合格発表の日

明日は彼岸の入りですねぇ。

昨日は起きたら庭が白くなっていたし、
まだまだ冬物コートが手放せないんだけど~本当に暖かくなるのかいな(^^;)



今日は公立高校の合格発表の日なんだそうな。
・・・・とすると、朝に遇った野球部のユニフォームを着た子は、野球の練習・・ではなくて、
合格者のお祝い部隊(合格した子を胴上げとかする賑やかしの先輩達)だったか。

ニュースで、
大喜びで胴上げされたり、インタビューに「良かったです」なんて涙ぐんでいる子を見ながら
いいなぁ~と、しみじみ羨ましく思うワタクシ。

合格発表で涙ぐむほど感動した記憶がありません(-_-)

  梅の花
  本文とは一切関係ありません(^^;) サクラ写真を載せたいけどまだこちらは梅の候

もう遥か遠い昔のこと・・・・ですが。
合格発表には苦い思い出がありまして。

志望校に落ちた・・・・とかいう解りやすいものではなく。
志望校には受かったんですよ、一応。


滑り止めの高校の発表の日は、同じ学校を受けた同級生数人で見に行きました。
↑これ・・・・考えれば分かることですけど、全員が合格するとは限らない訳で。

・・・・集団の中の一人がダメな場合、も、ある訳で(-_-;)

  花より草? 花より草派

で、
公立高校の発表の日は、友達と一緒に行くのをやめたのですが
一人でトボトボと学校へ向かう途中、友人Mちゃんに遇いました。

同じ時間帯に、同じ学区から、同じ場所に行くのだから
そりゃ~顔見知りの一人や二人と遇うのは当たり前(^^;)

なんとなし~に、挨拶を交わし、
たわいない話をしながら、目的地へ二人でトボトボ・・・・。


グラウンドが見えてきて、

校舎前の人だかりが見えてきて、

あぁ、もう発表されてるね~なんて話をしながら、

あと少しで正門・・・・・の場所。


子どもの発表を見に来たらしい見知らぬオバサンが帰りしな
ふと、私の名札を見て、

「あぁ!あなた○○ちゃん?名前あったわよ!」


  梅が咲いたよ

・・・・・・・・・・(ーー)

おいっ!なぜそれをここで云う!?


今は全て受験番号の羅列ですけど、昔は受験者の氏名が書かれていたんですよね。
新聞紙面にもフルネームで載りました。
個人情報もヘッタクレもない。


すぐそこまでの道を、さっきまで一緒に歩いていたMちゃんと
なんとなし~に、離れて歩き、
一人で発表の看板の前へ。

ここで「ホントだ!あった~!」と・・・・喜べるかいo(`ω´ )o


ボ~っと見ていた私はきっと周りから「この子ダメだったんだな」と見えたことでしょう。
先輩達に囲まれてバンザイ三唱されることも胴上げされることもなく、
ただ一人、トボトボと帰ってきたのでした。


人生において滅多にない思い切り喜べる瞬間を逃した気がしてならない(-_-)

毎年この時期、
大喜びで胴上げされたり、インタビューに「良かったです」なんて涙ぐんでいる子を見ながら
いいなぁ~と、しみじみ羨ましく思って・・・・数十年、
根深いワタクシなのでした。

 
スポンサーサイト

じょーぼん

石巻市、街ナカより外れた国道沿いにある道の駅
上品の郷(じょうぼんのさと)

ここに置いている「モサガン」が食べたくなって
食べたくて食べたくて・・・・買いに行きました(^^)
 (モサガンとは何ぞや→当ブログ「目当ての品」参照)

久しぶり!

  上品の郷 ちびおのも久しぶり!

“上品の郷”前の広い田んぼ地に工事車両が入っていました。
ここも住宅造成地になるのかな~・・・・・・・・。


温泉も併設されているせいか、いつもそこそこ混んでいるここ。
でもいつもの土日よりちょっと混み気味・・・・かなぁ。

まだ春休みって訳じゃないだろうし、
やっぱり3月は報道陣が多くなるせいかしら~。

  上品の郷 県外ナンバー多め

唯一毎週震災募金について触れていた「スマスマ」も終わってしまい
遠くなっていくのを感じる震災。

今年はどうかなーと思っていたけど、
思っていたより報道陣が来ていた・・・・ように感じた県内。
せっかくなので土産の一つも買っていってねマスコミ諸君!


さて、レストランで昼食を(^^)

ランチビュッフェもいいけれど、ここは「カキフライ定食」で。
牡蠣はもちろん松島産。

  カキフライ定食 ごはんと味噌汁が写らなかった(>_<)


目当ての「モサガン」も無事GET~(#^.^#)

  もっさLOVE 日持ちしないため送れません

満足♪

 

おのくん久しぶりに帰省

ハッハハーさん宅でのんびりした帰り道。

おのくんの実家(おのくんハウス)へ寄り道しました。

  おのくん家 (1)
  なにやら おのくんアイテムが増えてる・・・・

久しぶり。
前が、ブロ友・ドルチェ♪さんを連れてきた時・・・・。
あの日はとっても暑かったな~・・って夏だったか。半年ぶり(^^;)
 (夏の様子は→「おのくん実家に帰る」参照)

 おのくんとは何ぞや?と思われた方は、
 横の「プロフィール」内、「おのくんについて→★」をお読みくださいm(__)m



年が変わる前に、この半年で溜めたおのくんの素=靴下を届けなくっちゃ。

少しずつ溜めて、時々届けに行く「おのくんの素」。
特にイミはなくブログのネタになるかな~くらいの気で、写真を撮っていました。
実はちょっとだけ・・・・楽しみが。

  おのくんの素 こんな。できるだけ普段はかないような

  おのくんの素 派手なのを選んでるつもりなんですが~

私の置いてきた柄の おのくんを持っている人にいつか遇わないかな~と。
遇っても名乗り出る気なんてさらさらないので、
本当に“密かな楽しみ”なんですけど・・・・暗い(^^;)


久しぶりで来た「小野駅前仮設住宅」は、
区画整理された土地に、今ドキの新しい家が立ち並び
ここに仮設のプレハブ長屋が並んでいたのが判らないほど、新興住宅地になっています。

一瞬、アレ?ここでいいんだっけ?と不安になるくらい(^^;)

  おのくん家 (3)
  でっかいおのくん・・・・?

え~と・・・・この辺、仮設の前はどんなだったっけ・・・・・・。
「前の光景」というと、プレハブの仮設長屋が立ち並ぶ光景しか思い出せなくて、
その前はもうあやふや。


薄くなっていく記憶の中で
ここおのくんハウスの周囲少しだけ、仮設の風景の残り。

  おのくん家 (4)
  ここから顔を出す勇気が・・・作ったひとチャレンジャーだな

全てを撤去するはずだった仮設の中で、この「おのくんハウス」こと集会所は、
ここに居た人達のために、猶予がついています。

・・・・いつまでなのかな~?

  おのくん家 (2)
  入り口にあったもう一つの でっかいおのくん と

ちなみに、
仙台市内のプレハブ仮設住宅は、今年10月28日をもって全入居者が退去した・・との報道がありました。
宮城県内では、岩沼市についで2例目。

来年3月末までに、市内全18仮設住宅の解体の予定となっているそうです。


私、仮設住宅の工事に関わったのですが
たしか「2年持てばいい」と云われて建てたような記憶があるんですけど・・・・・・・・。
・・・・・・・・もうその3倍。

  おのくん家 (6)
  缶バッヂが増えてました

さて。
中では、おのくんのお母さん達が相かわらずチクチク。

棚には、里親を待つおのくん兄弟。

夏に来た時も思いましたが・・・・
里親希望サンが減っている・・・・んじゃないよね?(-_-)

  おのくん家 (7)

持って行った“おのくんの素”は喜んでもらえました。

「あら、これ可愛いわね~(^_^)」
と云う「可愛い」色柄が、私の思っているのと違う・・・むむむ。

基本、地味好きなワタクシではまだまだのようでございます(-_-;)

  おのくん家 (5) メリクリ~☆

そうそう。おのくんの絵本が出るんだそうですよ。

 

お湯を楽しむ

鳴子温泉郷内、鳴子温泉。
前回からの続きです(^_^;)

数あるホテルや旅館を楽しむのもいいけれど、
「温泉で肩こりを良くする」が目的だったので←まだ肩痛を肩こりだと思っていたので
ゆっくり一つのお湯で治療治療!
とりあえず公衆浴場へ。


早稲田桟敷湯(わせださじきゆ)

  早稲田桟敷湯 (1)

戦後、早稲田大学の学生サンが、ボーリング実習をしてこの湯を掘り当てたんだとか。
それでこの名前。

え~とですね・・・・しつこいですが、鳴子は、源泉数が多くて湯量豊富な所、なんです。
掘り当てるもなにも、その辺掘ったら湯に当たるんじゃね?と思うんですけど~
・・・・おっと、入れてもらう身でそんな事を云ってはいけませんな(-_-)

  早稲田桟敷湯 (2)

建物は、田舎の温泉街にはちょっと珍しい形。
モダンな外観です。

どうやら建物も早稲田大が噛んでいるようです。都会的に作ったんですかね~?
洋風の南イタリアとかスペインとかな感じ?どっちも行ったことないけど。

温泉ぽくなくて・・・・ちょっと入りづらい・・・かも(^^;)
入口が2階部分になっているので、狭い通路を入って、階段を下る・・・
・・・ここ本当に温泉だよね?

  早稲田桟敷湯 (3)

建物はモダンですが、昔ながらの公衆浴場なので、ロッカーがありません
なので、貴重品は、鍵のかかる靴箱へ入れて。
いざ、温泉!


風呂場は、
天井が高~く、吹き抜けのようになっています。
開放感\(^o^)/

熱めのお湯。
壁から3つの木枠を伝って自然に冷めるようになっているみたいです。
終始お湯がザバザバ。

館内は温泉の余剰熱で温めているんだそうな。

  早稲田桟敷湯 こんな感じ。手前側も浴槽。広い

  風呂場内は撮れないので大崎市のHPよりお借りしました。
  ・・・・っていうかもっとちゃんとした写真のHP作ればいいのに!(-_-)


これでもか!ってくらい湯の花がプカプカプカプカ。
なんというか・・・・温泉らしい匂い(^^;)

泉質の詳しいことは解りませんが、
効能に「筋肉痛」「五十肩」なんてのがあったから、肩こりにもいい・・・・ハズ。
すご~く温まりました(#^.^#)


数年前のJR東日本のCMのコピーがとても良いんですよね。

 温泉で何よりの贅沢はお湯そのものを楽しむことでした

まさに鳴子はそんなとこ。
変わった設備は何にも無いけれど、お湯はいっぱいある。

  大きな応援

極楽極楽。
温泉に入ると、日本人で良かった!と思うわ~(^^) 大げさ?

 

鳴子温泉

さて。まだ肩痛が首のせいだと判る前、ヒドイ肩こりだわ~と思っていた頃の話。

珍しく土日に休みがとれた日。
妹が家に居たので、お願いして温泉へ連れて行ってもらいました。
↑肩痛のため長距離運転が出来ないので運転手依頼(^^;)

やっぱり “温泉” といったら鳴子温泉!!

  駅前公園こけし
  鳴子といえば“こけし” で駅前公園にて。チビおのを探せ(^^)
 
「鳴子」にルビを振ろうとして・・・・悩(-_-)
それによって「NARUGO」になっていたり「NARUKO」になっていたりするのよね。
はて、どっちが正しいのやら。


宮城県の北西に位置していて、
すぐそこが山形県境・・といった所です。秋田や岩手にも近い場所。

前にもちょっと書いた事がありますが、
「鳴子温泉郷」は、
鳴子温泉(なるこ)・東鳴子温泉(ひがしなるご)・川渡温泉(かわたび)・中山平温泉(なかやまだいら)・鬼首温泉(おにこうべ)の、5ヶ所の温泉地のこと。

  こけしポスト
  鳴子といえば“こけし” こけしポスト on チビおの

鳴子温泉郷の特徴は、
お湯が豊富で、バラエティ豊かな色々な種類のお湯を楽しめる・・ということ。

「色々な種類の風呂」ではなく「色々な種類のお湯」

全国的にあまり有名な温泉地とはいえないかもしれませんが、
個性的な泉質の種類なら他に負けません(^^)

  こけしポール
  道路のポールも こけし並び

観光協会によると、

 ・源泉の数は400本近く (多くの宿がすぐ近くに自家源泉を持ってます)
 ・湧出する湯の量が豊富で、源泉かけ流しの風呂が多い
 ・日本にある 11の泉質のうち鳴子温泉郷には 9種類がある

なんだそうな(^^)

  こけしマンホール マンホールも こけし

・・・・なのに、
なんだか寂びれた感が加速しているような・・・・・。
大きな老舗ホテルが閉館しちゃってました。
歩いている人もあんまり居ない~・・・・。

う~ん・・・・町自体は頑張っている気がするんだけどなぁ~(-_-)

頑張ってるポイント。
例えば、ホテル&旅館が共同で「湯めぐり手形」を出していて、
安めに設定したチケットで、温泉数ヵ所を回れるようになっています。

  こけし側溝蓋 側溝のフタも こけし

チケットに付いている6枚のシールで入浴割引。
宿泊していない人もOKです。
チケットは、鳴子温泉郷毎に計7種類あって、半年間有効。

色んな泉質がある鳴子。
行く度に別な泉質を楽しみたい~という人にはいい企画かと。


駅玄関には、足湯があって、電車待ちの人が気軽に楽しめます。

  鳴子温泉駅
  人がいて近くで撮れなかった~駅前足湯

旅人と思しき大きなリュックの若いお兄チャンと、地元民と思しきのお婆チャンが、長いことお喋りしてました。
駅に入って、ブラブラして、また駅に戻ってきても・・まだ居た。
・・・・いくら足だけどはいえ、だいぶ長湯だけどお兄チャン大丈夫~?(^^;)


駅前だけでなく、町ナカの数カ所に足湯や手湯があり。
どこも結構な盛況ぶり。

町ナカを歩いている人は少なめなのに、足湯は人がいるんだ・・・・
温泉に入らず、部分的に温泉という人が多いんでしょうか。

  手湯
  手湯。手だけなのに温まる~

さて、ブラブラしに来たんではないんでした。
では温泉へ・・・・。

   温泉記事に行く前に力尽きてまさかの続く(^_^;)