小さな優しさ

職場のMクンは、あまり口が達者~ではない。
女性が振り返るようなイケメン~でもない。
見た目も性格も“今ドキ”とか“チャラい”とは遠いタイプ。

ボクトツで真面目な好青年・・だけど、
そんなんじゃ出世コースに乗れないよ~と思ったりもする。←かなり余計なお世話だ(^^;)

学生時代はスポーツに打ち込んでいたらしい。

重い荷物を持っていると、さりげなく「オレ、やります」と持って行ってくれるのは
根が体育会系だからなんだろうな、きっと(^^)

  監視員さん 監視員さん
  写真は本文とは一切関係ありませぬ

さて。
職場での私の席は、入口から割と近い場所にある。
が、客の応対をするのは、いつも私より席の離れたAサンの役目になっている。

これは、私が病気前からのことで、
以前はAサンが入口に一番近い席だったことから、自然とそうなった。

席替えの後も、客が来る度に立ち上がるAサンに
何度か「私の方が近いからやるよ~」と声を掛けたのだが、
「大丈夫です!」とキッパリ返されたので、そのままにしている。

ま、宅配のお兄さんも、若くて美人なAサンの方が嬉しそうだしね(^^;)
遠い席の上司から見たら、私が横着していると思われてるだろうが。

  プリムラと (1) 1株から増えに増えたプリムラ
  5月上旬撮影

仕事に戻って、数日。

入院だナンダとぼけぼけしている間に、恐ろしく色んなことを忘れていて
我ながらキャリアウーマンにはなれんわ~と思いつつ、机に向かっている。


時々客が来ると、以前と同じようにAサンが立つ。

が。時々Aサンが席を外していることもある。

そういう時は、横着者の私の出番!・・・・なわけだが、
戻ってのここ数日、
Aサンが居ない時は、Mクンが対応してくれている。

・・・・はて?
隣の課の遠~い席のMクンがわざわざ入口までそんなにタイミング良く?


どうやら、客が来てAサンが居ない時は、瞬時に席を立って駆けてきてくれているらしい。

私、客の応対が出来ないほど具合が悪くはないんだけどね~(^^;)

Mクンが私の病状について知っているのかは知らない。
1ヶ月以上休んでいたので、それなりに大変な病気だろうと判断されているのかもしれない。

  プリムラと (2) 写真を撮っているとここにも監視員さんが!

親御さんがきちんとした人なんだろうな。
「困っている人には親切にするんですよ」と刷り込まれているに違いない。

イヤ、もしかしたら・・お母さんが
「職場でうまくやるには、オバサンを味方につけなければダメだよ」と教えているのかも。

イヤイヤ、もしかしたら・・・両親共働きか片親で、
おばあちゃんに育てられていて
年寄りは大事にしなきゃ!という習慣が身についているのかもしれない。


客の応対が出来ないほど具合が悪くはない・・・が、
駆けてきてくれるMクンにありがた~く横着させてもらっている(^^)

気配りの出来る彼のその好青年ぶりが認められるといいな~。
出世できるといいな~と、願うばかりである。
人事査定にナ~ンの力もない女一人に応援されても彼の得にはならないのが残念だけど。

 
スポンサーサイト

乳がん患者のひとり言

どこぞのセンセーが「ガン患者は働かなければいい」と云ったとか云わないとか。
歌舞伎俳優サンが肺がんだっていうんでガンに注目が集まっている時に大胆だね。

働かなくていいなら働かないとも。
全てのガン患者の金銭面の面倒をそのセンセーがみてくれることを期待したい。



ガンの公表をする有名人が前より多くなっているような・・気がする。

乳がんの公表をしている有名人もよく話題になっている・・気がする。
ただでさえ人の目をひく立場で病院にいるのも大変だろうに
治療をしながら、TVに出たりブログで発表したりというのは、そりゃ大変だろうな~と思ったりする。
スゴイな~と思う。

けど、
スゴイな~と思うのと別に
ちょっと困ったな~と思うこともある。

有名な人が「今こんな状態です」と云うことで、
乳がんってそういうものなのね!」と思われてしまうことが多い・・気がする。

彼女たちが悪いわけじゃない。
彼女たちは自分の状態を「こうですよ」と云っているのであって、
元々、患者代表として「乳がんとはこうですよ」と発表しているわけではないのよね。

思い込みって怖い。

「ガンになった」というと、まず多いのが
「痩せるんでしょ」とか「薬で髪が抜けたりして大変なんでしょ」とか。

あのね、そういう人もいるけど。
ケド、そうじゃない人もいる。
同じ病名を付けられてても、人によって色々なの。

乳がん」と云っても、いろんなタイプがある。
タイプは、検査で出た数値によってきちんと分けられていて
それによって
例えば
 Aタイプの人はホルモン剤治療
 Bタイプの人は化学療法(いわゆる抗がん剤)
 Cタイプの人は放射線治療
等々、治療法が分けられている。

痩せないから軽いとか、化学治療をしないのは初期だとか
抗がん剤は最後に使うとか
それ、全然違う。

手術や転移の具合等によって、
例えば、「薬+放射線治療」とか「手術の前に化学治療を半年」とか、組み合わせが変わる。

自分のタイプが判れば、少し調べれば「このタイプだからこの治療なのね」と解るもんなのだ。
それくらいハッキリと、タイプと治療法が確立されている。

・・・・タイプ分けできる程に、
今までどのくらい沢山の乳がん患者が居て、研究されてきているんだろうな。
乳がんの先輩たちに感謝しなきゃね。

  退院祝い 友人から貰った(^_^)

仕事を休んでから一ヶ月とちょっと。
職場の上司にどうも乳がんということを疑われている・・気がする。
なにか?頬をゲッソリさせて「あと1年休みをください」とか云った方が良かったんだろか。

既に仕事復帰した、同室だった患者友達も
「周りにうまく話せない」と云っていたっけ。


どこぞのセンセー、ガン患者が休んでいる間を全て有給扱いにしてくれい。

 

青葉まつり

まだ5月だっていうのに夏日のところもあったようだし、一体これで夏はどうなるんだろ(-_-;)

それにしても・・・・
昨日も今日も、カンカン照りで暑いくらいだったのに、
なぜか先週末だけは雨でした。 土曜日なんて「ドシャ降り」の域だったし

先週の日曜は「仙台ハーフマラソン」があって、県外からもたくさんの人が来ていたってのに(>_<)


今週末は青葉まつりがあるらしい。
通院帰りに中心部のアーケード街を歩いたら、あちらこちらに山鉾が出ていました。

  青葉まつり2017

仙台は、市街地で行われるお祭りが季節ごとにあります。

 夏は七夕まつり

 秋は定禅寺ジャズフェスティバル

 冬は光のページェント

そして、春が青葉まつり

  青葉まつり2017

「青葉まつり」の「青葉」は「青葉神社」のこと。

中心部より少し外れた北の方にあって、思ったより大きくない神社なので
行ってみると「あれ?なんでここの神社の祭り?」という感じがするかもしれないケド・・(^^;)

伊達政宗公を奉る歴史のある神社なのです。

  青葉まつり2017

特に明治の頃は盛んだったらしいですが、私が子どもの頃はお祭りはありませんでした。
交通事情等々色々と問題があったらしく、しばらく中止されていたのだそう。

それが昭和60年に復活。

・・・・なので、あまり馴染みがないと云ったらなかったりするんですが、
震災の年こそ中止したものの、市民のお祭りとしてだいぶ定着してきたお祭り・・かな(^^)

  青葉まつり2017

青葉まつりで、団体サンが踊る「すずめ踊り」という独特の踊りは好き。

子ども達が両手に扇子を持ってお囃子に合わせて跳ね回るのを観ていると、
あぁお祭りだわ~♪という気分になれます。

  青葉まつり2017

今年は、政宗公生誕450年なんだそう。
区切りがいいんだか何だか、ビミョーな感じはありますが・・・・まぁ、少しでも盛り上がるといいな~と(^^;)


今度の週末は雨天ではないのはいいけれど、かなり暑そう。
・・・・すずめ達は大丈夫かな(^^;)

  青葉まつり2017

毎年5月の第3土日。
おヒマでしたらぜひ仙台へいらしてくださいまし(^^)・・・・私は行けないケドさ(-_-)

  仙台青葉まつりHP → http://www.aoba-matsuri.com/index.html

 

惜春の候

世界的に“さいばー”が“こーげき”とかナンとかニュースになった先週のこと。
そういう時に限って、調べたいことが色々あるんだが・・・・。
困った(-_-;)
日本ではないけど病院関係にも被害が出ているらしいし、うっかり病気のキーワードなんかで拾ったりしないだろか(-_-)

とりあえず、
ネットに繋がずに必要なものは他に保存して~
WINもウィルス対策もアップデート確認をして~
スキャンして~

・・・・・大丈夫か?これで??
誰だか知らないけど、そんなものを開発する頭脳があったら、
他のことにその頭を使ってくれないかね。

  今年の牡丹 5月6日撮影
  庭の牡丹が今年も咲いた!

いいかげん仕事に復帰したいと思うのだが、なかなか戻れずにいる。

ここ一ヶ月熱が引かずにいる。
微熱だけど。。
困った(-_-;)


主治医いわく「手術痕には問題ない」のだそうで、
では「手術後に熱があるのはフツウなんですかね?」というと、そうでもないらしい。

入院中には、インフルエンザの検査やら血液検査やらレントゲンやらさせられたが、
全て問題なかった。
(インフルの疑いなら入院前に検査やった方がいいんじゃないかな~とツッコミを入れずにはいられない。陰性だったからいいけどさ)

全て問題ないから、熱の元が解らない。
困った(-_-;)

  今年の牡丹
  土曜日の大雨であっというまに全部くずれてしまいましたが(>_<)

入院中、患者は一人一つ体温計を渡されていて、毎日朝・夜に体温を測ることになっていた。
看護師さんが「朝御飯は全部食べましたか?」なんて確認しながら、
毎回熱もチェックしに来るのだが、
云うのが嫌になるくらい毎回「微熱アリ」だった私。

初めは「熱があるうちは病院に居た方が~」なんて云っていた看護師サンも
しばらくすると「家に帰った方が熱が下がるかも」と云いだした。


 看護師サン 「ほら、病院って環境悪いから」

 同室の患者 「え?ここ環境悪いの?(^∇^)」

 看護師サン 「いや病院が悪いって訳じゃないけど!体にとっては家の方がいいっていうか」

 同室の患者 「え?この病院、体に悪いの?(゚∀゚≡゚∀゚)」


・・・・すこぶる環境のいい病室だった(^^;)

  牡丹とろく
  ふり返ればヤツがいる

色々と思うところはあるのですが、
このまま仕事に行かないと、このまま金輪際職場に行きたくなくなることうけ合い(!)なので
見切りで、仕事復帰することにしました。

 

宝くじ当たらないかなぁ

何だかんだと仕事を長期休み中。

そろそろ仕事復帰を考えたいのだが

・・・・しかし、様々な難問が。

身体のこと・・も、さることながら、

仕事の事やら、職場への申請やら、お金のことやら。


今回、病気になっての教訓は、

  必要な事は自分でとことん調べておけ!

これに尽きる(-_-)

役所だって会社だって、必要なことは誰も何も教えてくれないものだ。

  お天気♪ ね?ろくサン?