拍手を貰えるかな~と引っ張りたい気持ちになりましたが(笑)
とりあえず「シャバに出てきたよ」と云っておこうかと。

ご心配いただいたのが心苦しいくらい元気です(^^)v(←イヤだから病人だけど)


あとは薬や注射との長い付き合いになりそうなので
ぼちぼちやって行こうと思います(^^)

 

さて、行ってきます

何だかおかしいなと思ったのが、昨年のこと。
で、大きな病院に移ったのが今年の初めのこと。
悪性だと云われたのは今年の2月のこと。
検査が終わったのは先月のこと。

その間、乳がんの記事を書くのをどうしようかな~と迷っていました。
先に書きましたけど、病気ブログにはしたくなかったし。

でも、入院・手術を経て、
これから長い付き合いになるだろうということは判ったので、避けるは難しいかな~と。

それと、これも書きましたけど
どこかの誰か、一人でも、ブログを見て、なるほど乳がんってそんな感じか~と思って貰えることもあるんじゃないかと。
楽しく読んで貰えているといいんですが・・・・せっかくのネタだし(^^)


実際のところ、症状だけあって、ガンかどうか判断もつかず
人に云えなかった時期が一番キツかったです。

そうこうしているうちに実は悪くて進んでしまうんじゃないか~とか

 東京五輪は見られるかしら~とか
 次のワールドカップは~とか
 せめて平昌五輪は見たいな~とか

え?悩んでいるように見えない?(^^;)

 私が居なくなったらろくサンは生きて行けるかしら~とか
 親不孝はたくさんしてきたけど、逆縁はしたくないな~とか

ま、とにかく
色々頭の中がいっぱいでした。


なんで私が?とも思いました。
割と昔から病気やケガが多い私。
なんでまた私?神様って不公平~。

でも、今では私で良かったな、と思っています。
割と昔から病気やケガが多い私。
つまり病院も薬も慣れてます。

これが、
あまり病院の世話になることない妹だったら・・・・。
友達だったら・・・・・・・・。

そう思ったら、あぁ神様分かってるじゃん!って(^_^;)
これでがんになった~という人に遇っても経験から話すことが出来る。

もし私じゃなく、初めに友人から「乳がんになった」と聞いていたら、余計な一言を云っているに違いない。
大丈夫。今ならそれはない。

  桜もうすぐ 桜はもうすぐ

励ましのコメント、拍手を、ありがとうございました。

記事を書いた時はスルーされるのを覚悟でした。
誰にも云えずふつふつしていた時期の分を聞いて貰えて、ガス抜きさせていただきました。
結果、誰か一人のためというより自分のための記事でした(^^;)


乳がん、12人に1人・・・本によっては10人に1人とか云われています。
がんになる確率は2人に1人です。

それほど珍しい病気ではないんですよね。

もし、近くにがんになったというお友達がいたら、
気楽に「大丈夫」というより、「うんうん」と云いながら話を聞いてあげてください。


さて。
では、ちょっくら手術に行ってきます。


新しく手に入れたスマホというアイテムで
ブログを見る方法は分かったのですが、
書く方法は未習得なので、しばらく留守に致します。
・・・といっても、入院はせいぜい2週間程度。
それまでは他人様のブログで花見をすることにします(^^)

入院中、スマホでブログを書けるようになったらもっと早くに戻ります。
ではまた!