犬と虫とビッキたち

つい先日までヤレ酷暑だ猛暑だと云っていたような気がするんですが、
ずいぶんと涼しい昨日今日。
今までが暑かったせいか、“涼しい”を通り越して“寒い”くらい。

もう「秋分の日」ですもんね。
しっかりすっかりです。

近ごろは秋の虫たちが庭でうるさく鳴いてます。
今日は、雨のザーザーいう音しか聞こえませんけど(^^;)

  秋の虫 よく居るのはこいつ

「虫」といえば。
今年になって、ろくサンが虫に興味を持つようになりました。

いえ、前から興味はあったみたいなんですよ。

ヘタレっ子だけど、鼻はいいのが自慢の、ウチのろくサン。
庭の隅で、鼻をフンフンしていたな~と思ったら、
地面を掘り掘り・・・・
スケルトンのセミを掘り出してきた時には、さすがにギョッとしましたが(T_T)

  夏の虫 白カイジュウから逃げ果せたやつ

前は、単に気配がするので掘ってみたらたまたま居た(?)動かないようなのを捕まえて見せに来るだけでしたが

今年はさらにパワーアップ(?)して、
下の方に落ちてくるようなのを狙って、パクッと捕まえる技を身につけました(-_-)


ろくサン7歳。
シニアの仲間入り年齢だけど、まだまだ進化してるね(-_-;)

  ろく 白カイジュウ近影

いつぞやは、セミを咥えてフンフン♪嬉しそうに見せに来たので、
ポイッと、セミを投げ(←まだ生きてた)
あんなの捕って来ちゃダメでしょ~と注意。
と、
投げた先でジジジジジ!と断末魔の声・・・・・。

見ると、
庭保安部隊のビッキ(ヒキガエル)がウマウマお食事中でした。
・・・・・ごめん、セミ(-_-;)


暑い間、ほとんど日陰で寝ていた庭保安部隊の動きが活発になってきました。
しとしと雨の夜、庭に出ていたビッキを数えてみたら、
なんと7匹!

この狭い庭に7匹!

さすがに過剰じゃないだろか。
食べるモノは確保できているのかな~・・・・。
心配。

ん?・・・・でも、虫の声が聞こえるのは・・・・なぜ?

ちゃんと働いてるか!?ビッキ達よ!!

  トウキョウダルマガエル 写真はイメージです
  注 : ウチに居るのはこの子ではありません(^^;)

  
スポンサーサイト

早い春

急に春が来たような。

天気予報では、明日は最高気温16度なんて云ってますが、本当でしょうか(^^;)

絶賛アレルギー中。
頭が常に重~くてダルイし、目が常にヒリヒリして目玉を取って洗いたい気分(T_T)
鼻水が無いだけマシだと思おう(T_T)


ろくサンと散歩していたら、こんなものを見つけました。

  ばっけ
   夕方遅い時間なので暗い写真でスミマセン(>_<)

今年初の ばっけ!


そして夜、
ろくサンに晩御飯をあげていたら、懐かしい声が聞こえてきました。

 ポ・・ポ・・ポ・・・

お父さん!? この声は→当ブログ「お父さんの唄」でどうぞ(^^)

御飯を食べ終わったろくサンが、真っ直ぐ向かった先には・・・・やっぱりお父さん(>_<)

  アズマヒキガエル
  暗くて写真が撮れなかったので、イメージ映像でお送りします(^^;)

さらにろくサンが走って行った先に付いて行ったら“お兄ちゃん”も起きてました。
のっそり(-_-)

よく見ると、お兄ちゃんの場所には掘られた跡が・・・・。
せっかく芽が出た水仙が球根ごと引っくり返ってるし。
ろくサ~ン!掘り返したわね~?o(`ω´ )o

このままではノラネコに襲われるので、お兄ちゃんは穴に強制送還。


三寒四温。
本当の春はまだ先です。
油断するべからず。

 

ガマ肥ゆる秋

どうにも、気温と共に心も低温から浮上しません。
色んなことが面倒くさくて、全てを投げたくなる今日この頃デス(-_-)


街路樹がずいぶんと秋色に染まりました。
銀杏の樹の下は道まで秋色です。香り付き。

もう10月半ばですもんね。

夜、ろくサンと遊びながら庭に居ると、あちこちでガサガサ
雨上がりの湿度の高い庭、
庭保安部隊のびっき達が一斉に出動です。

  蛙肥ゆる秋 (1)

だいぶお腹が膨れ丸々してる子も。
一体何を食べたのかな。
・・・・そういえば、ウチの庭は秋の虫の声が小さいような気がするのは・・・・気のせい?(^^;)

真っ暗な中、ガサガサ音を追ってみました。
 ・・1・・2・・3・・・4・・・・・
いつも出張って来るのが4匹だから、てっきり全体で4匹なんだと思ってたけど、
あれ?7匹いる?!?

狭い庭にびっき7匹は、ちょっと 人口 蛙口密度高過ぎかな~という気もしますが、
みんな丸々していることだし、
まぁ・・・・ちゃんと食べることはできているんでしょう。


昨年の子と思われるチビっ子もだい~ぶ大きくなってました。

よし!測ってみよう♪(^^)

  蛙肥ゆる秋 (3)

定規を持ってきたら、

案の定、邪魔が入った(-_-)

  蛙肥ゆる秋 (4)

びっき達や、冬眠支度は早めにね。
秋はアッというまだよ。


あぁ、秋が終わる前に芋煮会やりたいなぁ(>_<)

 

霧の夜に

ムシムシ暑いと思ったら、
明日の最低気温は20℃ですって!
そして最高気温が20℃ですって!
・・・・・・考えようによっちゃ、変化が無くて過ごしやすいか?(^^;)

夕方から、雲がドンヨリ。湿度高し。

そんな夜の庭。
いつものことながら、ろくサン尻尾フリフリ探索♪

夜の探索

暗くなるとどこからどもなく出てくるビッキ(ヒキガエル)を探すのが好きなろくサン。
見つけた先から拾い上げて遠くへ移動させる私。
よくまぁ、こんなところの見つけるわね!ってくらい遠くでも、雑草地でも見つけます(^^;)

フリフリ♪ が、さらに倍。
・・・・また見つけたの?

あっ!(◎o◎)

見つかった!

チビっこ!

この大きさは・・・・・昨年の子!

昨年、上陸した子は約108匹。
 (詳しくは、写真タグ「おたま日記2014」からどうぞ ^^;)
うち少なくとも1匹は、生き延びていたようです.

良かった、良かった(T_T)

祝!一才!

啓蟄から今まで、結局"お母さん"を見ることはなかったので、
代替わりしたんだろうな~と思われます。

チビ、
これから立派に、庭保安部隊の仕事を果たせよ。

一才児と ♪ ♪

あ、あと、白怪獣には気をつけて(^^;)

 

お父さんの唄

聞き慣れた声がしたので、なにげなく「あ、カエル鳴いてる」と口にしたら、
「え?どれがカエル?」と云われた。

カエルというと 
  ゲロゲロゲロゲロ♪ クワックワックワッ♪ 
しか分からない人もいるらしい。

そういえば昨年のオタマ日記で、
オタマジャクシは手より足が先に出る~と書いたら、知らないという人が意外といたっけ。

案外カエルは身近なものじゃないのかな。


そんなカエルが身近じゃない都会派の貴方に贈る

   お父さんの唄 Presented by びっき環境保存会会長・きと

耳を澄ませてお聴きください(^^)

 

 片手に懐中電灯、片手にガラケーで撮りました(^^;)